J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

Blu-BiLLioN 「絶望よりも希望を…」ドラマ『薄桜鬼SSL』と映画『メサイア-深紅ノ章-』の主題歌で話題のバンドにインタビュー!

2015年10月27日(火) 12:00配信

ヴィジュアル系というジャンルでは括りきれない、多くの人の心に響く、ダイナミックかつキャッチ―なロックサウンドを奏でるBlu-BiLLioN。ニューシングル『Refrain / 心灯-こころび-』のことはもちろん、彼らの素顔が見える自己紹介までたっぷりと話を聞いてきた。(インタビュー&文:吉田可奈)

Blu-BiLLioN

Blu-BiLLioN

絶望を歌うよりは、希望を歌うことの方が多いバンド

ミケ

Vocal ミケ

─初登場なので、みなさんが思うBlu-BiLLioNの魅力を教えてください。

ミケ(Vo) 愛と夢と、希望に満ちたバンドだと思います。いつも、暗闇の中に差す一筋の光でありたいと思うんですよ。

一同 ……。

ミケ え、それで終わりです(笑)。

宗弥(G) オチはないんだ(笑)。

ミケ ないない、真面目な答え! 絶望を歌うよりは、希望を歌うことの方が多いバンドです。

─みなさんから見てミケさんはどんなキャラクターですか?

宗弥 ここ最近はビリケンさんに見えるんだよね。

一同 (笑)

宗弥 この前、大阪でライブをした後に、みんなでお酒を飲んでいたら、ミケがどんどんビリケンさんに見えてきたんですよ。笑った顔がそっくり。そんな幸せな人なので、彼を応援してくれれば仕事が上手く行ったり、恋人が出来たりするかもしれないですね。

mag

Guitar mag

ミケ 俺へのプレッシャーが半端ないよ(笑)! まぁ、でも人を幸せにする人ではありたいですね。

─Seikaさんが思うBlu-BiLLioNはいかがでしょうか?

Seika(Dr) まず、ギターが2人、キーボードもいる6人編成と言うところが珍しいですよね。あとは、どんな曲を演奏しても、ミケの声がものすごく特徴的なので、ジャンルの壁を越えてすべてがBlu-BiLLioNの曲になるんです。ちなみに、僕のキャラクターは、ドスケベですね(笑)。

一同 (笑)

宗弥 そうですね、それですね。

Seika TSUTAYAのアダルトコーナーはコラムを書けるレベルだと思います(笑)。

ミケ これ、冗談抜きで本当だからね(笑)。

Seika これは恥ずかしい事ではないですから。何事も知ることは大事ですからね。

─そうですね(笑)。さて、magさんはいかがでしょう?

宗弥

Guitar 宗弥

mag(G) Fear,and Loathing in Las Vegasみたいなバンドだと思っているんです。

Seika まぁ、うちにもすごいキーボード(teru)がいるしね(笑)。

宗弥 ラップもするし、最近ではテルミンさえも扱うようになったもんね。ぜひそのはっちゃけぶりをライブで見てもらいたい!

珀(B) magのキャラは、すごくクールに見えて気さく。頭の回転も速いしね。

宗弥 近寄りがたい雰囲気を醸し出させながら、くまモンのパンツとか履いてるんですよ。我がバンドのギャップ代表です。顔を見て、好きになるとどんどんハマッて、こじらせると大変なタイプだね。


Blu-BiLLioNはすごく民主主義で平和なバンド

珀

Bass 珀

─なるほど、ファンにとって嬉しいタイプですね。そして、すごいキーボーディスト、teruさんはいかがでしょうか。

teru(Key) このバンドは、6人が本当に好きなものや趣味性格などがバラバラなんです。でも、みんながその“好き”を極めていて、バンドで集まると上手い具合に重なり合うんです。それがすごくいい味を出していると思うんですよね。

宗弥 teruさんは毒気がないよね。すごく優しくて、おっとりしているから、バンドの休憩ポイントのような存在なんですよ。なのに、ステージに立つとものすごくアーティスト。それがギャップとして魅力ですね。

─珀さんは、バンドに対してどんなことを思っていますか?

 6人の個性がとても強くて唯一無二感がすごく出ているんですよ。だからこそ曲もバラバラ。それなのに、Seikaちゃんが言っていた通り、ミケが歌った瞬間にBlu-BiLLioNになるんです。

mag キャラは一番熱い。松岡修造さんみたいだよね。

ミケ 照英さん的なところもあるね。あとは、バンドのすべての起点になっている人だと思う。みんなが迷っているときに、決定打を決めてくれるのは珀が多いよね。

 このバンドって、すごく民主主義で平和なバンドなんですよ。もちろん、意見も出すけど、みんなが譲り合うところがあるので、「こういうのはどう?」って提案をして、そこからみんなで作っていくのが通例となってきたんです。

teru

Keyboard teru

─そういう決め手は絶対に大事ですしね。さて、宗弥さんはバンドに対してどんなことを思いますか?

宗弥 すごく誠実だと思います。無理をしないというか、等身大。表現に対してはものすごく真面目なんですけど、だからこその直球勝負が多くて。その分ライブで見て取れるものに嘘はないと思います。

─サウンドもその時に面白いと思ったものが詰め込まれていますよね。

宗弥 そうですね。いいと思ったものを、ファンのみんなと共有したいんです。Blu-BiLLioNのファンのことは、colorsって呼んでいるんですが、その人たちの目が7つ目の色や光となって、僕らを作り上げているんです。もちろん、頼りきりではないけど、みんなで作り上げていく感覚なので、応援し甲斐があると思いますよ」

ミケ 宗弥は普段からどんな時もパフォーマーでいてくれるよね。たくさん話せるし、人の目を惹きつける魅力を持っているんです。

Seika 音楽的に、絶対的に信頼できるんです。天才だと思います。

 彼自身がマニアックな性格なので、間口が広いんです。いろんなものを突き詰めていくので持っている話題がものすごく多くて。すごく羨ましいです。

ドラマ『薄桜鬼』同様、エンディング曲でもきゅんきゅん!?

─こうやって聴くだけでも、ものすごく個性的ですよね。そんなBlu-BiLLioNの両A面のニューシングル『Refrain / 心灯-こころび-』について聞かせてもらえますか?

ミケ まず『Refrain』は、ドラマ『薄桜鬼SSL~sweet school life~』の主題歌として書き下ろした曲ではあるんですが、タイアップ抜きで考えたとしても、学生生活を送ったことがある人すべてに響く曲になったと思うんです。将来的には、卒業式や合唱コンクールなどで歌うような曲に成長してくれたら嬉しいですね。

宗弥 もうすでにライブでは演奏しているんですが、ファンのみなさんがいろんな情景を思い浮かべて聴いていることがわかるような表情をしてくれるんです。

Seika

Drums Seika

Seika ライブ中、客席のみんなの顔をみると、ちゃんとこの曲のメッセージが伝わっていることがわかるんですよ。ドラムの音も、余計なものはすべて削ぎ落としてメロディとメッセージの良さが伝わるように作り上げたんですが、それが本当に正解だったなって思いました。

mag 今までのどの曲よりも大きなタイアップを頂いたからこそ、この曲は多くの人に届いていく曲だと思うんです。ドラマの薄桜鬼とも、すごくリンクしているので、ドラマでキュンキュンした人は、ぜひ主題歌もしっかり聴いてもらいたいです。

─ドラマに女子はキュンキュンするけど、男性もするんですか?

 します(断言)! キャラクターの人間性がすごく伝わってくるんですよ。その男性のキャラたちが、女子を喜ばそうとやらずに、自然と喜ばせているんです。そこにキュンと来るのかな。狙っていると逆効果な時はありますしね。

teru ドラマの曲って、曲を聴くと場面が浮かんだり、その逆もあるじゃないですか。まさにこの曲はすごく印象的なのに、洗練されていて、心にスッと入り込むんです。その感覚をぜひ味わってもらいたいですね。

 この曲を演奏していると、自然と自分の過去や今、未来を思うことがあるんですよ。あの時にあんな想いをしたからこそ、今がある。今いる自分をもっと大切にしたいと思うし、どんな未来が待っているんだろうという希望も出てくるんですよね。

宗弥 それ、すごくわかる。これまでしてしまった人との別れを、ひとつひとつ浄化するような力を持っているんです。演奏していると、どんなに辛い思いも、ちゃんとした思い出にしてくれるような気がするんです。

─みなさんにとって、すごくいい代表曲ができたんですね。

宗弥 はい。すごく納得しているし、感謝すらしている曲です。

─さて、両A面のもう1曲『心灯-こころび-』はどんな曲になっていますか?

ミケ この曲は映画『メサイア-深紅ノ章-』の為に書き下ろした曲です。前回も、ドラマ『メサイア-影青ノ章-』の主題歌を歌わせてもらったんですが、引き続き歌えることになってすごく嬉しいんです。

 この曲は、メンバーでありながら、一気にファンになった曲です。サビの力強さはもちろん、歌詞にぐっと引き込まれるんです。僕が好きなのは“ゆらりゆらり燃える”という部分。炎は消えかけたり、急に燃え盛ったりしますよね。そこがメサイアがテーマにしている2人を上手く表現している気がして、グッと来たんです。

宗弥 前回、ドラマの撮影現場に行かせてもらったこともあり、そこで感じた男臭さ、しなやかさ、そして美しさを表現したかったんです。これまでになく、男性的な曲になったと思うので、ぜひ他に収録されている2曲と聴き比べてほしいですね。

Blu-BiLLioN リリース情報

初回盤A

初回盤B

通常盤

Refrain / 心灯-こころび-

10月28日発売

初回盤A(CD+DVD・写真上):RSCD-199/200/¥1,800(税抜)
※着せ替えジャケット封入 (初回 A,B 共通 12 種 よりランダム 1種封入 )
【CD収録曲】1. Refrain 2. 心灯-こころび- 3. Refrain (カラオケ)
【DVD収録曲】1.Refrain -Music Clip- 2. 「Refrain」オフショット

通常盤B(CDのみ・写真下):RSCD-201/202/¥1,800(税抜)
※着せ替えジャケット封入 (初回 A,B 共通 12 種 よりランダム 1種封入)
【CD収録曲】1. Refrain 2. 心灯-こころび- 3. 心灯-こころび- (カラオケ)
【DVD収録曲】1. 心灯 -こころび - -Music Clip - 2. 「Resonance-共鳴- / モノクロの花」オフショット

通常盤(CDのみ・写真下):RSCD-203/\1,200(税抜)
【CD収録曲】1. Refrain 2. Day of Fate 3.心灯-こころび- 4. Refrain(カラオケ) 5. 心灯-こころび- (カラオケ)

「Refrain」9/24(木)24:30~ TOKYO MX2にて放送開始「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」主題歌
「Day of Fate」9/24(木)24:30~ TOKYO MX2にて放送開始「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」挿入歌
「心灯-こころび-」10/17(土)~全国順次ロードショー「メサイア-深紅ノ章-」主題歌

Blu-BiLLioN ツアー情報

Blu-BiLLioN ONEMAN TOUR「Beyond the GENESIS」

10/31(土) 福岡DRUM Be-1
11/1(日) 熊本DRUM Be-9 V2
11/3(火・祝) 岡山IMAGE
11/6(金) 仙台darwin
11/8(日) 札幌DUCE
11/27(金) 名古屋Electric Lady Land
11/28(土) OSAKA MUSE
12/4(金) 東京メルパルクホール

Blu-BiLLioN・サイン入りポスターをプレゼント!

Blu-BiLLioNの新曲「Refrain / 心灯-こころび-」のポスターにサインを入れて2名様にプレゼント!

応募締切り:2015年11月26日(木)

>プレゼント応募サイト

Blu-BiLLioN オフィシャルサイト

「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」公式サイト

「メサイア-深紅ノ章-」公式サイト


「Blu-BiLLioN」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

GENESIS

GENESIS

演奏者 Blu-BiLLioN 

 作品詳細・レビューを見る 

「Sincerely 7 colours」 2015.1.3 渋谷公会堂

「Sincerely 7 colours」 2015.1.3 渋谷公会堂

出演者 Blu-BiLLioN 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS