J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

ガラ(MERRY)×桜井青(cali≠gari)、シーンの異端児2人による密室対談【前編】

2016年9月6日(火) 12:00配信

今年9月25日に恵比寿LIQUIDROOMで開催されるMERRY主催のラムフェス 2016「EXTRA」

今回はメインステージ、アコースティックステージ、DJステージの3ステージが用意され、MERRYに縁のあるアーティスト達が顔を揃える。なかでもメインステージに登場するcali≠gariは、ガラが熱望したとのことで―—。このたび、ガラと桜井青(cali≠gari)との対談が実現!

お互いのバンドのこと、今、自分達がいるシーンのこと、そしてラムフェスのことを、真面目におかしく語り合う!(インタビュー&文:大窪由香 撮影:西槇太一)

Photo L to R  cali≠gari 桜井青/MERRY ガラ

ラムフェスでのcali≠gariは、ファンの人も見たいと思うけど、
何より俺が一番望んでいた形

 

―昨年11月5日、7日に一回目のラムフェスを開催されましたが、そもそもラムフェスを始めたきっかけを改めて教えていただけますか?

ガラ「僕らのジャンルはワンマンでやるライヴが多くて、イベントっていうと雑誌のイベントだったり、CDショップの企画だったり、そういうのしかなくて、すごく閉ざされた中でやってたんですね。僕らも15年やってきて、もっとバンドを世の中に出したいっていうのもありましたし、いろんなところに自分達も出ていきたいっていうところから、誰かに呼ばれて出るんじゃなくて、自分らで作ればいいんじゃないかと。ジャンルなんて関係なく僕らが今一番やりたい人、カッコいいと思える人とやるのがいいんじゃないかなってことで開いたのが去年のラムフェスだったんです」

―11月7日はMERRYが活動を開始した記念の日なんですよね。

ガラ「だからほんとは11月7日にまたラムフェスをやろうと思ってたんですけど、今年はせっかく15周年っていうこともあるので、記念日には白黒羊のワンマンにしようと。でもラムフェスも去年一回だけで今年やらないのもなあと思って、EXTRAという形で開催しようと」

―なるほど。そして今年9月25日にラムフェス 2016「EXTRA」が行われるわけですが、メインステージでの対バン相手にcali≠gariを選んだのは?

ガラ「やっぱりcali≠gariって僕にとって刺激的なバンドで、MERRY組む前から知ってたんですけど、その頃から他のバンドとは全然違ってたんですね。見せ方も打ち出し方もライヴも。そういう意味では刺激をすごくもらってたので、いつか一緒にやりたいと思ってたんですけど、何気に絡みがなくて。イベントで何回か絡んだり、cali≠gariのイベントに呼んでいただいたことはあるんですけど、それ以降全然一緒にやる機会がなくて。本当は去年も出ていただきたくて連絡はしてたんですけど、ちょうどライヴが被っていて。次やる時は絶対cali≠gariを呼びたいっていうのがあったので、今回僕の願いが叶ってすごく嬉しいですね」

―ということなんだそうです、青さん。

桜井「なるほど……なんかだいぶ仰々しいんですが」

ガラ「大窪さんの入りが仰々しかったんですよ(笑)」

―最初に大事なことをちゃんと聞いておかないと、後々主旨を見失うような気がして(笑)。ガラさんはこのイベントは『cali≠gariありきだから』っておっしゃってましたよね。

ガラ「そうですよ。cali≠gariありきじゃないと、このイベントはないと思ってましたから。ファンの人も見たいと思うんですけど、何より俺が一番望んでいた形なんですよ」

桜井「僕的には全然OKだったので、軽い感じで返事したんだけど、なんだか申し訳ないですね、こんなに考えていただいていたなんて」

MERRYが出てきたとき、“敵が出てきたね。
早いうちに芽をつんでしまわないといけない”と思った

ガラ「やっぱりcali≠gariを呼ぶって敷居もありますし」

―敷居がありますか?

ガラ「いや、ありますよ! cali≠gariを呼ぶってすごいことなんで」

―青さんはMERRYのことをどんなふうに見てましたか?

桜井「当時ライカエジソンでビックリマンチョコシールの、確か無料配布のMD出してましたよね。それをもらって聴いて、“ああ、これは敵が出てきたね。これは早いうちに芽をつんでしまわないといけない”と思った覚えがありますね」

ガラ「フハハハハハ! 何気に絡みなかったですもんね。当時ヴィジュアル系って結構キレイな人達が多かったんですよ。メイクとかもキレイで衣装も派手で。MERRYは昭和っていうのもテーマであったんで、そこを突き詰めていこうとしてたんで、広告一枚でもそうなんですけど、cali≠gariは僕の中でお手本になってました。お客さんの扱い方とか焦らし方、言葉も全然違いましたもんね」

桜井「MERRYが結成したのが2001年でしょ。その頃って、ちょうどうちがMERRYがやっていたような方向性、世界観、昭和とか歌謡とかを手放した頃なんですよ。ほんとはもっと突き詰めてやりたかったんだけど、ご存知の通りあのヴォーカル(石井秀仁)じゃないですか。昭和も似合わなければ歌謡も似合わない。冒険し過ぎて遭難してしまうような時期だったので、そういうのは手放すしかないなってところで。そこでちょうどMERRYが出てきて。あの時期は蜉蝣もいたし、MUCCもノリに乗ってる時期だったし、自分達のその手の役割は終わったなって。役割というか、自分達が作ってきたそういった好きな世界観を、うちらがやる時代は終わったなって若干感じていたし……やりたかったんですよ、本当は。だからちょっと羨ましかったですよ。MERRYの活動の仕方とかすごく」

ガラ「いやあ、全然金にならなかったですけどね(笑)。とにかくやりたいことをやるっていうのがコンセプトだったので、いつもバタバタだったし、よくわかんないこだわりとかもあったんで。最初の頃は限定何千枚とかCD出すじゃないですか。ほんとにその枚数しかCD作らなかったんで、僕らももらえないぐらいのレベルで(笑)、これ赤字じゃないかって。でもCDがまだ売れてる時代だったので、作品としてもMERRYとして何ができるかってことをすごく毎日考えてましたね」

アルバム『M.E.R.R.Y.』は作ってはいけないCDの見本として扱われている(笑)

これが問題(?)のアルバム『』

これが問題(?)のアルバム『M.E.R.R.Y.』

桜井「MERRYのCDはね、前も話をしたんですけど、ありえないものばっかり作ってきてくれたから」

ガラ「いやいや、cali≠gariもすごかったじゃないですか」

桜井「でもうちはレコード会社を敵に回してまではやらなかったよ」

ガラ「僕らめっちゃ怒られましたけど(笑)」

アルバム『M.E.R.R.Y.』のジャケットのことですね(笑)。

ガラ「はい。めちゃくちゃ怒られました」

桜井「レコード会社の中で、“こういうCDを作ってはいけません”っていう悪い見本として扱われているという(笑)」

ガラ「それ青さんから聞いて笑ってしまいましたね(笑)」

―デザインが凝っていてお金がかかる、という意味でですよね。宇野亞喜良さんイラストの秋田和徳さんデザインと、内容は最高峰ですから。

桜井「そうですよ。こっちからしたら、こんなに最高なジャケットは存在しないというのに。これをメジャーで出すんだ、っていう驚き」

ガラ「あんまり人に言われないから、そうやって青さんが言ってくれると重みがありますね。出してよかったなと思います(笑)」

桜井「ファンの皆さん、あのMERRYの『M.E.R.R.Y.』の素晴らしさは、もっと分かるべきです」

―宇野亞喜良さんもあれば、丸尾末広さんもあり。

桜井「丸尾さんの話は聞いてびっくりでした。家まで押し掛けて行った話を聞いて、ちょっとしたストーカーじゃないかと(笑)」

ガラ「当時はそういう変な勢いがあったんですよね。丸尾さんにジャケットを描いてもらいたいと思って、なんとかして電話番号調べて住所を調べて家に押し掛けるっていう。そういう変なパワーがあの頃ありましたね」

桜井「変なパワーもそうだし、それってこだわりじゃないですか。そういったこだわりが、MERRY以降の世代って、そんなに僕にとってひっかかるものはなく。MERRYの丸尾さんのジャケットが出た時、“こいつ、知ってるな”って思いましたよ。しかもLPサイズで、なんなの?一体、って。うちだってやりたかったですよ、やっぱり」

ガラ「それこそ業者回って、今度こういう形態で作りたいんですけど、どうやってCD収納しましょう、とか、そういう話もして(笑)。振り返れば楽しかったですね。ああいう物作りは、すごく楽しかったです」

2人で立った2012年のBUCK-TICK FEST。
う、うん……ってところはあるんですけど(笑)

 

 

―その辺りのこだわりはcali≠gariとMERRYと、似てますね。

ガラ「でも、cali≠gariって本当にジャンルがどこにあるかわからないというか、あんまり他の人たちも絡んでるイメージがなかったんで。cali≠gariと仲がいいバンドって、僕らの周りではMUCCぐらいしかいなかったんで」

桜井「あ〜、やっぱりそう見えるんですね。そんなに仲いいつもりはないんですけど」

ガラ「いやいや(笑)。やっぱりそこには師弟関係があって」

桜井「同郷なだけじゃないの?」

ガラ「そういう関係いいなあと思います。今あんまり呼ばれるイベントも少なくなりましたし、この人とやって面白いなって思えるものと思えないものが結構分かれてるんですよね」

―お二人が同じステージに立った、2012年のBUCK-TICK FESTは楽しかったですね。

ガラ「そうですよ。『ICONOCLASM』をBUCK-TICKのステージで一緒に」

桜井「あれは最高の夜でしたね。墓場まで持っていく思いでしたね」

ガラ「でも、たまにYouTubeとかで映像が上がってて見るんですけど、僕はボーカルじゃないですか。青さんはギタリストですからね」

桜井「ワハハハハハ!」

―ギターも持たずにウサギの耳被って歌い踊ってましたね(笑)。

ガラ「う、うん……ってところはあるんですけど(笑)」

桜井「だってほら、うちはたぶん石井さんは急には歌えないだろうと思って。それ僕が出るから!って」

ガラ「いや、絶対出たいステージですよね。何があっても出ようって思ってました。めちゃくちゃ緊張したけどいい思い出。バンドやっててよかったなあって、ああいう時に思いますよね」

桜井「ちょっとジャンルの違うフェスに呼ばれると、楽しいのは楽しいんだけど、結局全然世界観が違うから、自分達の世界観を見せて分からせる前に時間が終わったりするでしょ。そうすると勢いだけの曲をセレクトする感じになっちゃって、だったらそんなの出なくてもいいんじゃない、ってなるんですよ」

ガラ「まさにそれは俺らもやって気付きました。最近ビジュアル系のイベントに出たんですけど、そこだと“名前は知ってる”っていう入口はあって、ちゃんと分かって見てくれるので、そこはすごくやりやすかったですね」

桜井「あと、お客さんの年齢層も高くなってきたわけじゃないですか(笑)。スタンディングじゃなくて椅子があるといいなっていう声もチラホラ聞き始めて」

ガラ「そうなんです!2階席も売るようになったんですけど、先に埋まるんですよね。僕らも15年やってきて、ファンも一緒に年を取ってるんだなって」

桜井「それは嬉しいことではありますよね」

ガラ「だから、最近うちのギターの結生くんとアコースティックライヴをやったりとか、ちゃんと自分達の年齢にあった音楽や雰囲気を出す、っていうこともやり始めてるんです」

目前に迫ったラムフェスへの野望、欲望が明かされる!? 「対談後編」に続く

ラムフェス 2016「EXTRA」

2016年9月25日(日) 恵比寿LIQUIDROOM
出演
◆ナンセンス STAGE 〜メインステージ〜
MERRY / cali≠gari

◆哀愁 STAGE 〜アコースティックステージ〜
ガラ (MERRY) / 尾形回帰 (HERE) / 近野淳一 (鴉) / TAKA, MASATO (defspiral) / 悠介 (lynch.)

◆cosmic STAGE 〜DJステージ〜
ネロ (MERRY) / 団長 (NoGoD) / Hiroaki Asai

開場 / 開演 15:00 / 15:30
席種・チケット料金 スタンディング ¥6,000 (税込・D代別)
一般発売 9月10日(土)

ローソンチケット 0570-084-003
チケットぴあ 0570-02-9999
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp

問合せ NEXTROAD 03-5114-7444 (平日14:00~18:00)

ラムフェス2016 「EXTRA」 タイムテーブル

MERRY INFORMATION

◆Merry Halloween Party〜Trick or MERRY〜

2016年10月29日(土) クリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)
開場 / 開演 16:30 / 17:30
席種・チケット料金 スタンディング ¥5,586 ※ゴーゴーハロウィン (税込・1D込)
MERRY ONLINE先行 [受付期間] 9/1(木)12:00〜9/11(日)23:59

※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。
オフィシャルサイト先行 [受付期間] 9/20(火)12:00〜9/25(日)18:00

一般発売 10月8日(土)

ローソンチケット 0570-084-003
チケットぴあ 0570-02-9999
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp

問合せ NEXTROAD 03-5114-7444 (平日14:00~18:00)

◆MERRY 15th Anniversary

Greatest Hits or Not Greatest Hits
~Special 2night【白い羊】【黒い羊】~

【白い羊】
公演日 2016年11月7日(月)
会場 品川ステラボール
開場 / 開演 16:30 / 17:00

【黒い羊】
公演日 2016年11月7日(月)
会場 品川ステラボール
開場 / 開演 19:30 / 20:00

席種・チケット料金
1F指定席 ¥5,000(税込・D代別)  2F指定席 ¥6,000(税込・D代別)

MERRY ONLINE 2次受付 QRコード[受付期間] 8/24(水)12:00〜9/7(水)23:59 ※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。

一般発売 10月1日(土)

問合せ NEXTROAD 03-5114-7444 (平日14:00~18:00)

cali≠gari INFORMATION

カリ≠ガリ 秋の生活応援ツアー「火の車」

9/08(木)新宿MARZ (SOLD OUT!)

9/13(火)新宿LOFT
【OPEN】18:30 【START】19:00

9/17(土)新宿live freaks ※男子限定
【OPEN】18:30 【START】19:00

9/26(月)HOLIDAY SHINJUKU(SOLD OUT!)
La'royque de zavy VS cali≠gari
【OPEN】18:30 【START】19:00

9/29(木)新宿ReNY
【OPEN】18:30 【START】19:00

村井 研次郎 20th Caliversary Live〜村≠フェス〜

11/09(水)赤坂BLITZ

MERRYオフィシャルサイト 

cali≠gariオフィシャルサイト

MERRYの関連記事をもっと読む

cali≠gariの関連記事をもっと読む


「MERRY」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI

NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI

出演者 MERRY 
概要 MERRYの約3年ぶりの映像作品。療養していたテツ(b)が完全復帰した〈NOnsenSe MARkeT〉ツアーより、2016年2月7日のEX THEATER ROPPONGIでの模様を収録。「平日の女」「首吊りロンド」などを披露している。

 作品詳細・レビューを見る 

憧憬、睡蓮と向日葵(良心盤)

憧憬、睡蓮と向日葵(良心盤)

演奏者 cali≠gari 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【大河ドラマ・おさらい解説】『おんな城主 直虎』高橋一生“政次ロス”がまたしても歴史好きを唸らせた理由

    1位

  2. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    2位

  3. 新曲「Mint」が話題の安室奈美恵 絶対聞いておくべきおすすめ10曲!

    3位

  4. 星野源、あの“おげんさん”が復活? 3日連続「意味深ツイート」でファン悶々

    4位

  5. 新作映画『ReLIFE リライフ』を観るべき3つの理由――漫画アプリ発!ありそうでなかった青春“やり直し”映画

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS