J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

MERRY 「これからどんな道が待ってるか分かりませんが、ここにいるみなさんは守りますから」  結成15周年ライブ【白い羊】【黒い羊】ライブレポート

2016年11月15日(火) 12:00配信

MERRYの結成15周年ライブ「MERRY 15th Anniversary Greatest Hits or Not Greatest Hits ~Special 2night【白い羊】【黒い羊】~」が、11月7日東京・品川ステラボールで開催された。

2006年と2012年、過去に2度この【白い羊】【黒い羊】公演を行っているため、【白い羊】は着席スタイルでじっくりと歌を聴き、【黒い羊】はMERRYのハードナンバーで思いのまま暴れる、というスタイルがMERRYファンの間ではすでに定着している。

しかし今年はどうだろう。【黒い羊】こそ、従来通りをなぞりつつも、より激しく熱い、ボルテージの高いステージだったが、【白い羊】はこれまでとは少し趣が違っていたように思う。ネロ(Dr)とテツ(B)のリズム隊が生み出す腰にくるようなグルーヴ、結生(G)と健一(G)の絡み合うギターのセクシーさ、そして表現力豊かなガラ(vo)のハイトーンヴォイス。
“キャバレー”を彷彿とさせる演出と相まって、今年の【白い羊】は思わず立ち上がって踊り出したくなるような、そんなステージだったのではないかと振り返る。

【白い羊】 オープニング一瞬で品川ステラボールをキャバレーへ

MERRY 【白い羊】

MERRY 【白い羊】

平日の月曜日、17時開演という、いつもより少し早いスタート時間にも関わらず、品川ステラボール【白い羊】公演は満席状態。会場が暗転すると、白いスーツに身を包んだネロ、テツ、結生、健一の4人と、キーボード、トランペット、トロンボーン、サックスの計5名のサポートミュージシャンが登場。ミラーボールの光が乱舞するなか、ビッグバンド編成でインスト曲「六本木ジャジー喫茶」をスタート。品川ステラボールを一瞬にしてキャバレーへと変えた。

曲が終わる頃、ステージ上手の階段に現れ、スポットライトを浴びながら、ゆっくりと客席を歩いてステージ中央の花道に立ったガラは、まるでキャバレーの支配人。白いスーツにハット姿、一礼するだけで会場の空気を掌握すると、「黄昏レストラン」「躊躇いシャッフル」と哀愁の歌謡ナンバーを聴かせる。
聴かせるというよりも、【白い羊】のガラはストーリーテラーだった。聴いているだけで、目の前にその歌の主人公が現れ、キャバレーの踊り子のように踊っては消える。そのストーリーに奥行きをつけたのは、スキルアップした楽器陣の演奏力。シャッフルにブルースと、実に多彩なグルーヴを生み出していた。それは次に続く「薔薇と片隅のブルース」「アタシは捨て猫」「林檎と嘘」然り。

「こんな素敵な日を迎えられました。みなさんに感謝します」


  • ガラ(Vo)

  • 結生(G)

  • 健一(G)

  • テツ(B)

  • ネロ(Dr)

中盤は花道の先のミニステージで、メンバー5人によるアコースティックナンバーを演奏。「東京テレフォン」では結生がピアノを披露した。着席したまま、少し緊張感のある空気をガラが「いつもと違う雰囲気でやってますが、寝てる人はいませんか?」と和ませたあと、「次の曲はみんなで楽しみたいと思います」と観客を立たせ、アコースティックバージョンの「千代田線デモクラシー」へ。

「M.E.R.R.Y. MARCH」でまたバンドバージョンに戻ると、「歌声喫茶「モダン」」「BLUESCAT」とショーのラストに向けて盛り上げていく。「思えばゴミバンドと言われて僕らは活動していたわけですが、こんな素敵な日を迎えられました。みなさんに感謝します」と15年間の感謝の気持ちを告げると、本編ラストは「梟」。より高みへと自らを鼓舞する姿に凛々しさを覚えた。

アンコールは切なさ全開のバラードナンバー「Unreachable Voice」と、この一年歌い続けてきた「平日の女」をピアノと歌だけでじっくりと聴かせた後、メンバーを呼び込み、「これからのMERRYはMERRYらしく、どこにも染まらず自分達の言葉を世界に突き刺していきたいと思います」と語るガラ。そして、16周年に突入するMERRYの新章となる新曲をアコースティックバージョンで初披露。ラストは「Happy life」で締め括った。

【黒い羊】 拳を突き上げる観客とメンバーの間のパッションの応酬!

MERRY 【黒い羊】

MERRY 【黒い羊】

【白い羊】の終演から約一時間後、同じステージで【黒い羊】公演がスタート。“哀愁”や“エログロ”“レトロック”など、MERRYを形容する言葉がステージを覆っていた紗幕に映し出された後、「ジャパニーズモダニスト」のイントロと共に紗幕が落ちると、会場の熱量が一気に上がった。さらに「バイオレットハレンチ」とMERRY初期の代表曲が続き、目の前に広がるのは黒い衣装に身を包んだメンバーと、椅子から解放され勢い良く拳を突き上げる観客との間のパッションの応酬。

【白い羊】のステージにはなかった、ガラ愛用の学習机もいつも通り鎮座している。向けられた温かい歓声に「15周年に集まった、しかも月曜日に集まった愛すべきバカ者達よ」と「絶望」を投下した後、「今夜は休ませませんよ」と「オリエンタルBLサーカス」「Midnight Shangrila」とアッパーチューンを畳み掛ける。

学習机の上で三点倒立、足裏拍手


  • ガラ(Vo)

  • 結生(G)

  • 健一(G)

  • テツ(B)

  • ネロ(Dr)

「[human farm]」では結生と健一が花道ステージに躍り出て、イントロのギターユニゾンを小気味よく奏でた。また、中盤の「ビニ本2丁目八千代館」からの3曲では、エログロなMERRYの世界観をしっかりと見せつけた。バンドバージョンでの「千代田線デモクラシー」、フロアでタオルが踊った「Carnival」、「品川!いつまで寝てんだ?終わっちまうぞ!」とガラがフロアにCO2をまき散らした「消毒」など、MERRYの暴れ曲をノンストップで繰り出し、ラストに「自意識過剰型木偶人間」を披露。学習机の上で三点倒立、足裏拍手というガラ芸を見せてステージを後にした。

【黒い羊】のアンコールは、感謝の気持ちを綴ったガラの歌MCから。「いろんな人に伝えたいことがあるから、この4人と歌い続けていきます。16年目も一緒にバンド業界かましてやりましょう」と語り、「平日の女-B面-」、そして新曲のバンドバージョン、「Happy life」を披露。拍手と歓声に後押しされるように再びステージに登場し、「T.O.P」で最後にもう一盛り上がりし、2公演で37曲、全4時間という濃い一夜を終えた。

長らくMERRYを見てきた人達はご存知の通り、彼らが歩んで来た15年は波瀾万丈に満ちていた。そんな彼らを支え、見守ってきたファンに向けて、この日ガラが放った言葉を今後忘れることはないだろう。

「これからどんな道が待ってるか分かりませんが、ここにいるみなさんは守りますから」。

それがどんな形で証明されるのかは分からないが、まずは来年2月に出るニューシングルと、5月5日(金・祝)に開催が決定した日比谷野外大音楽堂のライブを楽しみに待っていたいと思う。(文:大窪由香/写真:中村 卓)

MERRY NEW SINGLE

2017年2月発売

詳細は後日発表!

2013年8月のライブから約3年ぶりとなる、日比谷野外大音楽堂公演開催決定!

2017年5月5日(金・祝) 日比谷野外大音楽堂

coming soon…

MERRYの関連記事をもっと読む

MERRYオフィシャルサイト


「MERRY」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

NOnsenSe MARkeT

NOnsenSe MARkeT

演奏者 MERRY 

 作品詳細・レビューを見る 

Happy life

Happy life

演奏者 MERRY 
歌と演奏 MERRY 

 作品詳細・レビューを見る 

平日の女

平日の女

演奏者 MERRY 
歌と演奏 MERRY 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【大河ドラマ・おさらい解説】『おんな城主 直虎』高橋一生“政次ロス”がまたしても歴史好きを唸らせた理由

    1位

  2. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    2位

  3. 新曲「Mint」が話題の安室奈美恵 絶対聞いておくべきおすすめ10曲!

    3位

  4. 星野源、あの“おげんさん”が復活? 3日連続「意味深ツイート」でファン悶々

    4位

  5. 新作映画『ReLIFE リライフ』を観るべき3つの理由――漫画アプリ発!ありそうでなかった青春“やり直し”映画

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS