J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

DOG inThePWO、BugLug、Blu-BiLLioN。Resistar Records16人がそろった“治外法権 VOL.7” ファイナル・Zepp DiverCityライブレポート

2017年8月31日(木) 16:00配信

Resistar Records所属のDOG inTheパラレルワールドオーケストラBugLugBlu-BiLLioNによるツアー“治外法権 VOL.7”のファイナル公演が、8月25日にZepp DiverCityで行われた。

これまで何度か治外法権に足を運んでいるが、この日のステージはその中でも格別だった。BugLugはヴォーカル・一聖の一年間にわたる怪我療養から完全復活し、日本武道館公演ワンマンを成功に納めたばかり。DOG inTheパラレルワールドオーケストラは「DOGは変わります」と自ら宣言し、その思いを伝えに全国47都道府県を回っている最中で、Blu-BiLLioNも宣言こそしていないが、バンド内での意識改革が大きく花開こうとしている時。

奇しくも同じようなタイミングにそれぞれの理由で変革期を迎えた3バンドが一堂に会すのだ。変化には大きなエネルギーを要す。慣れ親しんだ治外法権という場所で、そのエネルギーが大爆発を起こしても不思議はない。――などという冷静な分析は後日できたことであり、当日は各バンドのステージにただただ圧倒されっぱなしだった。(文:大窪由香)

Resistar Records PRESENTS“治外法権VOL.7”ファイナル Zepp DiverCity

現在進行形の進化真っ最中!新境地を見せたBlu-BiLLioN

Blu-BiLLioN

Blu-BiLLioN

しょっぱなからステージをはみ出さんばかりの勢いで盛り上げたのはBlu-BiLLioN。新境地を拓いたハードなロックチューン「The Awakening of Revolution」を核に、過去曲の印象もステージの印象も大きく様変わりしていることにまず驚いた。

オープニングナンバーの「響心identity」では会場を力強く鼓舞し、「声出す準備はできてるか?」とミケ(Vo)が煽った「Ready?」ではフロアが上手下手にわかれて合唱合戦。DOGファンもBugLugファンも巻き込んで、早々に一体感を作り上げる。

そして3曲目は、メンバーが拳を高く掲げた「The Awakening of Revolution」。力強く打ち鳴らすSeikaのドラムに珀の重厚なベースライン、宗弥とmagによるテクニカルなツインギターが焦燥感をかき立て、teruのキーボードがサウンドにグッと奥行きをつける。そこに乗るミケの、凛としたヴォーカルが際立つこと。グイグイとその世界観に惹き付けられた。

「俺が歌うから、その後に続いてくれるか?」と珀がリードをとり、再び上手下手に分かれて合唱対決が始まった「Mr.Freedom」では、演奏中勢い余ってmagがステージ下に落ちるというハプニングも。

「S.O.S.」ではマイクを置いて、サビの振りをパフォーマンスするミケの姿が印象的だった。なぜかそれだけでも、彼の思いが、声が届いた気がした。そして大きな手拍子に包まれた「H&H」でフロアを盛り上げ、後に繋いだ。

ツアーで底上げされたバンド力を見せたDOG inTheパラレルワールドオーケストラ

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ

まだ幕がかかったままのステージから「治外法権 VOL.7ツアーファイナル、あったまってますか〜?」と呼びかけたのはDOG inTheパラレルワールドオーケストラの春(Vo)。

「でっかい声で名前呼んでくれや〜!」の声と共に幕が開くと、ステージセンターに現れたメンバーに大歓声が向けられた。この日は今年4月にリリースしたアルバム『HEART』の楽曲を中心にしたセットリストで、そこに加えた過去曲も含め全体的にハードなナンバーがセレクトされていた。
「チューリップ中毒」「極東ヘッドバンギング」「ココロVIBES」と、オープニングから続く迫力満点のヘヴィチューンに会場はヘドバンの嵐。

しかし決して勢いだけで盛り上げていないのが今のDOGのステージ。息の合ったバンドアンサンブルや、準々(G)の魅せるギターパフォーマンス、そして春の熱のこもった歌、その一つ一つに47都道府県ツアーで底上げされたバンド力を感じさせられた。

過激なコール&レスポンスが印象的な「調+教」、遊び心満載のダンスロックナンバー「遊郭ディスコ」、そして初期曲「ハルシオンキャンディ」でさらにボルテージを高めると、「最高の一体感を一緒に迎えよう」と、ラストナンバー「JOY TO THE WORLD」へ。
“ずっと大切な事なんて/きっと変わらないさ”の歌詞の後、春は「大切な仲間とツアーに回って一緒に歌うことだけ!」と力強く言葉を加えた。サビでは会場中が大合唱。“大切な仲間と一緒に歌うこと”、その言葉が形となった瞬間、大きな感動を生んだ。

「新人生」を踏み出したBugLugの鬼気迫るステージ

BugLug

BugLug

「Are you ready?」の声と共に始まったカウントダウン。大歓声の中、トリを飾るBugLugメンバーがステージに登場した。

「今日も思いっきりやってやろうぜ!今日は今日しかねーんだぞ!」と一聖が煽ると、インスト曲に合わせて激しいヘドバンが始まる。BugLugらしいスタートだ。「BUKIMI」でのゴマスリジャンプと言われるノリや、「ギロチン」でより一層激しくなるヘドバンも、彼らのライヴには欠かせない光景だ。

そして一聖の鬼気迫る語りから始まる「新人生」が、グッと空気を引き締める。曲中、観客をしゃがませて「このツアー自体が俺にとって新人生なんだ」と語った一聖がカウントダウンをすると、全員でジャンプ。それを合図に優(G)、一樹(G)、燕(B)、将海(Dr)のプレイも激しさを増した。

エスニックな雰囲気を纏う「酸素を売る商人」の後、「KAIBUTSU」では一聖がステージ下に降り最前列とコミュニケーションを取り、一樹はセンターでスポットライトを浴びながらギターソロを披露。最後には投げキッスもプレゼントし、会場を盛り上げた。さらにそこへ、自分にも厳しければ他人にも厳しい一聖の檄が飛ぶ。「明日筋肉痛になっても、それは楽しいの一環だよな!」。それまでも十分すぎるほどウォーミングアップしていた観客のジャンプが、その声でより一層高くなる。

そして「ここ東京だから歌います」と、こぶしをきかせて歌った「GAMBLING JAPANのテーマ」、会場中大合唱とピースが広がった「猿」、優と一樹のギターユニゾンが映えた「HICCHAKA×MECCHAKA」とアッパーチューンで駆け抜け、ラストは「俺たちが!?」(一聖)「BugLugだー!」(観客)と、この日一番の大声でステージを締め括った。

治外法権のアンコールは、恒例のセッションとなるが、今回は治外法権のアイドル・準々…いや、準子の登場だ。ギターの一樹、宗弥、ベースのミケ、ドラムの燕を従え、「彼ピに買ってもらったばかり」というおニューのドレスを身に纏い、「狂気」とLUNA SEAの「STORM」の2曲を披露。その後、準子の呼びかけでステージにメンバー16人全員が集結。全員で「Resistar Recordsのテーマ」を歌い、約3時間半のイベントが終了した。

 

恒例のセッションで準子登場!

恒例のセッション!

16人の大セッション

16人の大セッション

この「治外法権」夏の陣を開催するのは一旦今回で終了、という前情報があった。
一聖もMCで「なくなるかもしれないけど、ブルビリもDOGも個性があって、それぞれが頑張ってる。だからレジスターを見放すんじゃねーぞ」と語っていた。その情報の真偽は不明だが、ステージ上で2018年1月8日新木場STUDIO COASTにて、「治外法権-新春だょ全員集合!!2018-」を開催することが発表された。

Blu-BiLLioNは10月にニューアルバムの発売とツアーの開催、DOG in Theパラレルワールドオーケストラは9月9日にZepp DiverCityで47都道府県ツアーのファイナル公演を、そしてBugLugも9月から47都道府県ツアーに出る。新春の治外法権はもちろん、3バンドが今後どんな飛躍をみせるのか、期待が高まるばかりだ。

セットリスト

Blu-BiLLioN

M1.響心identity M2.Ready? M3.The Awakening of Revolution M4.現代型パラノイア M5.Mr.Freedom M6.S.O.S. M7.H&H

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ

M1. チューリップ中毒 M2.極東ヘッドバンギング M3.ココロVIBES M4.調+教 M5.遊郭ディスコ M6.ハルシオンキャンディ M7.JOY TO THE WORLD

BugLug

M1. M2.BUKIMI M3.ギロチン M4.新人生 M5.酸素を売る商人 M6.KAIBUTSU M7.GAMBLING JAPANのテーマ M8.猿 M9.HICCHAKA × MECCHAKA

ライブ情報

Resistar Records PRESENTS「治外法権-新春だょ全員集合!!2018-」決定!

2018年1月8日(月・祝)

新木場STUDIO COAST

【開場/開演】

開場 13:00 / 開演 14:00

<出演>

DOG inThePWO、BugLug、Blu-BiLLioN、LEZARD、ジャックケイパー

DOG in theパラレルワールドオーケストラ オフィシャルサイト

BugLugオフィシャルサイト

Blu-BiLLioNオフィシャルサイト


フォトギャラリー


「治外法権」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

HEART

HEART

演奏者 DOG in The パラレルワールドオーケストラ 

 作品詳細・レビューを見る 

新人生

新人生

演奏者 BugLug 

 作品詳細・レビューを見る 

The Awakening of Revolution

The Awakening of Revolution

演奏者 Blu-BiLLioN 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【大河ドラマ・おさらい解説】『おんな城主 直虎』高橋一生“政次ロス”がまたしても歴史好きを唸らせた理由

    1位

  2. w-inds.ニューシングル「Time Has Gone」インタビュー「曲を待っていてくれるって特別なことだから…」

    2位

  3. OLDCODEX「俺たちは俺たちがやりたいことを、やりたいようにやりたい。いつまでも足掻ききってやろう」Tour 2017“they go, Where?”ライブレポート

    3位

  4. 恩師登場に、まいやん号泣!西野七瀬の目にも光るものが…映画『あさひなぐ』初日舞台挨拶

    4位

  5. 【高知TSUTAYA】秋の親子祭り9月23日(土)あさ10時 開催!!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 【東京ゲームショウ2017開幕】今年も美人コンパニオンが勢揃い!
  • 田中みな実、美乳を「肘ブラ」で披露
  • GEM南口奈々、美バストビキニを披露
  • モグラ女子・松川菜々花、再び『ヤンジャン』に登場
  • 読者絶賛“美乳レースクイーン・三城千咲、『ヤンジャン』表紙に登場
  • レジェンド美乳グラドル・鈴木ふみ奈、3rd写真集『FISH』刊行
  • テラハ史上最高の美女・Niki、魁と東京で再会!その後の2人は…?
  • 元AKB板野友美、7年ぶり写真集で「大人ボディ」を披露 まゆゆ卒業式は…?
  • グラドル・川崎あやが「セクシー」プレミアムフライデーをプレゼント

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS