J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

Blu-BiLLioN ニューアルバム『EDEN』リリース! 「不安や反発を乗り越えていくことがEDENにつながる」【インタビュー】

2017年10月17日(火) 12:00配信

Blu-BiLLioNが、前作から約2年ぶりのニューアルバム『EDEN』を10月17日にリリースする。ライヴの在り方、レコーディングの在り方、そしてバンドの在り方を追求していった結果、自ら大きなうねりを生み、さらなる進化を遂げた。まさにその変革の過程、進化の軌跡を形にしたものが、このアルバム『EDEN』だ。そして彼らはまだ、理想とするEDENを求めて歩みを進める。彼らの思うEDENとは何なのか、このインタビューにその答えのヒントが詰まっている。(インタビュー&文:大窪由香)

Blu-BiLLioN

Blu-BiLLioN

これで完成じゃなくて、これをもってツアーに行くことが意義なのかな

ミケ(Vo)

ミケ(Vo)

―そもそものお話になりますが、Blu-BiLLioNが2017年に入ってから変革期を迎えたことを考えると、昨年中にアルバムを出す、ということもあり得たのかなと思いますが、なぜこのタイミングでのアルバムリリースとなったんでしょうか?

前アルバム『GENESIS』

前アルバム『GENESIS』

ミケ(Vo)「実はその頃にも話はあがってたんですけど、いろいろとタイミングが合わなくて」

珀(B)「ヴィジュアルも一新したし、サウンドも新しくしていこうみたいな流れが前回のシングルからあったんで、ちょうどいいタイミングなんじゃないかと」

――なるほど。結果的にシングル曲が6曲入ることになったわけですが、アルバム制作の過程を伺うと、シングル曲を入れる位置に悩んだという話をよく他で聞くのですが、その辺りはみなさんはどうだったんでしょうか? 個人的には「心灯-こころび-」と「Refrain」のアルバムミックスはとても素晴らしいと思ったし、他のシングル曲も絶妙な位置に配置されていると思ったんです。

 

シングル「Refrain/心灯-こころび-」 

ミケ「曲順はアルバムを作り出す前に、ここにこういう曲を入れようって、だいたい決めてたんですよ。そのイメージを最初に作ったのがよかったのかもしれませんね。はまるところにはまったのかなと思いました」

―一曲一曲がパズルのピースのような感じですかね。

宗弥(G)「そうですね。それぞれ、こういうテーマのものっていう感じで作ってたんで、これしかなかった気もしますし。新曲もこういう形しかなかったなって思いますね」

―今作の制作にあたって、メンバー間で何か話したことはありますか?

ミケ「方向性にしても歌詞にしても、その都度話し合うことは今回めちゃめちゃ多かったと思いますね。それこそパズルのピースみたいな感じで、ここはこうだよねっていうのが全部合わさってこれになって、っていう。ほんとに一つ一つ集めて作ったイメージはありますね。毎回思うんですけど、これで完成じゃなくて、これをもってツアーに行くことが一番の楽しみというか、意義なのかなと思ってます」

「僕もそんな感じなんですけど、別視点で言えば、宗弥も僕も曲を作るので、サウンド面でどうしていくかっていう話はしました。とりあえず楽器陣はローチューニングでいこうっていう漠然としたものがあって。宗弥はもともとローチューニングで描いた世界観やイメージがあったと思うんですけど、僕の中にはなかったので、そこを切り替えてローチューニングの世界に踏み込んでいくっていう作業をアルバム制作中に段階を踏んでやった感じです」

―前回、レコーディングの方法もかなり変わったというお話がありましたが、今作もその流れですか?

宗弥「完全にその流れですね。そこからさらに進んだ感じはあります。どんどんメンバーでやることが多くなってきていて、よりソリッドにバンドの形が見えやすいようになってるんじゃないかなって。結局はそれを求めている感じがします。次出す時はもっと進んでいる気がするし、メンバーだけでCDが作れたらいいよね、ぐらいの感覚でいますね」

―自分たちだけでやりたいことを、というのはSeikaさんもよくおっしゃってましたね。

Seika(Dr)「そうですね。エンジニアさんによってその人の個性が出てきちゃうということがあって。だから最終的には自分たちですべて完結したいっていうのはありますね、レコーディングに関して。なので『Believer’s High』や『宙言』とか、宗弥が結構ミックスに関してもできるようになってきてるんで、最終的には全曲メンバーミックスでっていうのが理想です」

宗弥から「もっとめちゃめちゃにしてくれる?」って電話が…

mag(G)

mag(G)

―teruさんやmagさんは今回のレコーディングで印象に残っていることはありますか?

teru(Key)「特に印象的だったのは、表題曲の『Believer’s High』だったんですけど、MVもアー写も撮って、レコーディングも一段落した頃に、宗弥から電話がかかってきて、間奏っぽいところでソロを弾いているところを『もっとめちゃめちゃにしてくれる?』っていうオーダーがきて。その後すぐ弾いて送ったら、もうちょっと、って。そうやってリアルタイムでやり取りすることが多かったですね。『Reach Out』も珀さんと電話しながら、電話越しでシンセを弾いて聴かせて(笑)。そういうのが面白かったなと思います」

mag(G)「『Reach Out』は速かったので、辛かったです」

宗弥「辛いの?」

mag「これ、マジで辛いっす。ライヴで弾ける自信がないですね」

Seika「いや、俺もですよ(笑)。ドラム殺し!むっちゃ筋肉痛になるの、これやってると。この曲が長かったら死亡者でますよ、これ」

ミケ「ライヴバージョンだったら、最初このリズムで煽るんだよ(笑)」

Seika「無理!!辛すぎるよ、これ」

「この曲は、短い曲であるのと激しい曲である、というテーマがあって。それと、人の考えてることが分からなくて、でも歩み寄っていきたいっていう漠然としたテーマがあったんですよ。僕たちはみんなに歩み寄っていきたいし、歩み寄ってほしいっていう。で、何よりライヴって対話することだと思うんで、僕らからするとちょっと激しすぎるかもしれないですけど、そういうところを表現しました」

mag「ギターは速いカッティングみたいなのが合うかなと思っていれたりとか、Cメロのギターの感じとかは自分っぽいかなと思います。自分のルーツに近いプレイを盛り込んだというか」

目指す場所をメンバー同士で一緒に求めたいと思っているんです

宗弥(G)

宗弥(G)

―「群青」のイントロの左右からくるギターのフレーズもとても美しかったです。

宗弥「これは自分の中でイメージがあって。雨が降ってるイメージだったんですよ。『群青』が一曲目っていうのはなんとなく決まっていたんですけど、作ってる時になぜかそれを忘れてて、シリアスっていうのがこの曲のテーマだったんです。昔、幼馴染みがクラシックギターをやってて、よくギターで合わせたりしてたんですよ。もしかしたらそういうのが効いてるのかもしれないですね」

ミケ「懐かしいなあ、あの頃」

宗弥「いやいやいや、幼馴染みか?!(笑) その幼馴染みは音大に行ったんですけど、彼がクラシックギターを弾いて、自分はアコギで、片方がアルペジオを弾いて、片方が上を弾くみたいな。そういうのでムードを作っていけたらいいなって」

―ミケさんの歌もとても映えますね。

ミケ「Aメロが独特のメロの入り方してるので、結構難しかったですね」

宗弥「これ、相当かっこいいなと思ったけどね、歌を聴いて。エモいんですよね。ひたすらエモーショナル。今までのライヴもそうだったんですけど、フィジカルに攻めるっていうのが今年のテーマだったと思うんですよね。見てくれ、聴いてくれっていうモードから、一緒にやっていこうよ、みたいなことを今年はやってきたんですけど、またそこからさらに一歩踏み込んで、心にも汗をかかせたいっていうテーマがこの曲にはあって。突き動かしたいというか」

ミケ「歌詞は、デモの音を聴いていて、それこそ郷愁を誘うようなイメージがめっちゃあったんですよ。小学校の隣りに森に続いている砂利の坂道があって、空はだだっ広くばーっと広がっていて、それを眺めているのを思い出したんですよね」

―「群青」で始まりを感じて、「The Awakening of Revolution」で覚醒して、「Believer’s High」で上昇していく感じがいいですね。

ミケ「この繋がりは、かなりドラマチックだと思いますね」

―「Believer’s High」の作詞はBlu-BiLLioN名義になっていますが。

珀(B)

珀(B)

宗弥「これは本当にみんなで集まって、ホワイトボードにワードを書き出して。これは何のことを言ってるのか、ライヴか?人生か?とか、いろんなことを話し合いながら、結果としてそこ(EDEN)を目指して行くための曲であるべきだってなって、こういう歌詞になりましたね。すごくバンドの姿が見える歌詞ではあると思うんです」

―「I’m a loser」ではミケさんのラップが入っていて。

ミケ「この曲のラップ部分は、メロディごと3回ぐらい書き直しましたね。ラップは昔から好きなんで、面白かったです。今回は新しく自分で書いた歌詞は、この『I’m a loser』と『群青』と、あと宗弥と一緒に『宙言』を書きましたが、今回は自分自身を歌った歌の方が多かったかもしれない。あんまり君とか相手を意識してない、君はこうだよね、あなたはこうだよねっていう使い方ではないのが今は自然になっていますね」

―「宙言」には暁という言葉が入っていて、「宙言」から、また一曲目の「群青」へと空が繋がっている感じがとても美しかったです。

宗弥「ちょっと文学的な歌詞を目指したっていうのはサブテーマとしてありました。ヤマユリの花言葉はなんだろうって調べてもらったり」

ミケ「難しい言葉がたくさんある中で、サビの頭が“ふわり”っていう、このオシャレさ」

宗弥「これがオシャレですな。この物語の主人公が誰で、君が誰でっていうのは、聴いてくれた人が自分たちなりに考えてもらえればいいなと思うんですけど、バンドとファンとの関係性ももしかしたら当てはまるのではないでしょうか、とも思うので、そうやって聴いていただくのもオススメです」

―いろんな意味でミクスチャーな作品だと思いますが、タイトルを『EDEN』とつけたのは、出来上がった最後ですか?

ミケ「最初ですね。最初にどんなものにするかっていうところで出てきて。むしろツアーの方のイメージが近かったのかな」

「そうだね。ツアーのタイトルも同じ時期に考えていて」

ミケ「目指す場所はどこなのか?って考えてる時に、やっぱり自分たちもまだわからないけど、“こういうところにいきたいよね”っていうのがそれぞれの頭の中にあって。それを一つの言葉で表現するってなかなか難しいと思うんですね。で、『EDEN』って結構よく使われる言葉だと思うんですけど、あえてそれにすれば、みんなが思っていることと一致しやすいのかなと。ただ、俺らが“こうやれば確実にここにいける”っていうものでもないと思ってるので、それをメンバー同士で一緒に求めたいと思っているんです」

ツアー“Strive for EDEN”は見に来てくれたお客さんの「これからの何か」になったらいいねと思っています

teru(key)

teru(key)

―そして、それをつかむためのツアーだということで、ツアータイトル“Strive for EDEN”に繋がるんですね。では、改めて出来上がってみて、これからのBlu-BiLLioNにとってどんなアルバムになったと思いますか?

teru「全14曲、一曲目から並べて聴いたんですけど、全部新曲のようにも聴こえたし、一つの作品としてすごい立派なものができたなと。自分たちでも想像以上の仕上がりで、メンバーみんなも満足しているところだと思います。これをもって19ヵ所のツアーに回るんですけど、さっきミケも言ったように、このアルバムが完成形ではないので、ツアーを最後まで回って、『EDEN』よかったねでは終わらせず、“次に続く何か”を大事に一か所一か所回っていきたいなと思います」

Seika「このアルバムを作って自信につながったと思うんです、それぞれの。なので、このアルバムをもってツアーに挑めるのが楽しみですね。俺たちだけで完成するものじゃないので、ぜひたくさんの人に参加していただいて、その空間を味わってほしいです、『EDEN』が作る空間を」

宗弥「物創りっていうのは自分からすると、自分に対する救済でもあるんですよね。救われる気がする。次こういう曲がウケるんじゃないの?とか、そういうことではなくて、やりたいことをやって、書きたくて書いて、ライヴが好きだからライヴやって、バンドが好きだからバンドやってっていう部分をしっかりとアルバムに閉じ込められたっていうのは、自分にとって救いだったなと。結局そういうものじゃないと、俺はだめだと思うんですね。逆に仕事になっちゃったら悲しいじゃないですか。音楽とかバンドの魅力って自主性だと思うんです、メンバーとかバンド側の。だからそういった意味で、初期衝動とか、メンバーのそういう部分を収められたっていうのが今回すごくよかったなって純粋に思っています。なので、その先にあるライヴでそれを表現できれば、見に来てくれたお客さんの生きるヒントになるんじゃないかと。これからの何かになったらいいねと思っています」

Seika(Dr)

Seika(Dr)

mag「たぶん今のこのバンドを表現できたアルバムになったんじゃないかなと。口で変わっていこうとか言ったりしてたんですけど、聴いてもらえればそれが一番。音で伝わるんじゃないかなと思うんで、それをライヴで進化させて完成させていければなと思います」

「曲を創造していく人としては、音源を出して終わりなんじゃなくて、その先のライヴっていうものまでやっぱり視点をおくので、アルバムが完成して聴いた時も、やっぱりその情景を思い浮かべるんです。この曲だけでもワンマンできちゃうな、とか。タオル回したり、頭振ったり、拳を上げたり、感動したり、圧倒されたり、笑顔になったり、いろんな表情が、いろんな感動が詰まってるんじゃないかなっていうアルバムになったなと思います」

ミケ「この『EDEN』だけじゃなく、今までの全部に言えることなんですけど、常にメンバー自体もワクワクしてたいなと思うし、ワクワクさせたいなと思うんですよ。10年後20年後もバンドをやってたいと思うんですけど、といっても10年20年のスパンでスケジュールがきまってるわけじゃない。スパンで言ったら1年や2年でスケジュールって決めていってるわけですが、何か作品を出してそれが終わったらツアーがあります、だけの繰り返しだったらワクワクできないと思うんですよね。その時のワクワクするようなことって、やっぱり“挑戦”だったり、今までしてこなかったことをやってる時だと思うんですよ。そのかわり不安だったり、反発だったりももしかしたらあるかもしれないんですけど、それを乗り越えて行くことが一番『EDEN』に繋がることなのかなって思ってるんで、それに負けないようにワクワクしてバンドを続けていきたいなと思っています」

―今のところ発表されている2018年1月19日(金)新宿ReNYは、ツアーファイナルではないんですね?

宗弥「2019年までの3年間が一つの大きなプロジェクトっていう考え方なので、そういう意味では新宿ReNYをファイナルにはできないところはありますね。だから一つの区切りとして、ここまでの間に僕らが何ができるかっていうところを、確認しに見に来てほしいですね」

Blu-BiLLioNリリース情報

完全生産限定豪華盤

初回生産限定盤

通常盤

EDEN

2017年10月17日発売

【完全生産限定豪華盤】 RSCD-259~261 (CD+2DVD) ¥8,000(税抜) 
BOX仕様&豪華ブックレット付、ポートレイト封入(完全生産限定豪華盤のみ/全6種封入)

[CD] 1. 群青 2. The Awakening of Revolution 3. Believer's High 4. 衝動 5. S.O.S. 6. 心灯-こころび- (Album-mix) 7. Refrain (Album-mix) 8. I'm a loser 9. Reach out 10. 響心identity 11. この手に在るもの 12. Epilogue 13. 宙言 14. yell [2DVD] ●DISC1  Believer's High -Music Clip-  Believer's High -Solo Feature Clip-  宙言-Lyric Video-  スタジオライブ  メンバーインタビュー ●DISC2  Blu-BiLLioN 6th Anniversary TOUR「Sing×Dance×Rock」ダイジェスト(Member Director's cut)

【初回生産限定盤】 RSCD-262/263 (CD+DVD) ¥3,800(税抜)
28Pブックレット付、着せ替えジャケット封入(初回生産限定盤のみ/全6種よりランダム1種封入)

[CD] 1. 群青 2. The Awakening of Revolution 3. Believer's High 4. 衝動 5. S.O.S. 6. 心灯-こころび- (Album-mix) 7. Refrain (Album-mix) 8. I'm a loser 9. Reach out 10. 響心identity 11. この手に在るもの 12. Epilogue 13. 宙言 [DVD] Believer's High -Music Clip- 「EDEN」メイキングオフショット

【通常盤】 RSCD-264 (CD) 定価:¥3,000(税抜)

[CD] 1. 群青 2. The Awakening of Revolution 3. Believer's High 4. 衝動 5. S.O.S. 6. 心灯-こころび- (Album-mix) 7. Refrain (Album-mix) 8. I'm a loser 9. Reach out 10. 響心identity 11. この手に在るもの 12. Epilogue 13. 宙言 14. yell

Blu-BiLLioN TOUR17-18-19「Strive for EDEN」

10/23(月) 渋谷WWW -7th Anniversary LIVE-

10/27(金) 名古屋APOLLO BASE

10/28(土) 静岡Sunash

11/4(土) 仙台HooK

11/5(日) 盛岡the five morioka

11/11(土) 熊本B.9 V2

11/12(日) 福岡Early Believers

11/18(土) 岡山IMAGE

11/25(土) 奈良NEVER LAND

11/26(日) 神戸VARIT.

12/2(土) 甲府CONVICTION

12/3(日) 水戸LIGHT HOUSE

12/9(土) DUCE SAPPORO

12/10(日) DUCE SAPPORO

12/16(土) 長野LIVE HOUSE J

12/17(日) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE

12/22(金) 新横浜 NEW SIDE BEACH!!

12/24(日) 大阪ROCKTOWN

1/19(金) 新宿ReNY

and more…

【チケット】

スタンディング ¥4,800(D別)

チケット一般発売中

(問)NEXTROAD 03-5114-7444

Blu-BiLLioN オフィシャルサイト


フォトギャラリー


「Blu-BiLLioN」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

映画「メサイア外伝 -極夜Polar night-」

映画「メサイア外伝 -極夜Polar night-」

出演者 玉城裕規  中村龍介  長江崚行  山沖勇輝  橋本真一  伊藤孝太郎  山田ジェームス武  赤澤燈  井澤勇貴  染谷俊之 
監督 山口ヒロキ 
脚本 横山あゆみ  山口ヒロキ 
原作者 高殿円 
音楽 倉堀正彦  Dingleberry Orchestra 
概要 若手イケメン俳優たちの共演で映画化や舞台化されヒットしている高殿円原作“メサイア”シリーズの外伝。主演は玉城裕規と中村龍介。監督は山口ヒロキ。かつてはテロリストだった周康哉と三栖公俊を主人公に、志倉一仁の下で働くことを決意した2人の葛藤と、“究極の平等”を追い求めて繰り広げる戦いの行方を描き出す。

 作品詳細・レビューを見る 

GENESIS

GENESIS

演奏者 Blu-BiLLioN 

 作品詳細・レビューを見る 

LIVE 「Gift」 2016.12.25 CLUB CITTA’ 川崎

LIVE 「Gift」 2016.12.25 CLUB CITTA’ 川崎

出演者 Blu-BiLLioN 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 私立恵比寿中学、オリンピック会場でこけら落とし公演&始球式

    1位

  2. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    2位

  3. 綾野剛主演ドラマ「コウノドリ」、BABYのピアノ曲を手掛けるイケメンピアニスト・清塚信也って?

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【レビュー】『怒り』―感動的ながら、原作の完成度を逆説的に証明してしまった映画

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 脱げるシンガーソングライター・藤田恵名、『アウトデラックス』でマツコからのアドバイスに大号泣
  • non-no専属モデル “新星モグラ” 松川菜々花、『週プレ』のグラビアに登場!
  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS