J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

初心者でもよくわかる!ROOT FIVE、佐香智久etc.イケボ多めの“歌い手総覧”

2015年8月20日(木) 18:00配信

ROOT FIVE

ROOT FIVE koma'n

「初音ミク」の登場以降、音楽シーンのみならず一気に広がりを見せたボーカロイド。ニコ動を中心に、ボーカロイドを使用して楽曲を発表する“ボカロP”や、彼らの人気楽曲を「歌ってみた」歌唱動画を配信する“歌い手”、同じく人気楽曲で「踊ってみた」ダンス動画を配信する“踊り手”などが一気に増加。
近年では、ボカロ曲だけでなく、オリジナル曲を発表したり、メジャーデビューする歌い手も増えている。

そこで、歌い手初心者がシーンを知るために“まず押さえておきたい歌い手(アーティスト)”を独断と偏見でジャンル別に紹介していく。(文:斉藤碧)

ROOT FIVE、佐香智久「イケボ多し!王道系歌い手」

ボーカロイドといえば「初音ミク」や「巡音ルカ」のように女声の印象が強いが、その楽曲を「歌ってみた」動画で人気が出るのは、俗にいうイケボな男性歌い手が多め(ネタ要素が強めの人もいる)。

最近では顔出しをしてライブ活動をする人も多く、すでに顔出しをしてメジャーデビューしている人を挙げるとすれば、イケメン歌い手グループROOT FIVE”(メンバーは蛇足、ぽこた、みーちゃん、けったろ、koma'n。蛇足は2015年10月末予定でグループを卒業)のメンバー、少年Tとして活動していた佐香智久などが当てはまる。

 

 

 

対称的に、ライブ以外ではほとんど顔出しをすることなく活動している人気歌い手といえば、実力派歌い手として定評のあるりぶ”や“伊東歌詞太郎などが挙げられる。

 

 

 

一方、今、徐々に人気を高め、ETAなどの大手ボカロイベントに登場し始めているのが、luz。やや中性的で胸キュン必至な甘い歌声はイケボ歌い手の王道であり、今後さらに人気が出そうだ。

 

 

 

 

和楽器バンド、米津玄師「圧倒的歌唱力!バンド・ロック系歌い手」

『マトリョシカ』や『パンダヒーロー』など中毒性のある楽曲を多数発表した人気ボカロP“ハチ”は、現在はシンガーソングライター米津玄師としてメジャーデビューを果たし、メジャーシーンでも唯一無二の存在感を放っている。

 

また、歌い手を挙げるとすれば、やっぱりGeroも外せない。アニソン歌手として活躍中の彼の魅力は、圧倒的な歌唱力とトーク力。
動画サイト発のアーティストというと、ライブでの生歌披露に不安を感じるリスナーもいるかもしれないが、Geroはニコ動黎明期に登場した歌い手の中でも安定した歌に定評があり、パワフルな歌声と関西人らしい軽快かつ熱いMCを体感できるライブは必見だ。

そして、ボカロブームに乗ってさまざまなボカロP・歌い手が現れるなか、「演奏してみた」カテゴリで人気を誇るメンバーや、人気ボカロPとしても活躍するメンバー、世界を舞台に活動しているメンバーで結成された異端児バンド和楽器バンドが登場。
日本の伝統芸能とロックを融合し、ボカロ曲をカバーしていくという独自のスタイルは国内外で注目を浴びている。

 

 

赤飯、いかさん 「ボーダーレスな魅力 両声類系歌い手」

男性でありながら女声が出せる歌い手や、女性でありながら男声が出せる歌い手、あるいは男女両方の歌声で歌う歌い手のことを示すのが、「両声類」という言葉(「多声類」と呼ばれることもある)。

ニコ動黎明期には、後にメジャーデビューを果たしたピコ”(男性)赤飯”(男性)、現在名探偵コナンの主題歌を歌っているVALSHE”(女性)、女性でありながら女性から圧倒的な人気を誇る96猫”(女性)、先日歌い手引退を発表したvip店長”(男性)など、多くの両声類が存在し、ランキングの上位を独占していた。彼らは声優のように多彩な声色を操り、リスナーを魅了。ボカロPが制作した楽曲ありきで始まったボカロブームの中で、歌い手が大きく注目され始めたのは、少なからず彼らの力が影響している。

そんな両声類界で今注目されているのは、現役女子大生でありながら女声を練習中というイケボ歌い手いかさん”(女性)。男声のクオリティの高さはもちろん、時には男女の声を1人2役で歌い上げたり、多い時は8役分を1人で歌い分け、リスナーを驚かせている。

 

 

アルスマグナ「徹底したキャラ設定のアイドル系」

今年メジャーデビューし注目を集めているのが、「踊ってみた」カテゴリで人気を博している2.5次元系コスプレダンスユニット“アルスマグナ”。“私立九瓏ノ主(クロノス)学園に通う生徒と先生”という徹底したキャラ設定にも関わらず、キャッチーな楽曲とコミカルなパフォーマンスが親しみやすく、新感覚のアイドル像を確立している。

 

また、アイドルという括りでは活動していないが、歌い手ファンの中でアイドル的人気を誇っているのが“聖Smiley学園”(7月のライヴでvip店長が卒業)。これは、“ROOT FIVE”のメンバーとしても活動中の“蛇足”、“みーちゃん”、“けったろ”を始め、両声類としても紹介した“vip店長”、少年のようなハイトーンボイスが魅力の“コゲ犬”など、ニコ動黎明期から活躍している人気歌い手達が声優を務める学園物ドラマCD、それに連動して行われるライブ活動・音楽活動を行う2.5次元ユニットのことで、ライブでも、歌うだけでなく、ダンスをしたり、セリフを言ったりと、歌い手という枠を越えたパフォーマンスを披露している。

 

 

ROOT FIVEオフィシャルサイト

luzオフィシャルサイト

りぶオフィシャルサイト

伊東歌詞太郎

米津玄師オフィシャルサイト


「ROOT FIVE」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    1位

  2. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    2位

  3. 『ファインディング・ドリー』タコのハンクは○○依存症だった!? ボーナス映像一部解禁!

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS