「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

伝統を継ぐものたちー石山染交 「染と刺繍展」

2015.9.29 (火) 17:23

シェア
 

石山染交は元禄の昔、徳川五代将軍綱吉の時代、京都より新潟を経て現在の山形県屋代村、竹ノ森に居を移し、初代石山五右衛門を名乗りました。
数えて現代の当主は十三代目に当たります。
その後"山五"を商標として広く呉服物を扱い、八代目石山五右衛門の時より染物(藍染)を始め、屋代村の三代名家(酒井、長谷川、石山)として栄え、明治、大正、昭和を経て昭和25年、現在の地・墨田区に石山染交を設立いたしました。
一般的には染色、刺繍と分業で行う作業も、石山染交のみで染色・刺繍加工の職人技を持っており、日本の伝統歌舞伎に納品するほどの技術力を持っています。
平成十一年に伝統歌舞伎の振興に貢献した功績により、文化庁長官章を受けるほど歌舞伎との交わりが深く、雅楽などの伝統芸能のほか、舞台衣装から半纏まで、染と刺繍の技を活かしたものづくりをしています。
今回、歌舞伎と雅楽の衣装から生み出された作品をAnjinにて展示いたします。
また、石山染交の染と刺繍の技から作られ、墨田区のブランド認証「すみだモダン」を受けた商品も展示・販売いたします。

元の記事を読む

開催概要

会期: 2015年9月25日(金) - 10月12日(月)
会場: 代官山蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア
開館時間: 朝9:00~深夜2:00
主催: 代官山 蔦屋書店・Anjin
後援:すみだ地域ブランド推進協議会 
協力: 石山染交
お問い合わせ: 03-3770-1900 

代官山 蔦屋書店へのアクセス

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5

代官山 蔦屋書店の場所・アクセスを見る


関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  4. No.4 京都・伊藤久右衛門「紫陽花パフェ」「紫陽花パンナコッタ」を5月18日から提供
  5. No.5 バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」羽田空港に4月1日から出店

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)