「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

なんともハイカラな和洋折衷センス。文房堂「復刻版 大學ノート」

2014.11.17 (月) 12:52

シェア
文房堂 復刻版 大學ノート1,620円(税込)。表紙はツバメとイーグルの2種。サイズはオリジナルと同じ7寸(210ミリ)X5寸5分(165ミリ)で、B5よりひと回り小さい

文房堂 復刻版 大學ノート1,620円(税込)。表紙はツバメ(左)とイーグル(右)の2種。サイズはオリジナルと同じ7寸(210ミリ)X5寸5分(165ミリ)で、B5よりひと回り小さい。罫は7ミリ幅、23行、72ページ。本文用紙は特別抄造紙を採用

日本に来た外国人が、その品質の素晴らしさに驚く日用品の一つに、日本の文房具がある。高評価の理由は、デザインが洗練されており、精密で、種類も豊富であること。海外にも美しくて機能性に優れた文房具はあるが、エグゼクティブ仕様のコレクターアイテムであることが多く、日本の製品のように気軽に日常使いできるものはあまりない。そんな状況の中、三菱鉛筆、パイロット、コクヨといった日本の大手メーカーは海外に進出し、世界各国の暮らしに浸透してきた。

一方で、最近は大量生産品ではない、職人が手作りするノートなどが注目を浴びている。国際色豊かな街、代官山にある蔦屋書店 代官山の文具コンシェルジュ篠塚陽子氏も、「こだわりの感じられるノートをお土産として買われる海外のお客様が増えています」と話す。店頭で見て、触ってわかるクオリティーの高さが人気だ。

“大学ノート”の元祖を明治時代の製法で復刻

神保町の古書店街でも一際レトロなたたずまいが人気の神田店

当時のノート

中でも篠塚氏がイチオシする定番ノートが、文房堂の「復刻版 大學ノート」だ。文房堂は、本と学生の街、東京の神田神保町にある1887年(明治20年)創業の画材店。創業時は洋書店の一角に店を構え、洋書を買いに来る大学生を相手に繁盛していたという。1890年、当時出回っていた安価なノートよりも紙質、デザイン、製本などの面で勝るノートを作って売り出したところ、値段が多少張るにもかかわらず、ハイカラさや丈夫さが学生の間で受けてヒット。それから120年余り、2013年に発売された「復刻版 大學ノート」は、現在流通している大学ノートの前身といえるそのノートを、明治時代の製法で忠実に再現したものだ。

毎日使うたびに実感する、細やかな職人技

職人が1冊ずつ手作業で作り上げる

開きの良さが抜群だ

中原中也、有島武郎、横溝正史らが使っていた原稿用紙も復刻

発売当初からこのノートを取り扱っている篠塚氏によると、「実際に使ってみて驚くのが、開きの良さ」。フラットに開いたまま戻ってこないので、ストレスを感じることがまったくない。その秘密は、「帳簿糸かがり綴じ」という明治時代に西洋から伝わった製本方法にある。帳簿のように毎日閉じ開きして書き込むことを前提にした作りで、職人が一冊ずつ手作業するため手間はかかるが、耐久性にも優れているという。また背表紙には布製のクロスを採用しており、紙クロスにはない光沢感や肌触りが特徴。そして篠塚氏が個人的に惹かれるというのが、多くの作家や芸術家にも愛されてきたという文房堂の伝統だ。

「文房堂といえばノート以外にも原稿用紙が有名で、中原中也、有島武郎、横溝正史らが使っていた原稿用紙も復刻されています。お客様に商品を紹介する者としては、そういったブランドの歴史をお伝えできることも魅力ですね」(篠塚氏)

明治特有の和洋折衷のセンスと、日本の職人技の細やかさが光る「復刻版 大學ノート」。お土産に最適なのはもちろんのこと、自分の手元にも置いておきたい一冊だ。

(文:海田恭子)

【代官山 蔦屋書店】
文具コンシェルジュ 篠塚陽子 氏

新卒入社した書店で書籍と文具を担当。その後、ヨーロッパの高級洋食器を扱う会社で店舗での販売業務に携わる。代官山 蔦屋書店のオープンをきっかけに再び文具の世界に。販売員としての豊富な経験を活かし、文具をモチーフにした魅力的なライフスタイル提案を行う。

このコンシェルジュの他の記事を読む  他の代官山 蔦屋書店コンシェルジュの記事を読む  コンシェルジュブログ


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

チョコレート体験型ブランド「CHOCOLATE BANK」鎌倉に1月28日オープン。ca ca oが贈る“チョコレートと魔法の世界”

  1. No.1 チョコレート体験型ブランド「CHOCOLATE BANK」鎌倉に1月28日オープン。ca ca oが贈る“チョコレートと魔法の世界”
  2. No.2 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 「アーモンドミルクカフェ」表参道に6月15日から期間限定オープン
  5. No.5 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)