品切れ続出の「インク不要のペン」の新作! 文具界を沸かせた「CUBAN」の魅力とは

2015.8.24 (月) 12:05

シェア
「CUBAN」(本体:長さ 10cm/重量 31g)6,480円~8,100円(税込)

「CUBAN」(本体:長さ 10cm/重量 31g)6,480円~8,100円(税込)

2014年11月に発売されるやいなや、あっという間に完売した「FOREVER・ピニンファリーナ・カンビアーノ・ペン」。このペンについて、最も人々の心をつかんだのが「インクを必要としない」という点。つまり、ボールペンなどと異なりインク切れに見舞われることなく半永久的に使用できるという、文具界における前代未聞のアイテムだったのだ。

このインクレスペンにコンパクトモデルが登場した。イタリア製の銘品「4.EVER CUBAN -フォーエバー キューバン-」の魅力とは?

「CUBAN」に惚れずにいられない、3つの理由

その1、あのレオナルド・ダ・ヴィンチも愛した!? 西洋の歴史が息づく技術

筆圧に応じてクレヨンのようなタッチで書くことができ、本体も軽いので女性にも使いやすい「CUBAN」。合金製のペン先が紙との摩擦で酸化して跡を残すので、インクを使わずとも書き続けられるという仕組みだ。

ステーショナリーに新時代の到来かと思いきや、実は、このメタルチップタイプのペンの歴史は中世ヨーロッパにまで遡ることができる。ルネッサンスの時代には、“世紀の天才”レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとする、著名な芸術家・哲学者達も愛用していたらしい!


その2、イタリア生まれの洗練されたデザイン

ナチュラルな木目調に加えて、シマシマ模様の木軸とツヤ消しブラックの木軸の2種類が仲間入り。

モダンかつスタイリッシュなフォルムが印象的。製品化までの全ての工程をイタリアで行っていて、ウッドのボディはイタリアの新進デザイナー、セルジオ・モリ氏による革新的で人間工学に基づいたデザインだ。

その3、あえて目に触れるところに置いておきたい! 美しい佇まい

消しゴムでは消せないので、長文の執筆などには向かないが、ちょっとしたサインや、メモ用などに使うと重宝しそうだ。専用のアルミケースに入ったタイプのほか、丸いスタンドがセットになっているタイプも。スタンドセットは、代官山蔦屋書店にて数量限定で取り扱っている。

玄関先に置いておいて、宅急便などを受け取る際などにサインをするのに使ったり、メモとともにデスクや電話の脇に……など、生活感が出がちな部屋の1コーナーを、おしゃれに演出してくれそうだ。


おしゃれで、経済的にも環境的にもエコ。何より、ペンの買い替えやインク交換の手間が格段に減って、わずらわしくないのがいい。プレゼントにチョイスすれば、男性にも女性にも喜ばれそうな逸品だ。


問い合わせ先:代官山 蔦屋書店
TEL:03-3770-2525

「4.EVER CUBAN -フォーエバー キューバン-」購入サイト


関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)