「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

「バックヤード(裏庭)」に自分だけの公園を作る!? ポートランドのガーデニングが自由すぎる!

2015.9.13 (日) 18:31

シェア

「ジョエルが、庭のリンゴを収穫している様子。左に見える大きな木が柳の木、右がリンゴの木、その真ん中に彼の家」

ポートランドでは「バックヤード」がスゴい!

多くのカルチャーを発信し、ここ数年の日本に特に影響を与えている都市といえば、アメリカ西海岸のポートランドだ。現地では我々がまだ見ぬ驚きの暮らしを伺うことができる。

今回ご紹介するのは「バックヤード(裏庭)」。裏庭というと、意識して作り込んだり、思い入れを持って手入れをすることが少ないように思う。しかし、ポートランドの「バックヤード」にあったのは、想像を超えた遊び心だった。

現地に暮らすフォトグラファー・島崎征弘さんが、その憧れずにはいられない、素敵な「バックヤード」と住人の暮らしぶりを紹介してくれた。

「バックヤード」はプライベートな公園!

コーヒーショップオーナーのJoel(ジョエル)さん

今回おじゃまするのは、コーヒーショップオーナーJoel(ジョエル)さんのおうち。

彼の家はポートランドSE(サウスイースト)の閑静な住宅街にある。1920年に建てられた家で、ジョエルさんご家族は2代目の住人。

ジョエルさんにとって、バックヤードは、個人の公園のようなものだという。“I wish the house was smaller and the yard was bigger.(家よりもバックヤードが大きい方がいい)”とは彼の弁。

アメリカの庭では、ありえない位の大きな木をよく目にするが、特に夏、家を快適な温度に保つために最も重要な役割を果たすのだという。ジョエルさん宅も然りだ。柳の木、ツツジを植えたのはお母さんで、彼は柳の木が一番のお気に入り。それと、柳の木の反対側にあるレンガ作りの曲線もクールで気に入っているのだとか。

■ジョエルさん宅のバックヤード(島崎さん撮影)

  

「採ったリンゴで、ジャム?アップルパイ?」

「ジョエルの後方に彼のお気に入りのレンガ作りの曲線」

「彼はバックヤードで、こうやってくつろいだり、読書や夕食、友達との集い、いろいろやります」

「グラニースミスのリンゴの木、形が不思議」

(取材・撮影:島崎征弘)

Joelさんのコーヒーショップ

■現地フォトグラファー

島崎 征弘(しまざき・まさひろ)
2014年からアメリカ・オレゴン州ポートランドを拠点に活動中のフォトグラファー。2006年に独学で写真をはじめる。東京都内スタジオ勤務、フォトグラファー西澤崇氏に師事後、独立。

Web
Instagram:mazabiro

◆あわせて読みたい(ほかのバックヤードも見てみる)

ポートランドでは家より重要? 「バックヤード(裏庭)」の箱庭ぶりが素敵すぎる!


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 梅体験専門店「蝶矢」京都に4月1日オープン。梅酒・梅シロップを100通りから自分好みに
  3. No.3 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 スタバのステンレスボトル、STANLEY&藤原ヒロシ主宰Fragment Designとコラボ。6月27日発売

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)