「バックヤード(裏庭)」で集い、食べ、眠る。ポートランドのリラックス空間が心地よすぎる!

2015.9.13 (日) 18:28

シェア
  

「全体像。何と言ってもメープルの影が美しい」

ポートランドでは「バックヤード」がスゴい!

多くのカルチャーを発信し、ここ数年の日本に特に影響を与えている都市といえば、アメリカ西海岸のポートランドだ。現地では我々がまだ見ぬ驚きの暮らしを伺うことができる。

今回ご紹介するのは「バックヤード(裏庭)」。裏庭というと、意識して作り込んだり、思い入れを持って手入れをすることが少ないように思う。しかし、ポートランドの「バックヤード」にあったのは、想像を超えた遊び心だった。

現地に暮らすフォトグラファー・島崎征弘さんが、その憧れずにはいられない、素敵な「バックヤード」と住人の暮らしぶりを紹介してくれた。

「バックヤード」は家そのもの! 布団を敷いて寝る日も

弁護士のJose(ホセ)さんら一家。「家族写真。サンタの帽子の子がマニュ、その隣が、フランク」(島崎さん)

Jose(ホセ・父)、Rosa(ロサ・母)、Manu(マニュ・長男)、Frank(フランク・次男)がポートランドに移り住んできたのは8年前。

彼らにとってバックヤードは、他の人たちと比べてもかなり特別なもの。

4人暮らしの彼らにとって、彼らが暮らす築107年という長い歴史のある家は通常のアメリカ住宅に比べると小さく、家とほぼ同じスペースのバックヤードは、「家と変わらない」存在。

大きなメープルの木が家全体を包み込み、日中でも陽の光と影が心地よい。夏の期間は、休日に大半の時間をバックヤードで過ごすことも多いという。島崎さんいわく、「二人の子供が遊んでいて、かなり楽しげな雰囲気」。熱帯夜には、バックヤードに布団を敷いて寝る日もあるのだとか!

■ホセさん宅のバックヤード(島崎さん撮影)

「マニュ。バックヤードは彼らの一番の遊び場」

「絵を描くのが好きなフランク。将来はアーティストになること濃厚」

「木が気温をコントロールしています」

「友人、親戚を招いても、食事会も日常茶飯事」

「夫婦二人ともクリエイティブにあふれていて、遊び心が随所に感じられます。植物もたくさん育てています」

「子供たちは、このバックヤードに、いろんな仕掛けをして楽しんでいます」

(取材・撮影:島崎征弘)

■現地フォトグラファー

島崎 征弘(しまざき・まさひろ)
2014年からアメリカ・オレゴン州ポートランドを拠点に活動中のフォトグラファー。2006年に独学で写真をはじめる。東京都内スタジオ勤務、フォトグラファー西澤崇氏に師事後、独立。

Web
Instagram:mazabiro

◆あわせて読みたい(ほかのバックヤードも見てみる)

ポートランドでは家より重要? 「バックヤード(裏庭)」の箱庭ぶりが素敵すぎる!


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催

  1. No.1 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  2. No.2 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  3. No.3 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  4. No.4 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  5. No.5 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)