アルテックとミナ ペルホネンがコラボした「スツール 60」新シリーズが登場

2017.9.5 (火) 16:39

シェア
photo by Kazuhiro Shiraishi

photo by Kazuhiro Shiraishi

家具や照明器具、ホームアクセサリーなどを展開するフィンランドのインテリアブランド「アルテック」が、日本のファッション&テキスタイルブランド「ミナ ペルホネン」とのコラボレーションによる「スツール 60」の新たなシリーズを発表。2017年9月1日(金)より、アルテック取り扱い店舗、ミナ ペルホネン一部直営店、および双方のオンラインショップで受注開始、10月21日(土)より店頭にて一般発売を行う。

80年以上愛され続ける「スツール 60」とは?

photo by Kazuhiro Shiraishi

photo by Kazuhiro Shiraishi

photo by Kazuhiro Shiraishi

photo by Kazuhiro Shiraishi

最も影響力を持った20世紀の建築家のひとりであるアルヴァ・アアルトが、曲げ木の技術L-レッグを応用し誕生したスツール60は、80年以上の時を経た今もなお、当時と変わらぬ手法を使い、フィンランドのアルテックの工場で作られている。アルヴァ・アアルトは、特別な誰かのためのデザインではなく、機能性と実用性を兼ね備えた優れたデザインを大衆に広く普及させたいというモダニズムの思想を持ち続け、同時に家具デザインの多様性と自由さを大切に考えていた。フィンランドの木材を用いた高い品質と、彼の技術と哲学を受け継ぐスツール60は、国や文化を越え世界中で親しまれている。

周りの空間とも自然と繋がる、“偶然の調和”がコンセプト

photo by Kazuhiro Shiraishi

photo by Kazuhiro Shiraishi

photo by Kazuhiro Shiraishi

photo by Kazuhiro Shiraishi

「Stool 60 minä perhonen series」を写真でもっと見る

この「スツール 60」 と、ミナ ペルホネンが開発した生地「dop」が現代の日本で出会い、誕生したのが「Stool 60 minä perhonen series」。長い年月使い込む過程で表面が擦り切れ、裏側の色が新たな表情として表れることで、経年変化を楽しむことができるテキスタイル「dop」を用い、テーマやカラーを変えて継続していく。

初回ラインナップは、10種類。ミナ ペルホネンのデザイナーである皆川 明氏が“偶然の調和”をコンセプトとして、色鮮やかで美しい生地と脚の色の組み合わせをセレクトした。皆川氏は、「完璧な色の計算は逆に他の色との調和を拒んでしまいます。スツールの脚の色と座面は互いに良い距離で繋がり周りの空間にある色とも緩やかに繋がる余白を持つというのが今回の色彩計画です。その事で空間は野原の草花のように自然な繋がりを持つでしょう」とコメントを出している。

価格は、1脚37,000円(税抜)。


シンプルながらも、美しく、長く使い続けられる機能性と実用性をもつスツール。暮らしを豊かにしてくれる“良いもの”を、生活に取り入れてみては。

■商品情報

「Stool 60 minä perhonen series 1」

発売日/2017年10月21日(土)
値段/各37,000円(税抜)

Artek 公式サイト

Artek 日本公式サイト


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連記事

関連タグ

皆川明 100日WORKSHOP

皆川明 100日WORKSHOP

ミナペルホネンの布地を使って、暮らしに空想を取り入れよう。

作品詳細・レビューを見る

ミナ ペルホネンと皆川明 Casa BRUTUS特別編集

ミナ ペルホネンと皆川明 Casa BRUTUS特別編集

作品詳細・レビューを見る

ミナペルホネンのテキスタイル 1995-2005

ミナペルホネンのテキスタイル 1995-2005

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

  1. No.1 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選
  2. No.2 『このマンガがすごい! 2018』12月9日発売。オトコ編・オンナ編をランキングで発表
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 「福岡城 チームラボ 城跡の光の祭」12月1日から。夜の舞鶴公園が光のデジタルアート空間に
  5. No.5 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)