「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

【フェア】新創刊「ぶ ~江戸かぶく現代~」かぶく現代の表現者たち

2018.5.22 (火) 17:33

シェア

かぶく。
それは普通ではないということ。
異端を恐れず時代の先端を行くということ。
伝統は革新の連続だ。
江戸は未来だ。

明治維新からちょうど150年、
現代のかぶく表現者たちによる日本文化の再構築がここに始まる。

今年3月に創刊し、反響を呼んでいる新和文化雑誌「ぶ ~江戸かぶく現代~」。
「ぶ ~江戸かぶく現代~」の販売とともに、「ぶ」をプロデュースした中目黒のきもの屋KAPUKIの新作浴衣や袢纏、「ぶ」でフォーカスされている現代のかぶく表現者たちによって作られた様々な限定アイテムなどの"ぶ〜ポップアップストア"も行います。

■新和文化雑誌「ぶ ~江戸かぶく現代~」とは
世界最大で、最高の文化、芸術を有した江戸という都市。
そこから転じて明治維新から現代まで、この国の興味の大半は海外に向けられ、人も風景も欧米化されてきました。 貨幣経済が行き過ぎた今こそ、戻るべき価値観のある江戸をもう一度日本人の心に取り込み、 今この日本で、最高にかぶいているアーティストにフォーカスしていくメディアが立ち上がります。
創刊号の表紙は、ボールペンによる圧倒的な表現力が話題のSHOHEI(大友昇平)氏による作品。
気になる中身は、パンクバンド「切腹ピストルズ」のライブ写真&インタビューを始め、現代の千利休・松村宗亮氏のフォトストーリー&インタビュー、モデル・秋本梢氏をファッションディレクターに迎え、豪華8名のミューズが登場する「浮世絵現代」などのビジュアルページ。
加えて、染織史・服飾史研究家の丸山伸彦教授の江戸文化論や、菱川師宣の遅咲きのアーティスト論、現代を生きた江戸人・杉浦日向子氏の著書に読む現代人へのメッセージなど、読み物ページも充実の内容となっています。

開催概要

会期 2018年6月 1日(金)〜2018年6月30日(土)
時間 7:00~深夜2:00(営業時間)
場所 蔦屋書店2号館 1階 ブックフロア
参加費
申し込み方法
定員 -
講師/ゲスト
主催 代官山 蔦屋書店
共催・協力 株式会社KAPUKI
オークラ出版
問い合わせ先 03-3770-2525
ホームページ

元の記事を読む

代官山T-SITEへのアクセス

蔦屋書店:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
GARDEN:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15

代官山T-SITEの場所・アクセスを見る


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース
  3. No.3 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 【アニメ化】漫画『ゴールデンカムイ』が面白い! 今絶対に読むべき理由をTSUTAYAマンガ通がプレゼン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)