「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

【イベント】代官山文学ナイト:津村記久子のなんでも質問箱vol.6『ディス・イズ・ザ・デイ』(朝日新聞出版)刊行記念

2018.5.26 (土) 00:00

シェア

「こういう話をしてるとさ、どんな気持ちでも生きていけるんじゃないかって思うよね」

22チームの22人のファンたちは、それぞれの思いを抱いて2部リーグ今季最終試合の「その日」に向かう。職場の人間関係に悩む会社員、別のチームを応援することになった家族、憧れの先輩に近づきたい男子高生、十数年ぶりに再会した祖母と孫など、ごく普通の人々のかけがえのない喜びを、サッカーを通して鮮やかに描き出す連作短編集。

本書『ディス・イズ・ザ・デイ』(朝日新聞出版 1,728円/税込)の刊行を記念し、津村記久子さんをお招きしてトーク&サイン会「津村記久子のなんでも質問箱」vol.6を開催いたします。

当日、開場予定の18時30分からイベントスタートの19時までの間、イベント参加の皆様から津村さんへの質問を受け付けます。会場に紙と鉛筆の用意がございます。
20分ほどのミニトークのあと、時間の許す限り、津村さんが皆様からの質問にお答えいたします。

店内でのイベントです。トーク部門終了後、サイン会となります。下記参加方法をお読みください。

【参加条件】
2018年5月26日(土)午前7時より下記お申し込み方法いずれかにて、ご予約を承ります。
トークイベント参加券(1,000円/税込)、または、書籍『ディス・イズ・ザ・デイ』付きトークイベント参加券(2,400円/税込)をお買い上げになることが参加条件です。

『ディス・イズ・ザ・デイ』の当店での発売日は6月7日(木)です。イベント当日以前に店頭にて書籍と参加券のお受け取りをご希望の方は、6月7日(木)以降よりお渡しが可能となります。オンラインストアでお申込みの方も、発送は6月7日(木)以降となります。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
①代官山 蔦屋書店 店頭(1号館1階 レジ)
②オンラインストア
③お電話 03-3770-2525 人文フロア

【対象商品】
・トークイベント参加券(1,000円/税込)
・書籍『ディス・イズ・ザ・デイ』付きトークイベント参加券
※トーク後のサイン会にも参加可。(2,400円/税込)

【ご注意事項】
・参加券はお一人1枚とさせて頂きます。ご購入後に「トークのみ」「書籍付き」の券のタイプを変更することはできません。
・お一人で何回もサイン会列に並ぶことはできません。
・券の再発行はできません。ご了承ください。
・今回のサイン会ではすべて、書籍にお客様のお名前入れ(為書き)を致します。
・お名前入れのないサイン本はお断りさせて頂きます。
・サインは対象本のみです。古書の持ち込みはご遠慮ください。
・また色紙など、本以外の物へのサインは致しかねます。
・録音・撮影は禁止となっております。
上記をご了承の上ご参加くださいますよう、よろしくお願い致します。

【プロフィール】
津村 記久子 (つむら・きくこ)
1978年大阪府生まれ。2008年『ミュージック・ブレス・ユー!!』で野間文芸新人賞、09年「ポトスライムの舟」で芥川賞、11年『ワーカーズ・ダイジェスト』で織田作之助賞、13年「給水塔と亀」で川端康成文学賞、16年『この世にたやすい仕事はない』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、17年『浮遊霊ブラジル』で紫式部文学賞を受賞。著書に『カソウスキの行方』『八番筋カウンシル』『とにかくうちに帰ります』『ウエストウイング』『エヴリシング・フロウズ』『枕元の本棚』『まぬけなこよみ』など多数。

開催概要

会期 2018年7月 4日(水)〜2018年7月 4日(水)
時間 19:00~
場所 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
参加費
申し込み方法
定員 50名
講師/ゲスト
主催 代官山 蔦屋書店
共催・協力 朝日新聞出版
問い合わせ先 03-3770-2525
ホームページ

元の記事を読む

代官山T-SITEへのアクセス

蔦屋書店:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
GARDEN:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15

代官山T-SITEの場所・アクセスを見る


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 NYブルックリンに日本食の巨大複合施設「JAPAN VILLAGE」今夏オープン
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース
  5. No.5 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)