朝ドラ『マッサン』で盛り上がる「酒」がビジネスシーンでも話題! その背景とは?

2014.11.18 (火) 21:49

シェア

(C)Jag_cz

 “日本酒とフレンチのマリアージュ”、“家飲み派女子急増”など、時代の遷り変わりとともに新たなブームが飛び出す、酒。食文化との関わりはもちろん、「今年はビジネス本のジャンルでも“酒”が大注目のキーワードです」と語るのは、代官山 蔦屋書店ビジネスコンシェルジュの渡部彩氏だ。

酒とビジネス本。一見、結びつかないこの2つがどうして今、トレンドなのか。「1つは、今や国内外から幻の酒と喝采を浴びる日本酒『獺祭』をヒットに導いた経営手法が着目されていること。そしてもう1つの理由が、連続テレビ小説『マッサン』の放映で、ウイスキーとその背景にあるマッサンのダンディーな生き方が再評価されていること。酒への注目度の高まりとともに、その背景にあるストーリーにちりばめられたビジネスのノウハウに関心が寄せられているのです」と渡部氏。

示唆にあふれる獺祭の開発ストーリー

安倍首相がアメリカのオバマ大統領やロシアのプーチン大統領にプレゼントしたことでも有名になった獺祭。かつて全国に3000以上あった酒蔵が半減する厳しい環境下で、「磨き二割三分」、「杜氏制度廃止」といった型破りの手法で看板商品を開発し、快進撃する旭酒蔵の桜井博志社長の思考法と信念が込められた1冊が『逆境経営』である。

桜井社長の古い友人でもあるコラムニストの勝谷誠彦氏が、獺祭誕生から飛翔までを第三者の視点で詳細に書き下ろした『獺祭 天かける日の本の酒』も合わせて読破すれば、メイドインジャパンが世界に羽ばたいた全容を知ることができそう。数々のエピソードは、今日これからの社内会議、明日の商談の場も救ってくれそうな示唆に富んでいる。

獺祭を生んだ型破り改革

『逆境経営』

桜井博志著 ダイヤモンド社刊

安倍首相がオバマ大統領に贈り世界中から注目を浴びている山口の地酒「獺祭」。型破りな経営改革を可能にした合理的思考法と熱い信念をつづる。

合わせて読みたい

『獺祭 天翔ける日の本の酒』

勝谷誠彦著 西日本出版社刊

20年前は知る人ぞ知る存在だった獺祭、地方の酒蔵の再生ストーリー、桜井博志の考え方を、コラムニスト勝谷誠彦が書き下ろした物語。

マッサンのダンディズムが若者に波及!?

一方、連続テレビ小説史上初の外国人ヒロインでも話題の『マッサン』人気も手伝い、売上が伸びているのがウイスキー。さらに、ウイスキー評論家ジム・マーリー氏が毎年発刊している、世界的に著名な英国のウイスキーのガイドブック『ウイスキー・バイブル』2015年版で、サントリーの「山崎シェリーカスク2013」が世界最高に選ばれるなど、ウイスキー市場は空前の活性化に期待が集まっている。

渡部氏が薦める『ウイスキーとダンディズム』は、マッサンこと日本ウイスキーの生みの親であるニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝の孫の竹鶴孝太郎の著書。マッサンのお酒の楽しみ方、スーツの着こなしなど、美意識と暮らし方がつづられた作品からは、ビジネスパーソンとしてのヒントを学べることも多いはず。「今、若い世代にもあえて床屋に行っている人が増えているんです。竹鶴政孝のダンディズムから、そんな今を読み解くこともできます」と、渡部氏も太鼓判を押す。

マッサンの生き方に迫る

『ウイスキーとダンディズム』

竹鶴孝太郎著 KADOKAWA刊

連続テレビ小説で大話題。若くからスタイルよくスーツを着こなし、仕事ぶりから生活まで本物志向だった“マッサン”の姿を孫の視点で描いた作品。

おいしくて、心を癒してくれて、そして人と人とのコミュニケーションでもある酒。その背景を映し出す本の奥に、私たちの生き方も見えてくる。

(文:野間麻衣子)

【代官山 蔦屋書店】
ビジネスコンシェルジュ 渡部彩 氏

ナショナルチェーン書店で書店員として勤務した後、IT系出版社の書店担当の営業として全国を行脚。2014年から代官山 蔦屋書店のコンシェルジュへ。本を売る側と作る側の経験を生かし、ワークスキル(実務的スキル)、ワークスタディ(経営や経済といった情報収集)、ワークスタイル(働き方)の3つの視点からビジネス書コーナーの強化に携わっている。

このコンシェルジュの他の記事を読む  他の代官山 蔦屋書店コンシェルジュの記事を読む  コンシェルジュブログ


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく

  1. No.1 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  2. No.2 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  3. No.3 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  4. No.4 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  5. No.5 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)