「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

一杯のコーヒーから始まる「ポートランドな暮らし方」

2015.4.29 (水) 22:50

シェア
  

カフェに行列して飲むだけがサードウェーブコーヒーではない

「全米で最も住んでみたい都市」1・2位を常に独占する、アメリカ西海岸オレゴン州にある都市・ポートランド。日本でも多くのメディアを賑わせ、特にここ1年はポートランドカルチャーが続々と上陸してきている。東京でもポートランドの暮らしを。今回紹介するのは、そんな心躍る日常のヒントを感じられるコーヒーのお話。  

生産者と直接つながって豆を仕入れ、最適な焙煎のもと、主にハンドドリップでの淹れ方にこだわって、味わいやフレーバーを最大限に引き出そうという「サードウェーブコーヒー」は日本にも根付きつつある。何を隠そう、それを牽引しているのがポートランド。カフェでただコーヒーを飲むのもいいけれど、ポートランドスタイルを暮らしに取り入れるなら、豆を買って自宅で淹れて楽しみたい。  

ポートランダー(ポートランドっ子)が大切にしているのは、日々をていねいに暮らすこと。持ち前の「DIY」精神で家に心地よい空間をつくり、自宅の畑や毎日のように開かれるフードマーケットで手に入れた野菜で食卓を彩る。なかでも一日のあらゆるシーンで親しまれるコーヒーは、彼らと最も密接な関係にある。自宅で豆を挽き、じっくりコーヒーを淹れるのも当たり前なのだ。なかには自家焙煎してしまう人もいるほどというから感服してしまう。

ポートランドの名店の豆が じつは日本でも手に入る  

東京都内でもサードウェーブコーヒーの豆を購入できる店が、ブームの波に乗って数を増やし続けている。ポートランドで愛されている名店「Stumptown Coffee Roasters(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)」の豆が、じつは渋谷にある「Paddlers Coffee(パドラーズ・コーヒー)」で手に入るのをご存じだろうか。ますます増えた選択肢から、好みの豆を見つけるのも楽しみのひとつ。  

「サードウェーブコーヒー」の豆が買えるショップ5選

あとは自宅でていねいにコーヒーを淹れてみたい。何気なく送っていた日常が、きっとかけがえのないものに変わるはず。コーヒー一杯から、ポートランダーのライフスタイルに一歩近づいてみては。


◆5月3日(日)オープンの二子玉川 蔦屋家電で「T-SITE LIFESTYLE SPECIAL ISSUE2015」を配布中!


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 梅体験専門店「蝶矢」京都に4月1日オープン。梅酒・梅シロップを100通りから自分好みに
  3. No.3 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 スタバのステンレスボトル、STANLEY&藤原ヒロシ主宰Fragment Designとコラボ。6月27日発売

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)