世界遺産・熊野古道に「フルサト」をつくる! 一体どういうこと?

2015.6.16 (火) 13:37

シェア

ネットを通じて出資を募るクラウドファンディング・サービス「BOOSTER(ブースター)」で、興味深いプロジェクトが立ち上がった。世界遺産・熊野古道がある和歌山県熊野地方の山村に「フルサト」をつくることを支援するというものだ。

元農協のビルを改装しアーティストインレジデンスをつくり、滞在するアーティストが制作活動をしながらビル管理や宿泊客の案内などの仕事をすることで、自立して活動費を稼げるようにすることを目指す。

支援すると特典もアリ!1カ月熊野に滞在できるチケットも

この活動を支援(資金提供)することで、オリジナルのリターンを得ることができる。

例えば、3,000円は熊野の自家製小麦を使用した天然酵母パン一斤、25,000円は「8月17日の熊野市花火大会で、チャーターされた漁船から花火を見る」参加権(定員10名)、300,000円は 熊野で暮らすための1カ月熊野滞在チケット(毎日温泉入湯券2カ所、5人まで可)など、バラエティ豊か。なお、資金提供は少額の1,000円から可能だ。

2015年7月31日(金)まで資金提供を呼びかけている。

都市部からも遠いからこそ「熊野がいい」

平安時代から続く世界遺産「熊野古道」がある和歌山県の熊野地方は、東京、大阪、名古屋のどの都市部からも遠い。しかし、だからこそ「いい」とプロジェクト起案者であり、日本各地に「ナリワイ」や「フルサト」を創っている伊藤洋志氏は言う。「遠ければ遠いほど、移動中に日常の雑念が取れるし、流行りの地域活性化事例として人が押し寄せて暮らしにくくなったりしにくい。それに自然と歴史以外にも、前向きな野心を持つ若者が集まる場所がこの熊野には何カ所もできてきている」。

お金を稼ぐことだけが仕事(ビジネス)ではなく、お金を稼ぎながら仕事自体が楽しく生活の質が高まる仕事をつくることができれば、人の心も社会もさらに豊かになっていきそうだ。

BOOSTER クラウドファンディング募集ページ


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし

  1. No.1 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  2. No.2 『スッキリ』で紹介された赤ちゃんのための絵本『うるしー』『もいもい』って? 【2018年3月8日放送】
  3. No.3 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  4. No.4 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  5. No.5 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)