「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

「大地の芸術祭」が秋田に出張!? 無料で楽しめる里山アートフェス9月13日まで開催中

2015.8.13 (木) 12:33

シェア

新潟・十日町市で開催されている「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」初の飛び地イベントとして2012年からスタートした「KAMIKOANIプロジェクト秋田」。4回目となる今年は、秋田県内外の32作家が現代アートを中心とした約70点の作品を出展する。2015年8月1日(土)~9月13日(日)までの44日間、上小阿仁村八木沢(かみこあにむら・やぎさわ)集落をメイン会場とし、全3会場で多彩なイベントが開催される。

村の「良さ」をアートで再確認する。原点回帰の試み

秋田・上小阿仁村は、秋田県のほぼ中央に位置する人口約2,500人の山村。国有林野を有し、古くは藩政時代から「天然秋田杉の里」として知られている。

本プロジェクトのテーマである「ただ、ここに、在り続けたい。」という言葉には、めまぐるしい現代社会の新しさよりも、むしろ残っている文化を深めることに新しい価値を探そうとする想いがこめられている。この村とアーティストの想像力が交差することで、ここでしか見られない作品やイベントに出会うことができるのが魅力だ。

プロジェクトのメイン会場となる八木沢集落は、村の奥地にあり、十数人が暮らす小さな里山集落。もともと沖田面小学校八木沢分校だった八木沢公民館が会場の拠点だ。八木沢公民館には、陶芸・漆造形作品を展示。また期間中の土・日曜日とお盆期間(8月12日~17日)は、八木沢カフェを営業し、地元のお母さんたちによる手づくり夏野菜カレーや地元特産の食用ほおずきジュースなどを販売。また棚田が広がる屋外に現代アートをメインとした作品を展示するほか、秋田杉で作った舞台を設置し、各イベントを披露する。

なかでも注目は、今年初参加となる現代美術作家の滝沢達史氏の作品。村に滞在しながら廃校となった小学校の素材や上小阿仁村ならではの素材を使いながら仕上げている。

また、作品の鑑賞は一部を除き無料で楽しむことができる。土・日曜日を中心に催される音楽・舞踏・伝統芸能なども合わせてチェックを。作品を巡り、イベントに参加しながら、日本の里山のすばらしさを堪能したい。

タチ(松本慎吾)

タチ(松本慎吾)

Bearer of a message(木村剛士・二宮諒)

Bearer of a message(木村剛士・二宮諒)

■開催概要

「KAMIKOANIプロジェクト秋田」
会期:2015年8月1日(土)~9月13日(日)午前9時~午後5時(屋外作品は鑑賞自由) 
※会期44日間・期間中無休
会場:秋田県北秋田郡上小阿仁(かみこあに)村 八木沢(やぎさわ)、沖田面(おきたおもて)、小沢田(こさわだ)の3会場
※大館能代空港より車で約60分、秋田市内より車で約90分、会期中の土・日曜日(8月22日を除く)は秋田駅および秋田県庁より予約制シャトルバスを運行
入場料:無料(一部イベントには事前申し込みやチケットが必要)

「KAMIKOANIプロジェクト秋田2015」公式サイト


フォトギャラリー


関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 「アートアクアリウム」2018年は東京・名古屋・上海で開催。前売りチケット6月1日発売スタート
  5. No.5 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)