【新スポット】秋冬の沖縄、鍾乳洞「ケイブカフェ」のある“ガンガラーの谷”!

2015.8.17 (月) 10:00

シェア

お盆も過ぎ、近づいてくる秋の足音。

沖縄で体験する鍾乳洞のカフェ・ケイブカフェ。都会では絶対に味わえない空間だ 提供

沖縄で体験する鍾乳洞のカフェ・ケイブカフェ。都会では絶対に味わえない空間だ 写真提供:ガンガラーの谷

第6回ナンバーくじの賞品にもなっている沖縄。10月中旬から12月中旬という、台風シーズンが過ぎたこの時期の沖縄は、暑さもそこそこ、気候も安定しており、過ごしやすい環境だ。首里城や美ら海水族館もいいが、ここは趣向を変えて、鍾乳洞にカフェがある秘境「ガンガラーの谷」はいかがだろう。

ライブも行われる「ケイブカフェ」

那覇空港から車で約30分ほどの場所にあるガンガラーの谷。数10万年前まで鍾乳洞だった場所が崩落して、亜熱帯の森となっている。そんなガンガラーの谷の入り口にあるのが「ケイブカフェ」だ。

パーティー会場としても使えるというガンガラーの谷・ケイブカフェ

パーティー会場としても使えるガンガラーの谷・ケイブカフェ 写真提供:ガンガラーの谷

鍾乳洞の空間をそのまま活用してカフェとして営業。自然の天井のため、水滴もたまに落ちてくる。そんな鍾乳洞の空間でお茶ができるのも驚きだが、パーティー会場としても開放しているのである。

また、アコーディニストのcobaは、2009年からガンガラーの谷に魅せられ、毎年この場所で音楽イベント「魂の音楽祭 マブイオト」を主催している。今年の11月28日(土)・29日(日)に行われる「マブイオト」には、野宮真貴カジヒデキが出演する予定だ。

考古学・自然…圧倒される「ガンガラーの谷」見学ツアー

入り口であるカフェだけでも、盛りだくさんのエピソードで圧倒されるが、もちろんその先にあるガンガラーの谷全体も堪能できる。

自然はもちろん、現在も発掘調査が続く考古学調査の邪魔をしないために、谷を回るにはガイドが同行する見学ツアーへの参加が必要だ。

日本人のルーツといわれる港川人が2万年前に居住していた可能性もあるという場所でもあるガンガラーの谷。約1時間20分かけて回る見学コースには、古くから命の誕生を願いに人々が訪れる洞窟や、「森の賢者」と称される巨大なガジュマルが迎える。

険しい道中を想像してしまいそうだが、行程は約1キロで「履きなれた靴であれば、サンダルやクロックスでもOK」という道のりなので、安心だ。

初めて沖縄を訪れた人ももちろん、何度か訪れたことのある人も楽しめること間違いなしだ。

>生命の神秘をたどる旅!ガンガラーの谷ウォーキングツアー[南城市]

平日の1泊沖縄旅行ならば、ケイブカフェのように、普段では立ち寄りそうにない場所へ、のんびりと足を運びたいものである。

【あなたのT会員番号で豪華賞品・Tポイントが当たる!!】
も当たる、T-SITEナンバーくじが8/18(火)~9/1(火)開催中。
今すぐ応募して沖縄旅行を手に入れよう!

今すぐキャンペーンに応募する


関連記事

関連タグ

実況録音盤 野宮真貴、渋谷系を歌う。 Miss Maki Nomiya sings Shibuya-kei Standards

実況録音盤 野宮真貴、渋谷系を歌う。 Miss Maki Nomiya sings Shibuya-kei Standards

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 スタンディングワークも自在に。昇降式デスク「Freedeskデスクライザー」6月1日発売

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)