「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

名作映画『銀河鉄道の夜』を夜空の下で鑑賞! 「博物館で野外シネマ」10月2日・3日に開催

2015.9.10 (木) 11:55

シェア
「博物館で野外シネマ」イメージイラスト(c)shunshun

「博物館で野外シネマ」イメージイラスト(c)shunshun

昨年2日間で8,600人を動員し好評だった「博物館で野外シネマ」が、今年も2015年10月2日(金)・3日(土)に東京国立博物館で開催される。第2回の作品は、杉井ギサブロー監督「銀河鉄道の夜」(1985年、KADOKAWA)。

宮沢賢治も愛した博物館で「銀河鉄道の夜」を上映

「銀河鉄道の夜」作中画像 1 (c)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース

「銀河鉄道の夜」作中画像 1 (c)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース

「銀河鉄道の夜」作中画像 2 (c)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース

「銀河鉄道の夜」作中画像 2 (c)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA/アスミック・エース

今回は、宮沢賢治による名作を、ますむらひろしが描く猫のキャラクターにより長編アニメーション化した「銀河鉄道の夜」を上映。来年生誕120周年を迎える宮沢賢治は、東京国立博物館を愛し、足しげく通ったことが短歌や手紙に残されており、ゆかりのある場所での上映となる。映画の舞台となる夜空を眺めながら、宮沢賢治の世界に思いを馳せたい。

また今回は、前回よりもスクリーンが大きくなり、より多くの人が鑑賞できるようになった。本館前で上映される際は人数制限がないが、雨天時は平成館大講堂で行われるため先着380名となる。博物館の入館料が必要だが、野外シネマの追加料金は必要なし。

2014年「博物館で野外シネマ」の様子 (c)東京国立博物館

2014年「博物館で野外シネマ」の様子 (c)東京国立博物館

当日は22:00まで開館。ナイトミュージアムも楽しめる

東京国立博物館 本館(夜間開館時) (c)東京国立博物館

東京国立博物館 本館(夜間開館時) (c)東京国立博物館

「博物館で野外シネマ」上映日は、特別展「アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝」(別途料金が必要)、「博物館でアジアの旅」の期間中。「博物館でアジアの旅」では、研究員によるツアー形式のギャラリートークや伝統芸能の公演、伝統衣装の体験など、さまざまなアジア関連のイベントが催される。野外シネマの期間中は、22時まで特別夜間開館されるため、映画鑑賞後にも展示室を観覧できる。博物館に来る機会がなかった人も、賢治同様に博物館を楽しんでみては。

■開催情報

「博物館で野外シネマ」
開催日/2015年10月2日(金)・3日(土)
開催時間/19:00~(1時間40分程度)
会場名/東京国立博物館 本館前(東京都台東区上野公園13-9)
※雨天時は平成館大講堂(先着380名)

東京国立博物館公式サイト


関連記事

関連タグ

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

宮沢賢治の同名小説をますむらひろしがマンガ化し、それを原作として映画を制作したファンタジー。登場人物のほとんどが猫の姿で描かれている。監督は杉井ギサブロー。音楽を元YMOの細野晴臣が手掛けた。まだ小さいジョバンニは苦しい家計を助けるために、学校が終わってから町の印刷所で働いている。遠洋漁業に出ている父が帰らないこともあり、クラスの友だちからいじめられたりもしている。星祭りの夜、ジョバンニは届かなかった牛乳をもらうため、町はずれの牧場へ行き、そこで夜の空から突然降りてきた行き先の分からない汽車“銀河鉄道”に乗ってしまう。汽車にはすでに幼なじみのカンパネルラが乗っていた。ふたりは廃墟の駅“白鳥ステーション”で古代の動物の骨を発掘している現場を見たり、氷山に衝突して沈んだ豪華客船の乗客だった少女らに出会ったりしながら、不思議で幻想的な銀河の旅を続ける。だが、巨大な十字架の前を通り過ぎたとき、カンパネルラが思わぬ告白を…!?

作品詳細・レビューを見る

画集 銀河鉄道の夜

画集 銀河鉄道の夜

きらめく銀河をパノラマ体験―KAGAYAが贈る、天上の画本。観音開き入り・特別仕様。プラネタリウムで上映され100万人が感動した、あの「銀河鉄道の夜」の画集版!

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース
  5. No.5 「アートアクアリウム」2018年は東京・名古屋・上海で開催。前売りチケット6月1日発売スタート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)