東京オリンピックで話題の「スタジアム」、どうすればもっと盛り上がる? トークイベントを渋谷で10月1日に開催

2015.9.23 (水) 23:32

シェア
都市とスタジアム

2015年10月1日(木)、「VACANT」(東京・神宮前)で理想のスタジアムについて考えるトークシリーズ「都市とスタジアム」を開催する。今回のテーマは、「スタジアムにおけるテクノロジーの可能性」。

エンターテイメント先進国・アメリカの例は日本で応用できるのか?

都市とスタジアム
都市とスタジアム

日常にないエンターテイメントを提供する場として、都市に欠かせない施設であるスタジアム。

一方で、問題が存在することも事実だ。国立競技場建て替え騒動も影響して、膨大な建設費、景観破壊、騒音などのネガティブな面が強調されがちなこと。昨今モバイル機器等の普及により娯楽が多様化し、若者のスタジアム離れが懸念されていること、など。

本トークイベントでは、スタジアムがもう一度社会にとって特別な空間として輝くために、テクノロジーに何ができるのかを考える。

出演するのは、アメリカのスタジアム事情に詳しい野村総合研究所の石井宏司氏、「WIRED」日本版編集長の若林恵氏、アーティストの公演やイベントなどで大型空間の演出を手がけるライゾマティクス代表の齋藤精一氏、野球のパシフィック・リーグ・マーケティング取締役の原田卓也氏。

スポーツやエンターテイメントの先進国であるアメリカの例を参照しながら、日本でどこまで応用可能なのか、日本ならどうした方が良いのかを議論する。

入場料は1,000円、参加するには事前にHPから予約が必要。


東京オリンピックまであと約5年。決して他人事ではない。オリンピックを自分自身が楽しみ、盛り上げていくためにも、避けられない話題に向き合う機会にしたい。

■開催情報

トークシリーズ「都市とスタジアム」
開催日/2015年10月1日(木)
開催時間/19:00会場、19:30開始
会場名/VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
定休日/なし

都市とスタジアム公式サイト


関連記事

関連タグ

SAYONARA 国立競技場 56年の軌跡 1958-2014

SAYONARA 国立競技場 56年の軌跡 1958-2014

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  3. No.3 スヌーピーをテーマにした「PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)」神戸に2018年夏オープン
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)