沖縄の伝統工芸が「ロックでポップ」なボウタイに!

2015.9.29 (火) 07:00

シェア
ボウタイ

沖縄のものづくりを創造するブランド「HABERU(ハベル)」から、沖縄の伝統工芸とモダンデザインがマッチしたボウタイをリリース。HABERUは2015年8月のデビュー以来、沖縄の伝統工芸で受け継がれた技法をそのままに、カジュアルに使えるファッションアイテムを展開している。

思わず手に取りたくなる! かわいいボウタイ

染織作家 橋川初美さん

染織作家 橋川初美さん

ボウタイには、18世紀より、庶民の晴れ着のための衣装として地域の人々に愛されてきた知花花織の技法が用いられている。口頭伝承であったこともあり明治末期に一度衰退したものの、地元の人々の手により再生し、2012年7月には伝統工芸品として指定された。模様が縦方向に連続して浮く経浮花織(たてうきはなおり)と、刺繍のように糸が浮く縫取花織(ぬいとりはなおり)が特徴だ。

今回は染織作家の橋川初美さんを起用し、「ロックでポップ」をテーマに展開。作品は、「SHO-KA 小花」と「BABA 馬場」の2種類。

橋川さんは、知花花織の伝統の技法を主に用い、手織り手染めで制作する。図案作成から織までの全工程を一人で行い、丁寧に作り上げている。


「ロックでポップ」なボウタイ2種

SHO-KA 小花

“いつ(五)の世(四)も末永く” 受け継がれている沖縄の代表的な小花(しょうか)柄と点線が織られた左右異なるデザイン。

BABA 馬場

知花花織の技法とノッティング技法を取り入れて仕上げた馬のボウタイ。白い毛糸で馬のたてがみを表現している。


オリジナルの動物モチーフとカラフルな色合わせにより、橋川初美さんならではの織りの個性が見られる。沖縄伝統工芸に現代的要素をプラスして製作される作品は、これからの知花花織をさらに魅力的にしていくことだろう。

■HABERU(ハベル)×橋川初美

HABERU(ハベル)公式サイト
橋川初美公式サイト


関連記事

関連タグ

沖縄の伝統工芸

沖縄の伝統工芸

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 スタバ新作「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」5月30日から。インスタもスタート
  5. No.5 できたてモッツアレラチーズ食べ放題「グッドスプーン」横浜に3月19日オープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)