日本の伝統工芸と現代が融合する新ブランド「UMEBOSI」が登場! 10月16日より販売

2015.10.10 (土) 07:00

シェア
UMEBOSI

ライフスタイルブランド「WISE・WISE」が、伝統工芸の新ブランド「UMEBOSI」を立ち上げた。2015年10月16日(金)より販売が開始される。

伝統芸能を現代の生活に

UMEBOSI

「UMEBOSI」は、日本の伝統工芸に現代の息吹を吹き込んで、今日の生活に繋げる新しい取り組み。アートディレクターにデザインユニット「キギ」を、販売協力にプロダクトブランドのD-BROSを迎えて立ち上げられた。昔から伝わる手法で今も変わらずに作られ、日本人にとって伝統工芸のような存在であるウメボシを意識しているという。初回の商品ラインナップは、5産地14商品。

10月25日(日)には、東京ミッドタウンカンファレンスで、発売記念トークショーを開催。本プロジェクトのキーマンが集い、日本のものづくりを通して感じる美の心と、デザインを通じて伝統工芸を未来へ繋ぐ試み、UMEBOSIに込めた想いを語る。イベントの詳細、申し込みはHPで確認を。

「UMEBOSI」のラインナップ

UMEBOSIグラス 江戸切子(東京都、長野県)

UMEBOSIグラス 江戸切子(東京都、長野県)

UMEBOSIグラス 江戸切子(東京都、長野県)

UMEBOSIグラス 江戸切子(東京都、長野県)

伝統的な“花切子”で描いたモチーフに、新たな技術“漆硝子”で赤いマルを鮮やかに絵付けした、現代の江戸切子。サンドブラスト加工でモチーフの形状を出した後、その形状を崩さぬよう、一つ一つ職人の手により「花切子」が施されている。磨きの加工をうさぎの耳にのみ追加し、質感の違いを出すなど、大正10年から続く老舗「堀口硝子」ならではの経験が生かされている。うさぎに施されている小さな丸は、今回の開発のため特別に手配された極小サイズの工具によるもの。熟練50年の職人も「こんな細かいのは初めてだよ」と驚きながらも、見事に表現した。

UMEBOSIグラス 漆(東京都、長野県)

UMEBOSIグラス 漆(東京都、長野県)

UMEBOSIグラス 漆(東京都、長野県)

堅牢な木曽漆器の遺伝子を深く受け継ぐ漆硝子。重なり合うと更に美しく、セットで飾りたくなるグラスだ。わずか2mmの溝を薄作りのグラスにぐるりと1周削り出す作業は、熟練の職人にとっても至難の技。その繊細なラインに一筆一筆、漆を塗りつけている。木曽平沢の「漆硝子」の技法により、難しい漆の定着が実現した。4つのグラスを入れ子に重ねることで、新しい見え方を生むように計算された絶妙なラインの位置は、幾度もの微調整を重ね導き出された。

UMEBOSI フロシキ 手捺染(京都府)

UMEBOSI フロシキ 手捺染(京都府)

UMEBOSI フロシキ 手捺染(京都府)

大漁旗の制作も手掛ける京都の老舗工房「スギシタ」の捺染技法により、鮮やかな色合いの大胆な図柄を最大限に生かした風呂敷。使用感にこだわり、シャンタン生地の大判サイズに。黒の発色の美しさがポイント。

UMEBOSI バック/ポーチ 米織(山形県)

UMEBOSI バック/ポーチ 米織(山形県)

UMEBOSI バック/ポーチ 米織(山形県)

米沢織の“細番手・手染め”の特長を活かした巧みな技術で織り上げた生地を使ったバックとポーチ。通常の生産ラインで使用している黒と白の縦糸8000本全てを手作業で掛け替え、UMEBOSIらしい「鮮やかな赤」が実現した。

UMEBOSI シルクウールストール 手捺染(山梨県)

UMEBOSI シルクウールストール 手捺染(山梨県)

UMEBOSI シルクウールストール 手捺染(山梨県)

極細の糸で織り上げた上質なストールは、空気を含むと温かく、畳むとコンパクトになる優れもの。強く見せたい図柄部分と、繊細さを出したい文字部分の染めの強さのバランスを取るため、同じ黒色の版をあえて別版にして仕上げたこだわりの捺染。


いずれも、伝統工芸を受け継ぐ職人たちの技術があったからこそ実現できたものだ。日本が誇る技術に思いを馳せつつ、生活に取り入れてみたい。

■商品情報

「グラス 江戸切子」各9,000円(税抜)
「グラス 漆」4サイズ×各1客、1セット30,000円(税抜)
「フロシキ 手捺染」6,000円(税抜)
「バック 米織」18,000円(税抜)
「ポーチ 米織」7,500円(税抜)
「シルクウールストール 手捺染」46,000円(税抜)

発売日/2015年10月16日(金)
発売場所/WISE・WISE tools(東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガレリア3F)

WISE・WISE公式サイト

【商品問い合わせ先】
WISE・WISE
電話/03-5647-8355


関連記事

関連タグ

日本の伝統工芸品

日本の伝統工芸品

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  3. No.3 『脱いでみた。』写真家・花盛友里の新作写真集『寝起き男子』5月21日発売
  4. No.4 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)