どんなに動いても、ブレなく水平に撮れる! 手持ち4Kカメラ「Osmo」登場

2015.10.14 (水) 13:08

シェア
Osmo(オズモ)

Osmo(オズモ)

手ぶれ補正の分野におけるエキスパートであるDJIが、スムーズな移動撮影を可能にする手ぶれ補正機能が付いた一体型手持ち4Kカメラ「Osmo(オズモ)」を発表した。

“手持ち”カメラとして、初の技術を搭載

Osmo(オズモ)
Osmo(オズモ)
Osmo(オズモ)
Osmo(オズモ)

手ぶれを抑え、映画のようなスムーズな映像を撮影することができる「Osmo」。

カメラと一体化した3軸スタビライズシステムが3方向の振動を制御するためで、この技術が手持ち型のカメラに搭載されたのは初。今までのカメラとは一線を画した映像や写真を撮ることができる。

このシステムによりカメラが安定し、フリーハンドでの長時間露光の撮影、水平を保ったまま簡単に360°パノラマ撮影、スローモーション撮影(1080p・120fps)が可能となっている。

スマートフォン撮影にも対応

同商品のカメラ部分「Zenmuse X3」は、1/2.3型センサーと開口角94°のレンズを搭載し、4Kの動画と12メガピクセルの静止画の撮影が可能。グリップにはステレオマイクが内蔵され、プロレベルのサウンドが録音できる3.5mmプラグも使用可能だ。

また、同封されているホルダーでスマートフォンを装着すれば、スマートフォンの画面で撮影中の映像をリアルタイムで確認することができる。アプリ「DJI Go」をインストールすることで、遠隔操作も可能になる。

豊富なカスタマイズも可能

同社の既存商品であるZenmuseシリーズと互換性があり、「Zenmuse X3」「Zenmuse X5」「Zenmuse X5 R」を既に持っている場合は、グリップのみの購入もできる。ほか、三脚、拡張ロッド、バイクマウント、ユニバーサルマウント、拡張アームなど別売りアクセサリーもあるので、自分のスタイルに合わせて選びたい。

同商品は、DJIの公式ストアで先行予約受付中。商品の出荷は、2015年10月中旬を予定している。


■DJI Osmo

■商品情報

「Osmo(オズモ)」
発売日/2015年10月中旬
値段/85,000円(税込)

DJI公式サイト

【商品に関する問い合わせ】
DJI日本
sales.jp@dji.com


関連記事

関連タグ

デジカメ&ビデオカメラの選び方がわかる本 2016 家電批評特別編集

デジカメ&ビデオカメラの選び方がわかる本 2016 家電批評特別編集

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)