東京オリンピックのエンブレム問題で話題に。“デザイン”について問い直すトークイベント、渋谷で10月20日開催

2015.10.20 (火) 12:02

シェア
デザインと権利と感情/民意

「VACANT」(東京・神宮前)で、デザインのオリジナリティや権利などについて考えるイベントが開催される。2015年10月20日(火)。

“デザイン”について今一度考える

2020年の東京オリンピック大会エンブレムをめぐる問題は、決定案の撤回と再コンペという形で進行している。ロゴ自体の法的な問題とは別に、様々な議論が出たが、果たしてその問題の本質とはいったいなんだったのだろうか。問題を問題で終わらせるのではなく、それをこれからのデザインやクリエイティブ全般を考えるきっかけとして新たな話を始めてみたいというのが本イベントの発端だ。

瞬時に類似の画像が検索できる時代に、作り手と受け手による「デザインと権利と感情/民意」はどんなバランスで成り立つのか。権利によってデザインの何が保護可能なのか。それとも権利という概念を変えていく必要があるのか。変えることでデザインの可能性は広がるのか。デザインにおけるオリジナリティという考えは、何を根拠にするのか、など。

今回は「Creation Is Free. Production Needs Fee.」でデザイン/デザイナーと社会との関係性を問いかけたアートディレクター菊地敦己氏、デザインの本質を問いかけ続けるデザイン誌「アイデア」編集長の室賀清徳氏、そしてArts and LawやCreative Commons Japanの理事も務める弁護士水野祐氏が出演し、いままで続いてきた戦後デザインの考え方や構造を含め、時代と環境の変化に呼応し変わっていくデザインとその周辺を問い直す。


オリンピックのエンブレム問題で私たちにとっても身近な問題となった、デザインとオリジナリティーの関係について、改めて考えてみたい。

■開催情報

「デザインと権利と感情/民意」
開催日/2015年10月20日(火)
開催時間/19:00開場、19:30開始
会場名/VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
定休日/なし
入場料/大人1,000円、学生500円、18歳以下は無料。

VACANT公式サイト


関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  5. No.5 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)