クラシックカーが1200kmを駆け抜けた「ラ・フェスタミッレミリア2015」レポート

2015.10.29 (木) 15:00

シェア
西湖湖畔を行くラリー N.C.P

西湖湖畔を行くラリー N.C.P

日本最大のクラシックカーの祭典といってもいいイベント、ラ・フェスタミッレミリア2015が開催された。

ミッレミリアとは、イタリア語で1000マイル、約1600kmを意味するもので、1927年から1957までにイタリアの古都ブレシアを起点にローマまで往復する自動車レースの名前だ。現在ではクラシックラリーとしてイタリアでは毎年5月に開催されており、その日本版がこのラ・フェスタミッレミリアである。

今年は海外からも多数参加

小雨の中スタートするスタンゲリーニ 750S

小雨の中スタートするスタンゲリーニ 750S

代官山蔦屋書店を通過するフィアット ジルコ スタンゲリーニ 1100 SPORT MM

代官山蔦屋書店を通過するフィアット ジルコ スタンゲリーニ 1100 SPORT MM

10月16日から20日にかけて開催されたこのラリーは、1都7県を約1200km走破するもので、1919年から1967年までに生産されたクルマに参加資格がある。今年のエントリー数は例年100台ほどから、150台を超え大盛況だった。実は、インターナショナルブガッティミーティングが前週に京都で開催され、その参加者たちがそのままこのラ・フェスタミッレミリアにも出場したためだ。その結果、戦前のブガッティが大挙出走。エントラントはもちろん、見学者たちも圧倒されていた。

東京から新潟や軽井沢、箱根も走った

渋温泉を通過するライレー スペシャル

渋温泉を通過するライレー スペシャル

横山剣さん愛車オースティンヒーレー 100BN2で無事に仙石原に到着

横山剣さん愛車オースティンヒーレー 100BN2で無事に仙石原に到着

堺正章氏が駆るマセラティA6A6 GCS と仙石原のすすき

堺正章氏が駆るマセラティA6A6 GCS と仙石原のすすき

16日は明治神宮をお昼に、小雨の混じる中を1台1台歓声の中スタート。代官山蔦屋書店でP.C.競技(駐車場内で25mを8秒で走り、その正確性を競うもの)を行った後、一路新潟へ向かった。2日目は一転快晴。新潟から軽井沢までの330kmを、途中スタンプポイントやP.C.競技を行いながらの道のり。3日目は、軽井沢から箱根まで330km弱を南下。そして、4日目は箱根から海沿いを経由して大磯と湘南T-SITEでP.C.競技を行い、葉山、横浜を通り、明治神宮へゴールした。最終日は午前中に表彰式が行われ終了となった。

これら競技の結果、ブガッティT35のオーナーが8連覇を達成した。


夢のような日々と渋滞の憂鬱

ゴールの明治神宮では巫女さんがお出迎え

ゴールの明治神宮では巫女さんがお出迎え

無事に明治神宮にゴールし、8連覇を達成したブガッティ T35

無事に明治神宮にゴールし、8連覇を達成したブガッティ T35

今年は前述のとおりインターナショナルブガッティミーティングに参加した海外からのエントラントが多数出走した。彼らに今回のラ・フェスタの印象を聞いてみると、一様に富士山と湖、そして紅葉を楽しめたことを挙げ、「まるで夢のような日々だった」と語っていた。特に、3日目は快晴の中、ワインディングロードも含め大いに満喫したようで、日焼けした顔をほころばせていた。一方、初日に遭遇した渋滞には辟易したようで、最終日に都心に戻るのが憂鬱だとこぼしていた。

残念ながら、その心配は現実となってしまい、葉山周辺と都内で酷い渋滞に遭遇。クラッチトラブルなどを抱えてゴールしたクルマが何台も見受けられた。


大いなる魅力を語ってみると

無事ゴールし喜びの表情の堺正章氏

無事ゴールし喜びの表情の堺正章氏

横山剣さんも無事にゴール

横山剣さんも無事にゴール

途中トラブルにも遭遇したが、無事にゴールした片山右京氏

途中トラブルにも遭遇したが、無事にゴールした片山右京氏

さて、ラ・フェスタミッレミリアの魅力をどう表現しようか。美しい日本の風景の中をクラシックカーが駆けるのもその魅力のひとつだろう。また、本文では触れなかったが、いくつもあるスタンプポイントやP.C.競技を行う場所、そして沿道には多くの観客が詰めかけ、応援の旗を振り続けていた。そして、それに応えるようにエントラントも手を振り返しており、そういったコミュニケーションも魅力であろうし、エントラントも、毎年このコミュニケーションが楽しみで参加しており、また、元気をもらえると話していた。更に、クラシックカーで4日間のドライブを楽しみ、また、その間、同じ趣味を持つ友人たちと過ごす時間も大いに魅力的だ。つまり、見る側も出る側にも魅力あふれるイベントなのだ。

  • スタート時には交通安全のお祓いが行われた
    スタート時には交通安全のお祓いが行われた
  • 明治神宮でスタートを待つスタンゲリーニ-750S
    明治神宮でスタートを待つスタンゲリーニ-750S
  • 代官山蔦屋書店に到着した、ブガッティT57アトランタ
    代官山蔦屋書店に到着した、ブガッティT57アトランタ
  • 関越自動車道赤城高原SAのチェックポイントを通過するブガッティ-T35C
    関越自動車道赤城高原SAのチェックポイントを通過するブガッティ-T35C
  • 2日目の朝。メンテナンスに励むジャガーXkK120
    2日目の朝。メンテナンスに励むジャガーXkK120
  • 声援に見送られながら2日目のスタートを切るブガッティT57SC-COMPETITION-ELECTRON
    声援に見送られながら2日目のスタートを切るブガッティT57SC-COMPETITION-ELECTRON
  • 2日目の朝、快調にスタートする片山右京さんとモラスティスポルト
    2日目の朝、快調にスタートする片山右京さんとモラスティスポルト
  • スキーのジャンプ台で有名な飯山シャンツェとブガッティたち
    スキーのジャンプ台で有名な飯山シャンツェとブガッティたち
  • 渋温泉の街並みとDB-バルケット
    渋温泉の街並みとDB-バルケット
  • 渋温泉の女将に見送られるロゼッリ-1100スポルト
    渋温泉の女将に見送られるロゼッリ-1100スポルト
  • 2日目の渋温泉を通過するブガッティT35
    2日目の渋温泉を通過するブガッティT35
  • 仙石原を駆けるアルファロメオ-6C1750
    仙石原を駆けるアルファロメオ-6C1750
  • 鬼押し出しとチシタリア-204
    鬼押し出しとチシタリア-204
  • 富士山を背景に西湖湖畔を行くアルファロメオ SZ
    富士山を背景に西湖湖畔を行くアルファロメオ SZ
  • 仙石原のすすきとブガッティ-T55
    仙石原のすすきとブガッティ-T55
  • すすき野原とMG-Nタイプマグネット
    すすき野原とMG-Nタイプマグネット
  • 芦ノ湖湖畔を行くフィアット エルミニ-1500S
    芦ノ湖湖畔を行くフィアット エルミニ-1500S
  • 3日目の朝、芦ノ湖の湖畔を行くMGA
    3日目の朝、芦ノ湖の湖畔を行くMGA
  • 芦ノ湖の湖畔を行くポルシェ356
    芦ノ湖の湖畔を行くポルシェ356
  • 大磯でP.C.競技中の横山剣さんとオースティンヒーレー-100BN2
    大磯でP.C.競技中の横山剣さんとオースティンヒーレー-100BN2
  • OSCA-MT4も無事ゴール
    OSCA-MT4も無事ゴール
  • MG-PA未ジェットもゴール。インタビューを受ける
    MG-PA未ジェットもゴール。インタビューを受ける
  • スタート時には交通安全のお祓いが行われた
  • 明治神宮でスタートを待つスタンゲリーニ-750S
  • 代官山蔦屋書店に到着した、ブガッティT57アトランタ
  • 関越自動車道赤城高原SAのチェックポイントを通過するブガッティ-T35C
  • 2日目の朝。メンテナンスに励むジャガーXkK120
  • 声援に見送られながら2日目のスタートを切るブガッティT57SC-COMPETITION-ELECTRON
  • 2日目の朝、快調にスタートする片山右京さんとモラスティスポルト
  • スキーのジャンプ台で有名な飯山シャンツェとブガッティたち
  • 渋温泉の街並みとDB-バルケット
  • 渋温泉の女将に見送られるロゼッリ-1100スポルト
  • 2日目の渋温泉を通過するブガッティT35
  • 仙石原を駆けるアルファロメオ-6C1750
  • 鬼押し出しとチシタリア-204
  • 富士山を背景に西湖湖畔を行くアルファロメオ SZ
  • 仙石原のすすきとブガッティ-T55
  • すすき野原とMG-Nタイプマグネット
  • 芦ノ湖湖畔を行くフィアット エルミニ-1500S
  • 3日目の朝、芦ノ湖の湖畔を行くMGA
  • 芦ノ湖の湖畔を行くポルシェ356
  • 大磯でP.C.競技中の横山剣さんとオースティンヒーレー-100BN2
  • OSCA-MT4も無事ゴール
  • MG-PA未ジェットもゴール。インタビューを受ける

■取材協力/ボルボ・カー・ジャパン

ボルボV60 D4SE

ボルボV60 D4SE

ボルボV60 D4SE
ボルボV60 D4SE
ボルボV60 D4SE

今回取材のために走らせたのは、ボルボが7月から導入を開始したディーゼルエンジンモデルのスポーツワゴン、ボルボV60 D4 SEである。最も気になる燃費から記すと、1054.1km走行し、70.38リットル軽油を消費したので、15.0km/Lであった。因みに軽油の全国平均単価が現在112円なので、7882円。レギュラーガソリン平均は134円なので、9430円となり、1500円以上節約できたことになる。更に同クラスの日本車で、燃費を気にせず走った場合に、平均燃費15km/Lを切ることもままあることを考え合わせると、ディーゼルのメリットを十分享受することが出来た。

更に、走りの面についても満足出来るものであった。一般的にディーゼルというと、黒煙をまき散らし、うるさく中々走らないというイメージが強いかもしれない。それは、いまの乗用車に限って言えば全く当てはまらないのだ。信号の停止の時には若干エンジン音が耳につくかもしれないが、走ってしまえばガソリン車とほとんど変わらないし、そのスタートの時は、ガソリン車以上にパワフルだ。更に黒煙は全くでないのはもちろんである。 では、デメリットはないのか。具体的には重量が重くなるのと、ガソリンよりもディーゼルの方が割高になることが挙げられる。ボルボの場合同グレードで比較をすると25万円高くなる。しかし、長距離を走ることが多いユーザーにとってはその経済的メリットや、何よりも煩雑な給油回数が減り、かつ、走りを楽しめるとなれば選択肢として加えて損はないと断言できるクルマであった。

(文・写真:内田俊一 写真:内田千鶴子)

「ミッレミリア」の記事をもっとみる


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 三軒茶屋に醸造所と併設レストランをオープン! クラウドファンディングで支援受付を開始
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)