まさに履くアート! 女性を魅了し続けるハイヒールの魔力を知る3冊

2015.11.6 (金) 17:20

シェア
Christian Louboutin

たとえば『SEX AND THE CITY』のキャリー・ブラッドショーのように、靴に魅了される女性は多い。特に、履いても見ても美しいハイヒールは女性の憧れであり、女性性を象徴するアイテムでもある。代官山 蔦屋書店のファッション担当アートコンシェルジュ 森田賢一氏は、「メンズ靴の本ってあまりないのですが、ハイヒールの本はたくさんあるんです」と話す。

「女性の靴は男性の靴とは別次元にありますよね。メンズシューズはデザイン云々というよりは、どれだけ履き心地がいいものか、どれくらいいい素材を使っているかなどのほうが注目されるんです。例えばプレーントゥ、ストレートチップ、ウィングチップなどある程度型が決まっているので、その型からはみ出ないんですよ。けれど、ハイヒールはヒールに凝った装飾を施したりと靴そのものがアート作品のようで、履き心地とは無縁で逸脱している。女性の靴のほうがデザインで遊べる範囲が大きい。そういうところがおもしろいですよね」

森田氏に、ハイヒールの魅力を知るための書籍を紹介してもらった。

ハイヒールの美を堪能する、おすすめ書籍

『Manolo Blahnik: Fleeting Gestures and Obsessions』(Rizzoli刊)

『Manolo Blahnik: Fleeting Gestures and Obsessions』(Rizzoli刊)

『SEX AND THE CITY』では、キャリーがマノロ・ブラニクの靴を買いすぎて破産しそうになるというエピソードがあるほど、世界中のシューズラヴァーを虜にしているブランドであるマノロ・ブラニク。本書はマノロ・ブラニクを深く知ることができる一冊だ。

「久々に刊行されたマノロ・ブラニクの書籍です。マノロのインタビューや過去のアーカイヴやイメージソースとともに、マノロ・ブラニクの魅力を紐解くような一冊になっています。ただ作品を並べているだけじゃなく、かなりしっかりした作りが魅力です」

『Manolo Blahnik: Fleeting Gestures and Obsessions』(Rizzoli刊)
『Manolo Blahnik: Fleeting Gestures and Obsessions』(Rizzoli刊)
『Manolo Blahnik: Fleeting Gestures and Obsessions』(Rizzoli刊)
『Manolo Blahnik: Fleeting Gestures and Obsessions』(Rizzoli刊)
『Manolo Blahnik: Fleeting Gestures and Obsessions』(Rizzoli刊)

『Christian Louboutin』(Rizzoli刊)

『Christian Louboutin』(Rizzoli刊)
『Christian Louboutin』(Rizzoli刊)

飛び出す絵本のような仕掛けも美しい本書は、赤い靴底が世界中のセレブリティを魅了しているクリスチャン・ルブタンの書籍。

「これは代官山 蔦屋書店でもロングセラーとなっている書籍。本としてもとてもかわいいんですよ。ルブタンの自伝からはじまり、作品がたくさん紹介されています。こうしてじっくり作品を見ると、マノロ・ブラニクには美を感じて、クリスチャン・ルブタンにはセクシャルな匂いを感じますね」

『Christian Louboutin』(Rizzoli刊)
『Christian Louboutin』(Rizzoli刊)
『Christian Louboutin』(Rizzoli刊)
『Christian Louboutin』(Rizzoli刊)

『Shoes: Pleasure & Pain』(Victoria & Albert Museum刊)

『Shoes: Pleasure & Pain』(Victoria & Albert Museum刊)

イギリスのヴィクトリア&アルバートミュージアムで2015年に行われた同名の展覧会にまつわる書籍。

「これもハイヒールの歴史を紹介した一冊。歩くためのものではないハイヒールも紹介されているのがおもしろいですよね。あとは、本書はハイヒールが科学的に解析されているんです。X線で釘の位置などを解析して、ヒールに力がかかるからたくさん釘が打たれてことがわかるのがおもしろいですね。タイトルの通り、やはりハイヒールには痛みが伴うんですね」

『Shoes: Pleasure & Pain』(Victoria & Albert Museum刊)
『Shoes: Pleasure & Pain』(Victoria & Albert Museum刊)

性別問わずうっとりとしてしまうような美しいハイヒールたちは、眺めているだけでスペシャルな気分になれそうだ。

(文:岡崎咲子)

代官山 蔦屋書店 アートコンシェルジュの記事をもっとみる

【代官山 蔦屋書店】
美術・写真・ファッションコンシェルジュ 森田賢一 氏

都内大型書店、TSUTAYA TOKYO ROPPONNGIの書店員を経て、代官山 蔦屋書店のコンシェルジュに。アートフロアのファッションコーナーを担当。外見、内面ともに魅力的な“紳士”を育成する「代官山ジェントルマンクラブ―紳士養成講座―」を定期的に企画している。

このコンシェルジュの他の記事を読む  他の代官山 蔦屋書店コンシェルジュの記事を読む  コンシェルジュブログ


関連タグ

SEX AND THE CITY [THE MOVIE]

SEX AND THE CITY [THE MOVIE]

4人の独身女性のファッショナブルなニューヨーク・ライフを赤裸々に描き日本でも女性を中心に社会現象をもたらした大ヒットTVドラマの劇場版。TVシリーズの最終話から4年後を舞台に、ヒロイン4人の友情とそれぞれ歩み始めた人生の行方を綴る。ベストセラー本を出版し、私生活でもミスター・ビッグと順調な関係を築いているキャリー。恋人の俳優とロサンゼルスに移り住んだサマンサ。養女を授かり念願の母親となったシャーロット。弁護士の仕事と家庭の両立に奮闘するミランダ。そんな彼女たちは今も変わらず固い友情で結ばれていたが…。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  5. No.5 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)