「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

GoogleのCM出演中の「刺さる男」が話題! 世界中に“刺さり続ける”旅人の正体とは?

2015.11.18 (水) 18:00

シェア
  

水圧で空を飛ぶ「フライボード」、絶景バンジー、愛らしいペンギンたち--。毎度話題になるGoogleのCM。現在放送中のGoogle AndroidのCM「一生分の写真」で話題になっているのが「刺さる男」だ。

『TRUNK』最新号

『TRUNK』7号

イースター島のモアイの前、美しいビーチ、氷山。読んで字のごとく「世界の果て」で見事な“刺さりっぷり”を見せつける、この男の正体とは? 彼が連載を持つ旅行雑誌『TRUNK』(ネコパブリッシング)から彼の活動を垣間見てみたい。

Googleピンとなり、地球に「刺さる男」Kozee

「刺さる男」ことKozeeは、原宿生まれ原宿育ち。ダンスを通じてNYで生活したのがキッカケで海外へ興味を持ち、数カ国生活したのち、昨年2月から世界一周の旅へ。

旅中に自身の心に「SASARU=刺さる」場所、人、食べ物などに、 自らがピン(Google Mapのピンのイメージ)になり、 実際に頭から刺さってマーキングする「SASARU project~地球の刺さり方」を実行中。今回のCM出演は、当初から掲げていた「自分自身がGoogle Mapのピンになる」という目標を実現させた形だ。


雑誌『TRUNK』連載の様子を紹介。彼の刺さりっぷりを見よ!

ほかにも国内数カ所での写真パネル展も行い、執筆活動もスタートさせている。

『TRUNK』の連載「Nobody can stop kozee!! SASARU」では、実際に行ってみて自分の心に「刺さった」国々をチョイス。目を奪われる世界の美しいビーチや憧れの世界遺産など、テーマ毎に刺さっている写真以外の絶景写真やおすすめのローカルフードなども交えて紹介している。最新号(7号)連載第3回のテーマ「世界遺産」の記事で、彼の足跡を感じ取ってほしい。

「ナンデ族」になって自分に刺さる世界遺産を!

こんにちは! 遂に刺さった国も50カ国オーバー! 絶好調の『SASARU PROJECT(ササルプロジェクト)』Kozeeです。

前号の発売日と同時に実施させてもらったパネル写真展もありがたいことに好評を頂き、現在都内数カ所の飲食店などでも展示して頂いている。自分の目で見てきた世界の様々な風景や出会った人々、素晴らしい建築物などが作品としてたくさんの人に見てもらえるようになってきているのは何よりうれしく、今後の旅のパワーにもなっている。

世界を旅して強く感じることは、それぞれの国に文化があり、色々な人がいて、様々な歴史があるということ。どの国に行くときも、その国への何らかのイメージを持って皆、旅をすると思う。その中でも特に人々に強いイメージを与え、そこへ行く目的として魅力を放っているもののひとつが「世界遺産」だ。

各国の世界遺産を求め多くの観光客がそこに足を運ぶ。それは時として雄大な自然であったり、長い年月をかけて人々の叡智を費やしてつくり上げられた遺跡や建造物であったり……。僕もこれまで多くの世界遺産を観てきた。特に旅を始めた頃はスーパーミーハーで、〝世界遺産〞という言葉に踊らされっぱなし! 「あそこ世界遺産だから行くしかないっしょ!」ってノリで、ホントにそこに自分が行ってみたいのかも良くわからないまま、まるでコレクターのように足を運んでいた気がする。有名な場所となると、訪れるまでに何度もその場所の映像や写真を見ているわけで、「ああ、自分は本当にこの場所へやってきたんだなぁ」と感動しては、とにかく写真をパシャパシャ! でも周りの外国人観光客をみると、もちろん写真を撮りはするけど、割とその辺はサッパリしていて、耳を澄ませば、しっかりその遺跡や建造物を眺めながら歴史や背景、ディテールなどを話し合っていたりする。

そんな事を何度も経験するうちに、自分の中にも少しずつ変化が出てきた。

ただ行った先で写真を撮っているだけでイイんだろうか? ここホントに自分の心に刺さってる? そもそもなんで、ここにこんな遺跡があるのか? 何の為に造られたのか? なんでこの街は、街全体が世界遺産に登録されているの? そういう活き活きとしたクエスチョンだらけの「ナンデ族」になることで、自分の好きな物や興味のあることに、前よりもどんどん尖って旅することができるようになった。「知る」という楽しみが、旅の幅を広げてくれたんだと思う。世界遺産に限らず、どこに行くにしたってそう! 情報がしっかりと自分の頭に入ってるか否かで、訪れたその場所の印象が何倍にも変わってくるんだ。

おかげで旅も半ばから「世界遺産だから〜」とか「世界遺産なのに〜」という思いが少なくなってきた気がする。それはきっと「知る」ことで、しっかりと本当に自分の行きたい場所を選べるようになってきた証拠。それで僕の場合は、ビーチやお祭りばっかりに行ってしまったりもするのだけれど(笑)。しかし、とは言えやはり魅力溢れる世界遺産。今回は自然が生み出したモノではなく、人々がつくり上げた文化遺産に注目! 超有名地から最近注目されている所、中には意外(?)な世界遺産まで。皆さんに刺さる世界遺産があるといいなとご紹介。「ナンデ族」になって、自分に合った世界遺産へ出かけよう!


Kozeeは、現在ヨーロッパを周遊中とか。今最も注目を集める旅人の最新情報は、instagram(アカウント:sasarukozee)でチェックを。

モンマルトルの丘

フランス・パリのモンマルトルの丘

トマト祭り

スペインのトマト祭り

■Kozeeの最新情報はココでチェック!

instagramで現在地をチェック!
アカウント:sasarukozee

『MTV81』 SASARU THE WORLD コラム連載中
日本人である自分がその国を旅をしてみて感じた「日本とのカルチャーの違い」を比較する事で外国人にむけて日本の文化や習慣を紹介

Facebook


関連記事

関連タグ

TRUNK

TRUNK

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  4. No.4 スタバのステンレスボトル、STANLEY&藤原ヒロシ主宰Fragment Designとコラボ。6月27日発売
  5. No.5 「ムーミンバレーパーク」埼玉県飯能市に2019年3月オープン決定

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)