枚方市駅前の新名所「枚方T-SITE」を徹底解剖! 蔦屋書店・TSUTAYAがライフスタイル型の百貨店に

2016.5.14 (土) 12:00

シェア

撮影:内藤貞保

今も昔も「特別な時間を過ごす場所」として親しまれてきた“百貨店”。日々の必要なものをそろえるだけでなく、休日に家族と遊びに来たり、人生の節目に生活用品を悩みながら選んだり。多くの人にとって、人生に寄り添う場所であったはずだ。

2016年5月16日(月)、枚方市駅前にあった近鉄百貨店跡地に、そんな愛おしい記憶や思いを再認識させてくれる新名所「枚方T-SITE」が誕生する。

「枚方T-SITE」は、欲しい“スタイル”に出合う百貨店

本を通してライフスタイルを提案する蔦屋書店を中心に、日常を豊かにするモノ・コトを集めた商業施設「T-SITE」。2011年にオープンした代官山、湘南に次ぐ3店舗目となるのが、TSUTAYA創業の地である枚方に誕生する「枚方T-SITE」だ。その規模はTSUTAYA・蔦屋書店・T-SITE史上、過去最大。「上質な日常を届けるライフスタイルデパートメント」をコンセプトに、食、キッズ、美容など、三世代で楽しめる9フロア(B1Fは夏オープン予定)を展開する。

特筆すべきは、前代未聞のサービスと設備。開店時間は朝7時から夜25時まで。早朝から焼きたてパンを食べたり書店で調べものをしたりできるし、終電のあとも本を買ったり、CD・DVDレンタルやATMを利用することもできる。専用のアプリ「T-SITE Passport」を使えば、駐車場の空き状況確認やレストラン予約がスムーズに。毎日の自分のスタイルに合わせて、好きな時に快適なショッピングライフを送ることができる。

5月14日(土)、ひと足早く内覧会でショッピングを楽しんだ地元の人々は、

「非日常すぎる! おしゃれな空間に徐々に慣れていきたいです(笑)。Wi-Fiがつながるので、パソコン&コーヒーでゆっくりしに来ます」(30代男性)、「もうすぐ子どもが生まれるので、ファミリーで過ごせるおしゃれな場所が枚方にできてうれしい」(30代女性)、「レストランからの景色が本当に気持ちいい!開放感ありますね~」(50代女性)

とコメント。それぞれのライフスタイルや好みに応じたフロアや使い方に期待を寄せた。

枚方T-SITEオープン直前! 専用アプリ「T-SITE Passport」ダウンロードでTポイント500ptをプレゼント


  • スマートフォンがTカードの代わりに
    枚方T-SITE専用のアプリはTカード機能付き。ボタンを押すと表示されるバーコードを提示すればTポイントを貯めたり、Tマネーを使うことができる。
    ※Tカードとしての利用は蔦屋書店/TSUTAYAでのみ可能。2016年5月現在。

  • 蔦屋書店/TSUTAYAの商品情報を検索
    店舗の在庫検索はもちろん、商品選びで迷った時もアプリが活躍。商品バーコードをスマホでスキャンすれば、レビューや評価を素早くチェックできる。

  • 駐車場の空き状況をお知らせ
    枚方T-SITEに着く前に、周辺駐車場の空き状況だって分かってしまう。ノンストレスでショッピングをスタートできる。

  • レストラン予約も簡単にできる
    週末の家族との食事や接待の予定が決まったら、その場でスマホを開いてパパッとレストランを予約。あとは予約時間に店に出向くだけ。

  • 気になるイベントを検索&予約
    枚方T-SITEで毎日のように開催されるイベントのスケジュールや参加予約をアプリで素早くチェックすれば、お目当てのイベントを逃す心配もない。

  • テナント情報をすぐに検索できる
    約40ものテナントが入る、巨大な枚方T-SITE。どんな店があるのか、次はどこへ行こうか……。アプリを見ながら家族やパートナーと相談を。

日常を楽しく彩る「ライフスタイルデパートメント」へバーチャル来店

百聞は一見にしかず。実際に写真でバーチャル来店して、体感してみたい。各フロアの詳細はリンク先をチェック!

毎日の食を“エンタテインメント”にする!
B1F「フードマーケット」

B1階と1Fは食ライフを充実させてくれるフロア。そのうちB1階は肉・魚・野菜の生鮮三品を扱うフードマーケットで、「ころくや」「スギモト」などの各有名専門店が6店舗入っている。

詳細記事へ

小腹がすいていたら、併設のイートインスペースでできたての弁当やお惣菜を、本を読みながら味わうのもおすすめ。

小腹がすいていたら、併設のイートインスペースでできたての弁当やお惣菜を、本を読みながら味わうのもおすすめ。

食の楽しみが広がるフロア
1F「食マルシェ」

同じく「食」のフロアである1階には行列必至のパンケーキ店「gram」や自家製ワインが飲める「フジマル食堂」などが集結。話題の店がそろうだけでなく、食にまつわる本・雑誌、花屋やデジタルプリント、スターバックスのテイクアウト専門カウンターがある点も見逃せない。駅直結なので、出かける前、帰宅前にサッと立ち寄るのにも便利。

詳細記事へ

枚方にいながら、東京で話題のアイスキャンディー「PALETAS」、京都の人気茶寮の「錦一 葉かふぇ」のスイーツなど、人気店の味を一度に楽しめる。「THE GROUNDS BAKER」では朝7時から焼きたてパンで朝食を。撮影:内藤貞保

食の本の品ぞろえは日本一で、約8000冊がそろう。料理のレシピ本や、食べ歩き本など、充実の食ライフをサポート。

TSUTAYAの進化系! ネットと連動した斬新なサービスも
2F「エンターテインメント」

「TSUTAYA枚方駅前本店」が移転した2階は、“最高のエンタメ”を提供すべく進化を果たした。専用アプリ「T-SITE Passport」をダウンロードすれば、スマホがTカードとして使えるようになり、Tマネーをチャージしてそのまま支払うことも可能。店舗の在庫検索やレビュー・評価もすぐにチェックできる。最先端の技術を駆使する一方で、レコードや演歌のカセットなどのアナログ音源も重視した、音楽マニアにはたまらないラインナップも。生演奏を楽しめる無料イベントやコミックレンタルが充実しているので、お金をかけずとも一日中豊かな時間を過ごせるはずだ。

詳細記事へ

TSUTAYAの総本家。約200坪に所狭しとDVD・音楽・コミックがそろう。

枚方エリアで最大の知の宝庫、生活提案型書店
3F「BOOK & CAFÉ」

蔦屋書店はコーヒーを片手に本を楽しめるBOOK & CAFÉスタイルで、本を通してライフスタイルを提案。在庫数は枚方エリア最大。3階をメインに1階と5階で、各フロアの特色を反映したラインナップを展開する。約3000冊のアート関連本やハイセンスな文具はギフトにも最適。豊富な専門知識を持ったコンシェルジュが常駐しているので、アドバイスをもらうのもいいだろう。また、ほぼ毎日イベントも開催されているので、公式サイトやアプリでチェックを。

詳細記事へ

スターバックスは朝7時から25時までオープンしている。店内のいたるところに設置されているイスに座って、コーヒーを飲みながら読書を楽しんで。

大人の女性のための心地よい暮らしをサポート
4F「暮らしと美容」

美しく健やかな日常を得るヒントや、自分を高められる体験に出会えるフロア。本を軸に生活提案を行う雑貨のマルシェをメインに、センスのある洋服や小物がそろうショップがズラリ。イベントスペースではワークショップや体験教室を毎日開催している。忙しいママやワーカーにうれしい、ネイルとヘアケアを同時にできるトータルビューティーサロンもある。

詳細記事へ

“暮らしの道具・日本の工芸”“リラックス・健康・美容”といったテーマ別にお店がズラリと並ぶ雑貨マルシェ。「中川政七商店」「KONCENT」などの人気店がやって来ることも。

雨の日も親子で遊べる
5F「子どもと学び」

ママとキッズが空間を共有しながら、それぞれの時間を過ごせる工夫がされている。子どもは遊び場で遊び、ママはカフェでお茶タイム、という風に楽しむことも可能。目を見張るほど多くの絵本をそろえているほか、写真スタジオや子どもも大人も学べる英会話教室など、子どもとの日常や思い出づくりを彩るコンテンツがそろう。また、ベビーカーを停める場所や優先エレベーター、ベビーカーの貸し出しなどの細やかなサービスも受けられる。

詳細記事へ

無料で遊べる室内遊具が充実。

くぐったりかくれんぼしたり。遊具で遊びながら、読書体験を楽しめる。

人生設計の相談もできる銀行フロア
6F・7F「銀行」(三菱東京UFJ銀行、りそな銀行)

1階と3階に7時から25時まで営業しているATMがあるだけでなく、「三菱東京UFJ銀行」「りそな銀行」の支店もある。出入金はもちろん、子育て、マイホームなど、ライフステージに沿ったお金の相談や、資産の活用に関するアドバイスも受けられる。待ち時間に本を読んだり、買ったりしながら、楽しい時間を過ごせる。

6F「三菱東京UFJ銀行」tel:072-846-3011、営業時間:9:00~15:00(ATM8:45~19:00)
7F「りそな銀行」tel:072-846-2221、営業時間:9:00~19:00(ATM9:00~19:00)

テラス席も個室もある! 絶景レストラン
8F「レストラン」

和洋中の3店舗が軒を連ね、すべてが枚方の街を見渡せる眺望レストラン。店舗は、小龍包の名店「京鼎樓」、豆腐と湯葉の店である梅の花の新形態「TSUMUGI by 梅の花」、イタリアンのほかバーベキューもできる「MEAL TOGETHER ROOF TERRACE」。百貨店といえば最上階のレストランも楽しみのひとつ。「枚方T-SITE」もその楽しみを大切にし、最上階をレストラン専用のフロアに。

詳細記事へ

すべての店舗にテラス席があり、枚方の街をぐるりと見渡せる。テラス席では星空ディナーも可能。「MEAL TOGETHER ROOF TERRACE」からの眺望。撮影:内藤貞保

■ほかの店内の様子


  • 撮影:内藤貞保

  • 撮影:内藤貞保

  • 4、5階は高い書架に囲まれた吹き抜けになっている。

  • 3Fにある心地よいスペース。

  • Pepperもお出迎え。

  • TSUTAYAのスマホ「TONE」販売カウンター

ネットショッピングの発達やライフスタイルの多様化などで、百貨店の失速を指摘する声も多い。しかし、「家族みんなの時間」「意図せぬ出会い」などを楽しむという点においては、百貨店という場所に勝るものはないだろう。

「枚方T-SITE」は、新しい百貨店の形を提示する。百貨店をかけがえのない場所にしてくれる、そんな予感を誰もが感じずにはいられない。

■店舗情報

「枚方T-SITE」

所在地/大阪府枚方市岡東町12-2
TEL/072-861-5700
営業時間/7:00~25:00 ※営業時間は店舗により異なる
定休日/不定休

枚方T-SITE 公式サイト

「蔦屋書店」の記事をもっと読む


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

【プレミアムフライデー連載】編集者・ツレヅレハナコさんに聞く、「映画とビールな金曜日。」[T-SITE]

Access Ranking

ランキングをもっと見る

手のひらサイズ「ミニ スーファミ」10月5日に発売! 収録ゲームは21タイトル

  1. No.1 手のひらサイズ「ミニ スーファミ」10月5日に発売! 収録ゲームは21タイトル
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 滋賀に大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT」が6月3日オープン
  4. No.4 セブンイレブンが新商品「ホットカフェラテ」「アイスカフェラテ」を発売、2月から全国で順次登場
  5. No.5 猫本だらけの本屋「Cat’s Meow Books(キャッツミャウブックス)」、三軒茶屋に8月8日オープン

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)