奥琵琶湖のほとりでグランピング。10月1日より予約受付

2016.9.23 (金) 07:00

シェア

画像は公式サイトより。

美しい奥琵琶湖の湖畔に、隠れ家のように佇むリゾートホテル「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」が、滋賀県内のホテルとしては初めてとなるグランピング施設「Okubiwako Marvelous Green」をオープンする。営業開始は2016年10月7日(金)、予約受付開始は10月1日(土)。

アクティビティグッズの貸し出しもあり

同施設は、国の重要文化的景観や、環境省選定の「快水浴場100選」にも選出された美しい水質を誇る同ホテルのプライベートビーチに誕生。

ホテル並みに快適なグランピングテントで、美しい奥琵琶湖の自然と、緑溢れる景観に抱かれる特別な時間を過ごすことができる。湖畔でたき火をしたり、夏はカヤック体験をしたり、サイクリング、釣りなど、さまざまなアクティビティも楽しめる。これらのアイテムは別途料金でレンタルすることも可能だ。

グランピングテントは全3棟。1棟につき最大7名まで宿泊可能で、料金は28,000円から。4名以上から利用できる「1泊2食付きグランピングプラン」1名15,500円のほか、素泊まりなど各種プランがそろう。食事は、テント前でのアウトドアディナー、ホテルレストランでの食事のほか、持ち込みもOKだ。

毎年3月1日~11月末日まで営業し、12月1日~2月末日までは冬季休業となる。

「グランピング」の記事をもっと読む

【本件に関するお問い合わせ】

奥琵琶湖マキノグランドパークホテル
電話:0740-28-1111
公式サイト


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「江別 蔦屋書店」が北海道江別市に2018年夏オープン。自然に囲まれた空間でコーヒーと本を楽しむ

  1. No.1 「江別 蔦屋書店」が北海道江別市に2018年夏オープン。自然に囲まれた空間でコーヒーと本を楽しむ
  2. No.2 『美術手帖』最新号は「新しい食」特集。“一汁一菜”を提唱する土井善晴も登場
  3. No.3 生クリーム専門店「MILK(ミルク)」原宿・新宿に8月オープン。生クリームが主役の新感覚スイーツ
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 ミニチュア写真の展覧会「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」新宿で9月1日から

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)