遺伝子検査でハンコをつくる? 「HANCODE」販売受付スタート

2016.10.27 (木) 18:10

シェア
HANCODE(ハンコード)

遺伝子検査の結果を印面デザインとしてグラフィック化し、オリジナルのはんこを作成することができる新製品「HANCODE(ハンコード)」が登場。2016年10月25日(火)より、製品WEBサイトにて200本限定で第1次販売の受付を開始した。

究極のオリジナリティーを求めて開発

HANCODE(ハンコード)
HANCODE(ハンコード)

本商品は、より一層の安全性や独自性の高い印面生成が必要と考えて開発されたもの。革新的なアプローチとして、個人が保有し、究極の個人情報であり、自身そのものである「遺伝子」に着目。さらに、印材には高い耐久性と人体に対する安全性を兼ね備え、スタイリッシュさを演出することが可能な「純チタン2種」を採用している。高いチタン加工技術を持つ福井県の「ヤマウチマテックス株式会社」の協力のもと、最新鋭の加工機が削りだしたはんこを、一本一本丁寧に研磨を行うことで、DNAをイメージした二重らせん構造の成型が実現した。

価格は遺伝子検査費用も含めて69,800円(税抜)。サイズは、高さ約60mm×直径約18mm。

遺伝子要素を加えた印面とは?

HANCODE(ハンコード)

遺伝子検査には、そのパイオニアである、ジェネシスヘルスケア株式会社が提供する検査キット「GeneLife Myself2.0(ジーンライフマイセルフ2.0)」を使用。このキットは、環境因子、遺伝的素質から「社会性」「慎重性、繊細性」「勤勉性」「協調性」「開放性、文化性」の5つの要素で、個人の現状の姿を分析する自己分析遺伝子検査キットだ。60問の質問からなる性格分析テストの結果と遺伝子検査結果から、現在の個性が生まれ持った個性と近いかどうかを比較することができる。

HANCODE(ハンコード)
HANCODE(ハンコード)

これら5つの要素を30段階で評価し、各要素毎の数値に合わせた5つの図形をデザイン。さらにその図形を合成する独自のプログラムにより、2430万通りにもおよぶ固有のデザインを生成する。そこに名前を重ねあわせることで、オリジナルの印面を作り出す。

検査キットの内容、分析内容の詳細はサイトを参照。

なお、遺伝子検査の結果は検査実施者のみに開示され、印面生成に必要なデータは検査実施者から直接を株式会社ハンコヤドットコムに提供する形となる。

「遺伝子」の記事をもっと読む

■商品情報

「HANCODE(ハンコード)」
受付開始/2016年10月25日(火)
値段/69,800円(税抜)

HANCODE 公式サイト


関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

スタバのポイントサービス「STARBUCKS REWARDS」が9月20日からスタート

  1. No.1 スタバのポイントサービス「STARBUCKS REWARDS」が9月20日からスタート
  2. No.2 生クリーム専門店「MILK(ミルク)」原宿・新宿に8月オープン。生クリームが主役の新感覚スイーツ
  3. No.3 ミニチュア写真の展覧会「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」新宿で9月1日から
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 【速報】「次にくるマンガ大賞」第3回は『かぐや様は告らせたい』『うらみちお兄さん』に決定

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)