子連れ新スポット「柏の葉T-SITE」が3月2日オープン。蔦屋書店やキッズスペース、ランチ店、公園も【レポート】

2017.3.1 (水) 10:29

シェア

千葉県柏市に、「代官山T-SITE」(東京・代官山)、「湘南T-SITE」(神奈川・藤沢市)、「枚方T-SITE」(大阪・枚方市)に次いで4店舗目となる「T-SITE」が、2017年3月2日(木)、柏の葉キャンパス駅近くにオープンする。

地域ごとに異なる特性を持つT-SITEの中でも、大きな池沿いに誕生する「柏の葉T-SITE」は、家族で過ごすのにぴったりのスポット。一体どんな楽しみが待っているのだろうか。その全貌を徹底レポートする。

「柏の葉T-SITE」は家族で楽しめる憩い場

吹き抜けを通して2階から見た1階フロア。壁面には絵本や雑誌・本がずらりと並び、眺めているだけでワクワクする。

本を通してライフスタイルを提案する蔦屋書店を中心に、日常を豊かにするモノ・コトを集めた複合商業施設「T-SITE」。4店舗目となる「柏の葉T-SITE」のコンセプトは「子どものいる暮らし」。館全体が子連れでくつろげるつくりになっていて、食事や買い物はもちろん、子どもと楽しめるイベントも多数開催される予定だ。

館内は、キッズ、食、暮らし、アウトドア、スポーツなど、家族で楽しめるフロアを1・2階からなる本館と別棟で展開する。

2月28日(火)にひと足はやく内覧会で館内を楽しんだ地元のママたちは、

「絵本の品ぞろえが多くて、子どもと一緒に店内で読めるのも嬉しいです」
「本の陳列が他の本屋さんとは違っていて、雑貨の隣に関連する本が置いてあったりと読みたくなる本が多いです」
「授乳室が広くてきれいで助かります」
「ベビーカーを預かってもらえるスペースがあったり、子どもと一緒にゆったり過ごせるお店が近場にできて嬉しい!」

とコメント。新スポットのオープンに期待を寄せた。

柏の葉の新名所への見どころをチェック!

店内の注目ポイントをフロア別に紹介する。

ママや子どもたちの集いの場に!
本館1階/“食・暮らし”フロア

食にまつわるコーナー。

食にまつわるコーナー。

本館1階を写真でもっと見る

1階は食にまつわるお店やイベントスペース、カフェがある、毎日通いたくなるフロア。

「スターバックス コーヒー」や、地元の食材を活かしたスープとパンの店「THE GROUNDS BAKER」、全国の有名ブランド果実を手頃な価格のフルーツケーキとして楽しめる「Café Comme ca」など、家族連れやママ会などで活躍しそうな飲食店が多数出店。座席数は店内に200席、池周辺にも348席あるので、テイクアウトして屋外で食べても心地よさそうだ。

また、暮らしを彩るアイテムを扱う店舗も。キッチン用品の専門店「La Cucina Felice」、眼鏡フレーム店「Oh My Glasses Tokyo」、長く使える服と間伐材を利用した雑貨などを扱う「KOE house」が出店する。

そして、施設のメインとなる蔦屋書店では、100メートルのマガジン・ブックストリート、クラフトの聖地・蔵前の毛糸や生地の専門店を集めたもの作りを楽しむスペースが設けられるほか、代官山で活躍した食のコンシェルジュによる日本中の食材を集めたグロサリーやキッチンなど、日常の食と作る楽しみの提案も行っている。

子どもとの「遊び」を「学び」にする
本館2階/子ども向けフロア

2階フロアの中心部にある吹き抜け。子どもでも手の届く高さの棚が四方を囲み、さまざまなジャンルの絵本を読むことができる。

2階フロアの中心部にある吹き抜け。子どもでも手の届く高さの棚が四方を囲み、さまざまなジャンルの絵本を読むことができる。

本館2階を写真でもっと見る

コーヒーやジュースを飲みながら、日本一の品ぞろえの絵本をすべて読むことができるフロア。読み聞かせイベントも毎日実施され、親もくつろぎながら子どものためになる時間を過ごせる。

フロアには、100mの「キッズブックストリート」に絵本がずらり。子どもの興味に合わせて好きな絵本や本が選べる。また、妊娠期から2歳の誕生日までの期間の親子コミュニケーションを提案する「familiar」、子どものいるカッコイイ暮らしを提案する「IDC OTSUKA LIFE STYLE SHOP」、グランピングをテーマにしたフォトスタジオ「Sarah House」、知育とギフトの店「ボーネルンド」、保育士のいる託児所を備える美容室「idea」、フレッシュジュースなどをそろえる「果汁工房 果琳」が出店する。

そして注目なのが、2020年に来る大学入試改変をはじめとする教育改革に向けて未来の学びを提案する「T-KIDSシェアスクール」。英語教育はもちろん、プログラミングなどのテック系ほか、楽しみながら将来に役立つ講座が受けられるという。

関連記事:柏の葉T-SITEに「T-KIDSシェアスクール」がOPEN! AIやロボットが普通にある未来に生きる子どもたちに必要な「学び」とは?

屋外イベントも多数開催!
別棟/“アウトドア”エリア

キャンプグッズやテントなど、アウトドアにまつわる店舗が出店している別館。

キャンプグッズやテントなど、アウトドアにまつわる店舗が出店している別館。

別館を写真でもっと見る

池と隣接した立地を活かし、実際に外のロケーションを楽しめる別棟エリア。

3店舗からなり、アウトドアブランド「A&F」では、親子の外遊びを提案。春からはアクアテラスを使ったカヌー体験なども予定している。また、1914年創業の老舗テントブランド「Grand lodge」の直営店では、週末のテントクリーニングや親子キャンプイベントも実施する予定だ。そして、5月中旬開業予定の千葉県横芝産の食材を使った“千産千消”のイタリアンレストラン「AZZURRO 520」は、グランピングをテーマに親子の会話時間を演出する。

ほか、棟に隣接する「だんだんひろば」では、NY発祥の子どもが自分で遊具を作るImagination Playgroundを無料の公園としては初めて導入。雨に濡れないので、年中楽しめそうだ。また、メインテラスでは、四季を感じるイベントが開催されていく予定。


一人でゆっくり雑誌や本を楽しむもよし、家族で絵本や食事、ショッピングを楽しむもよし。柏の葉の新スポットは、自分時間を充実させ、家族の絆も深めてくれる、そんな場所になりそうだ。

柏の葉T-SITEをフォトギャラリーでチェック!

■店舗情報

「柏の葉T-SITE」
オープン日/2017年3月2日(木)
住所/千葉県柏市若柴227-1
営業時間/8:00~23:00
定休日/不定休
※店舗により営業時間・定休日が異なる
TEL/04-7197-1400

柏の葉T-SITE 公式サイト


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

【プレミアムフライデー連載】漫画家・ミュージシャン久住昌之さんに聞く、「本とビールな金曜日。」 [T-SITE]

Access Ranking

ランキングをもっと見る

【「夏の100冊」2017年】TSUTAYAオススメ! この夏読むべき小説・本

  1. No.1 【「夏の100冊」2017年】TSUTAYAオススメ! この夏読むべき小説・本
  2. No.2 日本橋「アートアクアリウム2017」詳細レポート。金魚が泳ぐアート水族館が開幕
  3. No.3 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  4. No.4 滋賀に大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT」が6月3日オープン
  5. No.5 スマホを望遠鏡に! 「DIYスマホ天体望遠鏡 PalPANDA」でお月見

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)