絶景宿「セトレハイランドヴィラ姫路」に伝統工芸品の1室「aeru room」誕生

2017.3.28 (火) 13:40

シェア

姫路駅から車で山道を登ること20分。街並みを一望できるホテル「セトレハイランドヴィラ姫路」に、日本の伝統産業、伝統工芸の息吹を感じられる1室が誕生した。

コンセプトルーム「aeru room」を手がけたのは、株式会社「和える」。全国各地の伝統産業の職人技を活かして、オリジナルの日用品を作る「0から6歳の伝統ブランドaeru」を生み、注目を集めている会社だ。

“地域が育んできた先人の智慧”と“ホテルの一室”を和えることで、次世代に伝統をつなぐ取り組みが今回のコンセプトルーム。すでに2016年9月からは長崎のホテルでもaeru roomを提供しており、2017年3月25日、姫路のホテル内に第2号aeru roomをオープンさせた。

極上の音色を奏でる明珍火箸など。職人の技を体感し、癒される部屋

aeru roomは日本各地のホテルや旅館に、職人さんの技を活かした特別な一室を設え、宿泊を通じて、日本や地域の魅力との出逢いを生み出す取り組み。それぞれの土地で育まれた伝統産業や文化に五感で触れ、滞在を存分に楽しめる部屋が供される。

「セトレハイランドヴィラ姫路」にオープンするのは「明珍火箸 瞑想の間」。明珍火箸は姫路の代表的な伝統産業品で、火箸が触れ合ったときの澄んだ音は、その美しさから「東洋の音色」として世界からの注目を集めている。癒し効果があると言われており、火箸を使った「火箸風鈴」も姫路土産として人気の品だ。「明珍火箸 瞑想の間」ではそんな火箸が紡ぎ出す音色を聴きながら、自分自身とゆっくり向き合う時間、夫婦や友人とゆっくり語らう時間を過ごせる。

明珍火箸

その他にも、
・備後畳表と稲ワラを使用した座り心地の良い畳
・自分自身の姿が映り込む漆塗りの天井
・お部屋を仕切り、目隠しの効果もあるすだれ
・7種の木の個性を楽しむ7段の違い棚
・柔らかい光をお部屋に行き渡らせる雪見障子
など、職人技を活かし、こだわりを集めた空間をしつらえている。

物語のある調度品をしつらえた長崎のaeru roomも好評

第1号aeru roomは、古くから日本の貿易の玄関口として栄え、“海外文化”と“日本の伝統”を和えることで、独自の文化を花開かせてきた長崎から始まった。2016年9月4日、居留地の丘の上に佇む「セトレグラバーズハウス長崎」の1室に、第1号aeru roomが誕生。「長崎の伝統や歴史を感じられる部屋」をコンセプトに、今の長崎を作ってきた伝統に触れ、長崎の滞在をより深く楽しめる部屋に仕上がっている。

  

aeru roomには長崎の伝統産業や文化、歴史に触れられるように、一つひとつ物語のある調度品を設えている。aeru roomの天井紙は、実際に出島の壁や天井に使用されてきた唐紙を、職人が製作。ハンドソープを入れる瓶には、お酒を輸出する際に使用された波佐見焼のコンプラ瓶を再現したものを使用するなど、日本の貿易の玄関口として栄えた長崎ならではの調度品が宿泊客を迎えてくれる。


どちらの部屋も、単に泊まるだけでなく、その土地ならではの空気感を味わい、五感とともに思い出に残るひとときを過ごせる。観光やレジャーの時間だけでなく、宿でもその土地を感じられたら、旅の思い出がより色濃く心に刻まれるに違いない。

(写真提供:株式会社和える)

■施設情報

「セトレハイランドヴィラ姫路」
室数: 全14室のうち「aeru room」1室
住所:兵庫県姫路市 広嶺山224-26
電話:079-284-3010
宿泊料金:1泊2食付(部屋やラウンジでの飲み物はすべて無料)、2名1室で1人2万8000円(税込)~
定休日:火曜日(祝日・夏季・年末年始除く)
アクセス:JR姫路駅、山陽姫路駅から車で約20分(シャトルバスあり、要予約)

公式サイト

「セトレグラバーズハウス長崎」
室数:全23室のうち「aeru room」1室
住所:〒850-0931 長崎県長崎市南山手町2-28
電話:095-827-7777
宿泊料金:1泊2食付、2名1室で1人1万9000円(税込)~
定休日:火曜日(祝日・夏期・年末年始を除く)
アクセス:JR長崎駅よりタクシー10分または路面電車20分、大浦天主堂下電停下車徒歩5分

公式サイト


関連タグ

姫路Walker ザ・ベスト 2017-18

姫路Walker ザ・ベスト 2017-18

作品詳細・レビューを見る

へるん先生の汽車旅行

へるん先生の汽車旅行

『怪談』で知られる小泉八雲こと、ラフカディオ・ハーン。親の愛を知らずに育ち、イギリスから単身、アメリカに渡った彼は、極貧生活の果て、原稿料を稼ぎにルポライターとして来日した。時は明治、鉄道の時代。横浜から始まり、日本各所で暮らし、やがて帰化―そんな彼を日本に惹きつけたものは何だったのか?「へるん先生」と親しまれた男の軌跡を辿る中で見えてくる、“日本魂”を再発見!

作品詳細・レビューを見る

まぼろしのパン屋

まぼろしのパン屋

朝から妻に小言を言われ、満員電車の席とり合戦に力を使い果たす高橋は、どこにでもいるサラリーマン。しかし会社の開発事業が頓挫して責任者が左遷され、ところてん式に出世。何が議題かもわからない会議に出席する日々が始まった。そんなある日、見知らぬ老女にパンをもらったことから人生が動き出し…。他、神戸の焼肉、姫路おでんなど食べ物をめぐる、ちょっと不思議な物語三篇。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

【プレミアムフライデー連載】編集者・ツレヅレハナコさんに聞く、「映画とビールな金曜日。」[T-SITE]

Access Ranking

ランキングをもっと見る

東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

  1. No.1 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  2. No.2 バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」、東京駅に4月27日オープン
  3. No.3 セブンイレブンが新商品「ホットカフェラテ」「アイスカフェラテ」を発売、2月から全国で順次登場
  4. No.4 手のひらサイズ「ミニ スーファミ」10月5日に発売! 収録ゲームは21タイトル
  5. No.5 滋賀に大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT」が6月3日オープン

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)