【速報&レポート】銀座の新名所「GINZA SIX(ギンザ シックス)」4月20日オープン。デパ地下やカフェなど見どころを紹介

2017.4.14 (金) 22:03

シェア
GINZA SIX(ギンザ シックス)

日本の良き伝統や歴史を継承しながら世界の最先端を取りこみ、日本のシンボルとなっている銀座。そのど真ん中、元・松坂屋銀座店と周辺を含む場所に、商業施設「GINZA SIX」が2017年4月20日(木)にオープンする。旬なブランド241店舗が集結するだけでなく、屋上庭園や能楽堂など新しくできる体験スポットにも注目が集まっている。

果たしてどんな体験が待っているのか。ひと足はやく見どころをレポート。

「GINZA SIX」写真ギャラリー

芸術や文化を「観る」。草間彌生の新作や屋上庭園など

同施設のコンセプト「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」を実現すべく、さまざまなクリエイティブな体験ができる場所も登場する。

草間彌生の新作やインスタレーション

草間彌生の新作インスタレーション

施設中央に位置する大きな吹き抜け空間では、森美術館の監修のもと、世界のアートシーンで活躍する芸術家・草間彌生の新作インスタレーションを期間限定で展示。彼女の代表的なモチーフである“ドット”のカボチャが12個、シャンデリアのように吊り下げられる。

館内2カ所にある高さ約12mの壁面(リビングウォール)には2つのアートが登場する。一方は植物学者兼アーティストのパトリック・ブランの作品、もう一方は、プログラミングによって24時間365日変化し続ける、ウルトラテクノロジスト集団・チームラボの映像作品だ。

さらに、エレベーターホールや通路には、国内外で活躍する注目のアーティスト、大巻伸嗣、船井美佐、堂本右美の作品が常設展示され、見るものを魅了する。

詳細記事を読む

気軽に日本伝統文化に触れられる「観世能楽堂」

観世能楽堂

2015年3月まで渋谷・松濤に構えていた観世堂の総檜の舞台をそのまま移築した「観世能楽堂」。能の公演以外にもさまざまな創造的な舞台が催される予定で、2017年6月からは、観光客や仕事帰りのサラリーマン、OL、学生などが気軽に日本文化にふれることのできる伝統芸能の公演が、毎週月・火・水曜日の夜に行われる予定となっている。

詳細記事を読む

緑あふれる屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」

屋上庭園「GINZA SIXガーデン」

約4,000平方メートルの屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」は、約56%を緑地とし、憩いや交流の場に。「江戸の庭園文化」をコンセプトにした植栽では、江戸の庶民の暮らしで身近に親しまれた庭園や園芸の文化を伝え、中央部の広場空間では、多様なアクティビティを実現する。

これらさまざまな芸術や文化に親しむことで、真に豊かな暮らし、人生を感じることのできる施設を目指す。

詳細記事を読む

暮らしを「買う」。蔦屋書店や人気アウトドアブランドなど

ファッションブランドや書店など、ショッピングも楽しめる同施設。2店舗をピックアップして紹介する。

6万冊のアートブックがそろう「銀座 蔦屋書店」

銀座 蔦屋書店

日本の文化や美意識を発信するとともに、アートとともに暮らす生活を提案。国内外のアート雑誌、希少価値が高いヴィンテージ本など、約6万冊のアートブックが並ぶほか、日本刀やアートとともに飲むための日本酒などユニークなお土産アイテムもそろう。また、5千冊のアート雑誌を見ながらコーヒーを飲める「スターバックス」もあり。

詳細レポートを読む
「スターバックスコーヒー GINZA SIX店」ではスタバ新体験も

隈研吾氏が設計したトレーラーハウス”住箱”も買える「スノーピークモバイル」

スノーピークモバイル

スノーピークモバイル

住箱

住箱の模型

「スノーピーク」が都市型生活の新たな形を提案するコンセプトショップ。 軸となるのは、建築家・隈研吾氏とコラボレーションしたモバイルハウス「住箱 –JYUBAKO-」だ。日本人の心を和ませ、かつ軽量化に適した“木”を用いることにこだわり、乗用車で牽引できるトレーラーハウス。自然の中でキャンプをし続けたり、車庫証明をとって都市につかのまの居を定めたり、固定されない自由な住居スタイルを叶えられる。

多彩な「食」スタイルがそろう。デパ地下や「銀座大食堂」など

お弁当やパン、スイーツまでがずらりと並ぶデパ地下や、買い物中に休憩できるカフェ、食事を楽しめるレストランフロアなど、食の情報も見逃せない! ここではいくつかをピックアップして紹介する。

銀座の新たな定番商品が並ぶ、デパ地下フロア(地下2階)

「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」

「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」

地下2階 デパ地下フロアを写真でもっと見る

新業態や都内初出店など、チェックしておきたい店舗がズラリ。“お母さんの料理の最上級”を目指した海苔弁専門店「刷毛じょうゆ 海苔弁 山登り」や、パン激戦区のパリ5区モンジュ通り発祥のベーカリー「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」、初めて和テイストの商品や内装を取り入れ、コンフィズリー(砂糖菓子)専門店として展開する「PAPABUBBLE」ほか、利用してみたい店舗ばかりだ。

ゆったりと休憩できる、カフェ&スタンドバー(4・5階)

  • ♯0107 PLAZA
    ♯0107 PLAZA
  • ♯0107 PLAZA
    ♯0107 PLAZA
  • 72 Degrees Juicery + Café by David Myers
    72 Degrees Juicery + Café by David Myers
  • 72 Degrees Juicery + Café by David Myers
    72 Degrees Juicery + Café by David Myers
  • ♯0107 PLAZA
  • ♯0107 PLAZA
  • 72 Degrees Juicery + Café by David Myers
  • 72 Degrees Juicery + Café by David Myers

また、ファッション・ライフスタイルブランドが提案する新しいカフェ&スタンドバーも見逃せない。PLAZAが手掛ける新業態「♯0107 PLAZA(オトナプラザ)」(4階)は、全体の約80%が既存店で取り扱いのないオリジナルアイテムに。店内に「STAND BAR」を併設し、生搾りのコールドプレスジュースや珍しいミルク出しアイスカフェオレなどを提供する。

デザイナーブランドやオリジナルコレクションを展開する「JOSEPH」(5階)のコンセプトショップでは、日本初上陸のセレクトブックカフェ「JOE'S CAFE」を併設。希少本を手に取りながら、紅茶や日本茶、中国茶などを味わえる。「72 Degrees Juicery + Café by David Myers」では、世界各地で活躍するスターシェフが、様々な果実や野菜を使ったスムージーなどを提供。

日本食が味わえるフードホール「銀座大食堂」(6階)

さらに、6階には、日本食をテーマとした380席規模のフルサービス型プレミアムフードホール「銀座大食堂」が登場。全国各地の和食の名店7店舗が軒を連ねる「のれん街」、日本料理界をけん引する京都の料理人・徳岡邦夫氏が手掛ける洋食メニューや世界最高レベルのお茶を堪能できる「ダイニングゾーン」、国内外で評判の山田チカラ氏が手掛けた茶の湯スタイルを取り入れた創作料理を味わえる魚介バル「中央エリア」など、職人たちの腕と技が光る料理の数々を堪能できる10店舗が集う。

お土産を「買う」! 編集部が見つけた銀座土産

初出店となるブランドだけでなく、どの店舗も至極の商品が並ぶ同施設。自宅用ももちろんのこと、お土産としてプレゼントしたいものばかりだ。最後に、編集部が見つけた素敵なお土産アイテムを紹介したい。

ベッジュマン&バートン

ベッジュマン&バートン

その他、銀座土産を写真でチェック!


ファッション、芸術、食と、すべてでプレミアムな体験ができる「GINZA SIX」。来週のオープンが待ち遠しい。

「GINZA SIX」写真ギャラリー

■店舗情報

「GINZA SIX(ギンザ シックス)」
オープン日/2017年4月20日(木)
営業時間/物販・サービス10:30~20:30、飲食11:00~23:30※一部店舗により異なる
住所/東京都中央区銀座6-10-1

GINZA SIX 公式サイト


関連記事

関連タグ

とっておきの銀座191店<完全保存版>

とっておきの銀座191店<完全保存版>

おとなの週末が初めて作った渾身の銀座本です。ランチからディナーまで間違いなしのお店ばかり、食べ歩きのお供にご活用ください。

作品詳細・レビューを見る

東京おのぼり観光 昔のグルメガイドで

東京おのぼり観光 昔のグルメガイドで

銀座、浅草、東京タワー、スカイツリーを眺めつつ50年前のガイドブックに載ってるお店をめぐる。

作品詳細・レビューを見る

銀座ごはん

銀座ごはん

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

子連れ新スポット「柏の葉T-SITE」が3月2日オープン。蔦屋書店やキッズスペース、ランチ店、公園も【レポート】

  1. No.1 子連れ新スポット「柏の葉T-SITE」が3月2日オープン。蔦屋書店やキッズスペース、ランチ店、公園も【レポート】
  2. No.2 パリ発のモッツァレラサンドイッチショップ「Mmmozza」原宿に3月30日オープン
  3. No.3 枚方市駅前の新名所「枚方T-SITE」を徹底解剖! 蔦屋書店・TSUTAYAがライフスタイル型の百貨店に
  4. No.4 京都タワービルが「KYOTO TOWER SANDO(京都タワー サンド)」に。2017年春リニューアル
  5. No.5 ハーゲンダッツの期間限定メニュー「クロワッサンコーン」、4月29日から「Häagen-Dazs Bakery」で発売

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)