質屋レストランに銀行カフェ? NYで話題の混合店がおもしろい

2017.7.29 (土) 07:00

シェア
「Beauty And Essex」の質屋。トレンド好きな人々が毎夜集まり、奥のドアに入っていく。

「Beauty And Essex」の質屋。トレンド好きな人々が毎夜集まり、奥のドアに入っていく。

ニューヨークでは近年、業種が混合したお店が増えている。たとえば、日本にもよくあるようなカフェと本屋の混合はもちろんのこと、カフェと洋服屋やバーと花屋など。ほかにも、カフェと銀行、カフェとボクシングクラス、靴屋とアイスクリーム、質屋とレストラン、レストランとコワーキングスペースと雑貨屋など、ユニークな組み合わせの混合店も見かける。

混合店はここ数年のトレンド

「混合店がニューヨークのここ数年のトレンドになっているのは確か」と教えてくれたのは、流行の発信地、ブルックリンにある「Upstate Stock」のオーナー、ブラム・ロビンソンさん。ブラムさんの店は、キルティング倉庫だった古い建物を改造して作った、クリエーティブで個性的なアパレルとカフェの混合店だ。アパレルブランドを2012年に立ち上げ、カフェスペースを開いたのは昨年のこと。観光などで店に立ち寄った際、洋服や雑貨を見たあとにコーヒーを飲みながら休憩できるのは、なんともありがたい。

「Upstate Stock」。手前がカフェ、奥が洋服や雑貨コーナーになっている。

「Upstate Stock」。手前がカフェ、奥が洋服や雑貨コーナーになっている。

カフェを併設した主な理由として、「レンタル(賃料)だよ」とブラムさんは一言。なるほど、アパレルだけの売り上げでは、ブルックリンの高い賃料を賄うのが難しいのだろう。ニューヨークでは不動産価格が高騰し続けており、賃料の高さは経営者には頭の痛い問題なのだ。

わかりにくい混合店も

マンハッタンにも、毎夜賑わう混合店がいくつもある。そのうちの一つが「Beauty And Essex」だ。表向きは質屋。しかしその奥にあるドアを開くと、ゴージャスなレストランバーとバーエリアが広がっている。店内はとにかく広い。そして、まるで禁酒法時代を思わせるような雰囲気だ。

一見、ただの質屋だが・・

一見、ただの質屋だが…。

「Beauty And Essex」の質屋の奥は、このようなレストランが広がる。

「Beauty And Essex」の質屋の奥は、このようなレストランが広がる。

質屋から入ってレストランまでの間は、バーになっている。

質屋から入ってレストランまでの間は、バーになっている。

なぜ混合店にしたのか、オーナーシェフのクリス・サントスさんに聞いてみると、「フードから内装まで、ほかのどこにもないような店を作りたかったから」とのこと。フード類においても、大皿単品料理が定番だったこれまでのアメリカの食の常識を打ち破り、タパスのような「小皿メニュー」を取り入れており、それらのマーケティング戦略が大当たりして、今やニューヨーク以外にラスベガスやロサンゼルスにもお店が拡大している。

「混合店やめました」も

経営上のファイナンシャルを助け、話題作りにもなる混合店は、ニューヨークで今後も増え続けていくのだろう。しかし中には、混合店をやめた店もある。

「The Last Word」の店内は、2週間前に壁がなくなり開放的になったばかり。

「The Last Word」の店内は、2週間前に壁がなくなり開放的になったばかり。

クイーンズにあるクラフトカクテルが人気のバー「The Last Word」。この店は2016年にオープンしたばかりで、表向きは工具店だった。しかし、マネージャーのヴェロニカさん曰く「実は2週間前に経営方針を変えて、工具店スペースをなくしたばかり」とのこと。その理由として、「工具を買いに来るお客さんが結構いたのだけど、実際に工具を売っているわけではなかったから、申し訳ないという気持ちと、以前の隠れ家的な店では、怪しいと訝る人も少なくなくて...」。

今ではごらんのとおり、工具店は跡形もなくオープンエアで開放的な店に様変わり。まだリニュアルオープンから数週間だが、売り上げも多少以前よりは良いそうだ。

創作カクテルに定評がある「The Last Word」。写真は「Polynesian Putdown」(13ドル)は飲みやすくておいしい。

創作カクテルに定評がある「The Last Word」。写真の「Polynesian Putdown」(13ドル)は飲みやすくておいしい。

賃料が高く、競合店も多いニューヨーク。生き残るために混合店にする?やっぱりやめる?どの経営者も試行錯誤を繰り返している。ニューヨーク観光の際は、そういう視点でお店を覗いてみるのも一興だろう。

(文:安部かすみ fromニューヨーク)

■店舗情報

Upstate Stock
公式サイト

Beauty And Essex
公式サイト

The Last Word
公式サイト

■取材国:アメリカ
安部かすみ(あべ・かすみ)

2002年に渡米し、在ニューヨークの新聞社でのシニアエディター職を経て、2014年からフリーの編集者、ライターに。ニューヨークから食やエンタメ、テック系などのトレンドを発信中。編集者歴は日米で20年。

HP Global Press Blog Twitter


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連記事

関連タグ

THE TIMEX JOURNAL 2017 今、ニューヨークで、やりたいこと。

THE TIMEX JOURNAL 2017 今、ニューヨークで、やりたいこと。

作品詳細・レビューを見る

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

ブルックリンの美しい街並を一望できるアトリエと屋上庭園付きの部屋に暮らす結婚40年の夫婦。エレベーターのない生活が辛くなった二人が巻き起こす、最低で最高の週末を描く。主演は演技派モーガン・フリーマン。

作品詳細・レビューを見る

マダム・イン・ニューヨーク

マダム・イン・ニューヨーク

夫と子どものために人生を捧げてきたごく普通のインド人主婦が、ひょんなことから家族に内緒でニューヨークの英会話学校に通い始めたことをきっかけに自信が芽生え、人生の新たな喜びを見出していくさまをハートウォーミングに描いたインド発の女性ドラマ。主演はインドの国民的女優で本作が15年ぶりの復帰作となったシュリデヴィ。監督は本作が長編デビューのガウリ・シンデー。料理上手のインド人専業主婦シャシは、2人の子どもと忙しいビジネスマンの夫に尽くす日々。しかし家族の中で自分だけ英語が出来ず、そのことをたびたびバカにされ不満を募らせていた。そんなある日、ニューヨークに暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、家族より一足先にニューヨークへと向かうシャシだったが…。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」レポート。2017年の見どころ&グッズは?
  3. No.3 カルディの「2017冬のお楽しみバッグ」12月1日から数量限定で発売
  4. No.4 「らんま1/2カフェ」大阪・名古屋・東京で期間限定オープン
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)