巨大な移動式コンサートホール「ARK NOVA(アーク・ノヴァ)」、六本木に9月19日から登場

2017.7.26 (水) 07:00

シェア
宮城県松島町に設置された「アーク・ノヴァ」(2013年)

宮城県松島町に設置された「アーク・ノヴァ」(2013年)

「東京ミッドタウン」(東京・六本木)が開業10周年を記念して、「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」を期間限定で開催する。芝生広場には、移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」が登場する。期間は2017年9月19日(火)~10月4日(水)。

「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ」とは?

「アーク・ノヴァ」内観

「アーク・ノヴァ」内観

「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ」は、ヨーロッパ屈指の音楽祭「ルツェルン・フェスティバル」の芸術総監督ミヒャエル・ヘフリガー氏が、震災翌日の2011年3月12日、梶本眞秀氏(KAJIMOTO代表取締役社長)へ安否を尋ねる電話をしたことがきっかけとなり、東日本大震災からの復興への一助として、被災地に音楽を届けたいという想いで行われたイベント。

世界的建築家の磯崎新氏と英国人彫刻家のアニッシュ・カプーア氏との協働により、高さ18m、幅30m、奥行36m、494名収容の移動式コンサートホール「アーク・ノヴァ」が製作された。その名は、ラテン語で“新しい方舟”という意味をもつ。「アーク・ノヴァ」は、塩化ビニールでコーティングされたポリエステル製の膜が1時間ほどの送風でドーム状に膨らみ、折り畳んでトラックで輸送可能。ホール内のベンチの一部は、震災の記憶を残そうと、津波の塩害と地盤沈下によって伐採された瑞巌寺の参道杉を材料に、宮城県石巻市の「石巻工房」の監修により市民が参加したワークショップで制作されている。2013年から2015年にかけて、松島、仙台、福島の3か所で計3回展示され、コンサートやワークショップを開催し延べ1万9千人を動員した。

「アーク・ノヴァ」
「アーク・ノヴァ」

東日本大震災を風化させない。「アーク・ノヴァ」で各種イベントを実施

福島市でアーク・ノヴァに集う人々(2015年)

福島市でアーク・ノヴァに集う人々(2015年)

今回開催されるイベントは、東北以外の地でも「アーク・ノヴァ」を展示し、この活動を通じて東日本大震災を風化させないという「ルツェルン・フェスティバル」の想いに、東京ミッドタウンが賛同し実現。建築芸術としても高い評価を得た「アーク・ノヴァ」を、デザインとアートの街・東京ミッドタウンに展示する。期間中は、内部の一般公開日を設け、被災地で行われたイベントの様子などを見れるほか、コンサートや映画の上映会が実施される。各イベントの詳細は後日発表される予定だ。

【本件に関するお問い合わせ】

東京ミッドタウン・コールセンター
電話:03-3475-3100
公式サイト


フォトギャラリー


関連記事

関連タグ

Kesennuma,Voices.6 東日本大震災復興特別企画~2016 堤幸彦の記録~

Kesennuma,Voices.6 東日本大震災復興特別企画~2016 堤幸彦の記録~

堤幸彦監督が被災地・気仙沼で生きる人々の“声”を伝えるオリジナル番組の第6弾。2012年に放送された第1弾の「Kesennuma,Voices. 東日本大震災復興特別企画~堤幸彦の記録~」では、妹夫婦を津波で亡くしたアナウンサー・生島ヒロシの長男・勇輝と次男・翔の気仙沼でのボランティア活動を通して、苦しくともゆっくりと立ち上がっていく気仙沼の人々の姿をとらえた。それから6年目の作品となる本作では、依然として仮設暮らしを続ける方々や、高台移転で新居を建てる方々に焦点を当て、防潮堤や砂浜、漁業が抱える諸問題についても取り上げる。また、身内や大切な人を失った被災者に、その人を“思って”もらい、“心の声”を記録する。地震大国・日本において、何を伝え、何を残して大切にしていくのか。心の復興を伝え続ける2017年作品。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』に登場した読書芸人おすすめ本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』に登場した読書芸人おすすめ本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 中村文則の最新作『R帝国』は「『教団X』以上にヤバい内容」。覚悟を決めて書いた理由
  4. No.4 神戸港に巨大クリスマスツリーが12月2日から登場。プラントハンター・西畠清順が手掛ける
  5. No.5 「らんま1/2カフェ」大阪・名古屋・東京で期間限定オープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)