「THE」の派生ブランド「THE MONSTER SPEC」登場。第1弾はオールラウンドバイクとダウンウェア

2017.8.8 (火) 07:00

シェア
「THE MONSTER SPEC(R) BIKE “ALLROUNDER”」

「THE MONSTER SPEC(R) BIKE “ALLROUNDER”」

THE株式会社が、従来の「THE」ブランドから派生したスピンオフブランドの「THE MONSTER SPEC(R)」を発表。第1弾として唯一無二の究極のオールラウンドバイクを目指して開発された「THE MONSTER SPEC(R) BIKE “ALLROUNDER”」と、今までにない圧倒的な暖かさを誇るダウンジャケット「THE MONSTER SPEC(R) DOWN JACKET」の2アイテムを発表した。

究極のオールラウンドバイク「THE MONSTER SPEC(R) BIKE “ALLROUNDER”」

「THE MONSTER SPEC(R)」は、オーバースペックとも言えるほど充実の仕様を施した製品群ブランド。最先端の技術や考え方を用いて、これまでの常識では考えられなかった贅沢な仕様を施している。

第1弾の「THE MONSTER SPEC(R) BIKE “ALLROUNDER”」は、ロードバイクの軽快さ、マウンテンバイクの力強さ、モビリティとしての快適性、そのひとつひとつを分解して考えることで生まれた究極のオールラウンドバイク。自転車のフレーム製造において40年以上の歴史を持ち、1980年代にはじまった世界のマウンテンバイク製造のパイオニアでもある大阪のフレームメーカー「東洋フレーム」との共同開発により実現した。

フレームには、軽さ・靭性・強度を高次元で実現するチタニウムチューブをメインで用い、NC加工で作るフレームヘッドとフレームエンドには、航空機や宇宙産業にも使われる最高グレードのチタニウムを使用。基幹パーツとなるカーボンフロントフォークやステムも全てオリジナルで設計し、駆動機構は金属チェーンではなくカーボンベルドライブを採用している。カーボン製ベルトのため、潤滑油などは一切使わず、メンテナンスフリー。金属チェーンの2倍長持ちするほど丈夫で、泥や雪にも強い。更に、従来のチェーンと比べて軽量、金属の動作音もないという。

また、このベルトドライブ駆動に、内装変速システムと、電動シフターを組み合わせ、電気信号による8段階の変速を実現。この内装変速システムとは、自転車のホイールの中に変速機が収納されている機構のことで、外観は変速のない自転車と変わらずシンプルだが、内部にはプリウスなどにも採用される遊星歯車機構という超精密技術が詰まっている。それにより、走行中、停車中に関わらず、いつでも変速を受け付けることが可能だ。

このように、数多くのこだわりが詰まっているが、自転車として外観や機能はいたってシンプル。錆びにくく、壊れにくく、クリーンで、静音だ。「8 speed」700,000円(税抜)と「single speed」400,000円(税抜)の2タイプを展開。

ベースは南極観測隊のダウンウェア「THE MONSTER SPEC(R) DOWN JACKET」

「THE MONSTER SPEC(R) DOWN JACKET」

「THE MONSTER SPEC(R) DOWN JACKET」

「THE MONSTER SPEC(R) DOWN JACKET」は、南極観測隊の為のダウンウェアを基盤に、街でも山でも圧倒的な暖かさを約束するダウンジャケット。共同開発したのは、1951年に現・東洋羽毛工業株式会社のウェア部門として設立され、日本中が歓喜した日本山岳会隊による1953年の世界初のマナスル登頂をはじめ、南極観測隊、エベレスト登山隊、日本人初の北極点到達など、日本の冒険家を支え続けてきたメーカー「ZANTER(ザンター)」。そして、世界一軽量なナイロン生地を開発する「カジグループ」の協力によって生まれた。

一般に市販されているダウンウェアの多くは食肉用に飼育された生後45日前後の中ヒナの羽毛が使用されているが、同商品の羽毛は、農業における雑草や害虫対策のために飼育された生後90日以上の成鳥から採取しているため、羽毛自体の色はグレーだが、羽枝が密集し、ひとつひとつが大きく、保温性・弾力性・耐久性に優れている。

また、熱を逃がさない構造として、南極観測隊のウェアでも採用されているダブル構造と、独自のダウンチューブ構造という非常に珍しいパターンで構成。これらによって、熱を逃がさずに6箇所もの大容量ポケットを作ることを可能とした。ナイロン生地は、薄くて軽量な上、リップストップタフタと呼ばれる引裂強度の高い組織でできており、全体に撥水加工を施している。サイズは、S・M・L・XLを展開、価格は130,000円(税抜)。

どちらの商品も、11月中旬より全国の取扱店にて順次発売される。まずは、究極のクオリティを店頭で体感してみては。

■開催情報

「THE MONSTER SPEC(R) BIKE “ALLROUNDER”」

発売日/2017年11月
値段/「8 speed」700,000円(税抜)、「single speed」400,000円(税抜)

「THE MONSTER SPEC(R) DOWN JACKET」

発売日/2017年11月
値段/130,000円(税抜)

公式サイト


フォトギャラリー


関連記事

関連タグ

「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義

「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義

「相鉄」「中川政七商店」「くまモン」「茅乃舎」「東京ミッドタウン」などでコンサルタントとしても活躍。クリエイティブディレクター水野学が関わると“長く売れる”のはなぜなのか。デザインを、ビジネスの現場へ、地方創生の現場へ、行政の現場へ。

作品詳細・レビューを見る

good design company 水野学

good design company 水野学

数々の企業や商品のブランディングを手がけ、それらを成功に導いてきたクリエイティブディレクター・水野学とgood design company。マーケティング的見地だけでは計り知れない付加価値をもたらす「美意識を伴うブランディング」で、躍進を続ける彼等の仕事の全貌を、豊富な図版と詳細な解説で紐解く一冊。デザインとブランディングの裏側が分かる、メイキングやインタビューも多数収録。2013年発行のムック『デザインノートEXTRA good design company 水野学』の書籍化!!

作品詳細・レビューを見る

アウトプットのスイッチ

アウトプットのスイッチ

「ヒット」を生み出すためには、コンセプト、デザイン、ネーミングなどのクオリティだけでは足りない。それにはアウトプット―最終的に表現したもの―の質が最重要である。日本を代表するクリエイティブディレクターが明かす、今すぐ役立つクリエイティブ思考と仕事術。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』に登場した読書芸人おすすめ本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』に登場した読書芸人おすすめ本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 中村文則の最新作『R帝国』は「『教団X』以上にヤバい内容」。覚悟を決めて書いた理由
  4. No.4 神戸港に巨大クリスマスツリーが12月2日から登場。プラントハンター・西畠清順が手掛ける
  5. No.5 「らんま1/2カフェ」大阪・名古屋・東京で期間限定オープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)