「お台場海上芸術花火祭 2017」10月21日に開催。花火×音楽×夜景のエンターテインメント

2017.8.24 (木) 07:00

シェア
「お台場海上芸術花火祭 2017 ~秋のハロウィンビーチフェスティバル~」

「お台場海上芸術花火祭 2017 ~秋のハロウィンビーチフェスティバル~」

お台場海浜公園(東京・台場)を会場として、花火ショーとハロウィンイベントを連携した新機軸のエンターティンメントイベント「お台場海上芸術花火祭 2017 ~秋のハロウィンビーチフェスティバル~」が2017年10月21日(土)に開催される。これに伴い、8月18日(金)よりチケットぴあでチケットの販売を開始した。

花火×音楽×夜景が楽しめる唯一無二のエンターテインメント

本イベントの「ミュージック花火」で​は、​音楽と花火のシンクロをテーマに、お台場初となるワイド200m級の大きさを誇る空中ナイアガラ花火や特注閃光花火を使用し、UFOがあたかも東京湾の夜空に出現したかのような「未知との遭遇体験」を演出。緻密なコンピューター制御により、音と一体化した「本物の」音楽連動花火が体感できる。10,000発以上の打ち上げ数は、都内でもかなり大きな規模で、これを視界を遮られること無くレインボーブリッジを背景とした夜景と海とともに観賞できる。

また、鑑賞エリアも少しリッチな環境の指定席エリア、ややお手頃なシーサイドエリア、レインボーブリッジをバックに鑑賞できるレインボービューエリア、その他調整中の企画エリア(後日詳細発表)など多岐に分かれており、ニーズに合わせて選べる。

チケット料金は、前売りで、シーサイドエリアが大人5,800円、子ども(4歳以上)2,800円、レインボービューエリアが大人7,800円、子ども 3,800円。それぞれ当日券は、大人がプラス1,000円、子どもがプラス700円となる。指定席エリアもあり、前売りで、イス席9,800円、ペア観賞できるSPカップルチェア30,000円、4名で利用できるテーブル席50,000円。シーサイドエリア、レインボービューエリアは、来場時に配布するビニールシートを砂浜に敷いて鑑賞するエリアとなる。チケットの購入は、チケットぴあから行える。

ハロウィンパレードや秋の味覚グルメも満喫

同イベントでは、秋ならではの「ハロウィンムード」を存分に楽しめるよう様々な仕掛けも。ハロウィンを意識した秋の味覚フードエリアのほか、ハロウィンパレードと称して、ゲスト(後日詳細発表)を招き、参加者と一緒に会場内を練り歩く、ビーチウォーキングを実施する。コスプレを楽しむもよし、ゲストとの夢の時間に一喜一憂するもよし、花火が打ち上がるまでの時間も十分に楽しめそうだ。

また、会場のあちこちには、大道芸人やストリートパフォーマーがおり、一声かければ何かその場で簡単な芸を披露してくれるなどサプライズな演出も。一定時間ごとにショータイムもあり、じっくりパフォーマンスを見ることもできる。

ほか、会場に施されたかぼちゃのオブジェやランタン等、ハロウィン風の装飾は、インスタグラムでも見栄えの良い撮影スポットに!メインの花火打ち上げまでの時間もトータルで楽しむことができる総合ハロウィンフェスとなっている。

「他では体験できない一夜」をテーマにした、秋のエンターテインメント​を存分に満喫しよう。

■開催情報

「​​お台場海上芸術花火祭 2017」~秋のハロウィンビーチフェスティバル~

開催日/​2017年​10​月​21​日(土)
開催時間/​開場1​5​:00、花火打ち上げ開始18​:​30​
会場名/お台場海浜公園(東京都港区台場1)
定休日/なし

公式サイト


フォトギャラリー


関連記事

関連タグ

夜の絶景写真 花火編

夜の絶景写真 花火編

作品詳細・レビューを見る

眺望絶佳の打ち上げ花火

眺望絶佳の打ち上げ花火

本書は、日本の伝統花火から最新の芸術玉まで、色とりどりの美しい花火を紹介する「花火のビジュアルブック」です。30年以上に渡り、花火を撮り続けている金武武氏による写真約80枚に加え、花火の名前や作り方、打ち上げ方法に至るまで花火の基礎知識を詰め込みました。「同じ玉は二度とない」と言われ、常に進化し続ける花火の奥深き世界をどうぞお楽しみください。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」レポート。2017年の見どころ&グッズは?
  3. No.3 「らんま1/2カフェ」大阪・名古屋・東京で期間限定オープン
  4. No.4 カルディの「2017冬のお楽しみバッグ」12月1日から数量限定で発売
  5. No.5 神戸港に巨大クリスマスツリーが12月2日から登場。プラントハンター・西畠清順が手掛ける

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)