スイスにジャングル出現!? レストランやグッズも楽しい「マソアラ熱帯雨林」

2017.9.3 (日) 07:00

シェア
橋でつないだ2つのタワーは2013年に完成  (c) Zoo Zürich, Corinne Invernizzi

橋でつないだ2つのタワーは2013年に完成  (c) Zoo Zürich, Corinne Invernizzi

ヨーロッパにジャングルがあると言ったら驚くだろう。しかも雪国のスイスにだ。アフリカのマダガスカル島の国立公園の動植物が、そのままチューリヒの街中に生息している。

マソアラ国立公園と提携、総工費は58億円 

チューリヒのジャングルの名前は「マソアラ熱帯雨林 MASOALA REGENWALD」。マダガスカル島には国立公園がいくつかあり、そのうちの1つ「マソアラ国立公園」の生態を再現している。2003年、チューリヒ動物園内に登場した58億円もかけたドーム型施設だ。

「マソアラ熱帯雨林」外観。ここから出入り可。動物園正面口は反対側

「マソアラ熱帯雨林」外観。ここから出入り可。動物園正面口は反対側

ドームは高さ30メートル、体積20万立方メートルと大きい。温度は20~30度、湿度は約80%に保たれている。ムワッとする空気、生い茂る木々、動物や鳥の声、水の音と、中に入れば、まさに別世界が広がる。曲がりくねった小道を歩きながら、動植物を眺めていく。柵は一切なく、巨大なカメや鳥類は池を作って距離を保って見るように工夫してある。

下の方のピンク色の道を渡ると「マソアラ熱帯雨林」 (動物園サイトより引用) 

下の方のピンク色の道を渡ると「マソアラ熱帯雨林」 (動物園サイトより引用) 

マダガスカル島全体の自然は、大きな危機にひんしている。人間が住み始めてから人口が増え、耕地化、木の伐採、狩猟などで、もう90%の熱帯雨林が失われているという。チューリヒ動物園はこれを救おうと立ち上がった。スイスで、多くの人たちに熱帯雨林の素晴らしさや大切さを知ってもらおうとこのドームを作り、資金を集めて国立公園の維持のために、そして周辺の住民たちのために使ってもらっている。

バナナの木

バナナの木

花も咲いている

花も咲いている

池越しに見える巨大なカメも、いつも注目の的

池越しに見える巨大なカメも、いつも注目の的

高さ18メートルのタワーから、ジャングルを見渡す 

動物園のほうで改築・新設が進む中、「マソアラ熱帯雨林」でも開設10周年記念として、2013年、2つのタワーと橋が建てられた。

景観建築家がデザインしたタワーは10メートルと18メートルで、橋でつなげた。繭の構造をイメージしたそうで、ツルや雨・空気などで育つ植物で外側を覆ってある。1つのタワーには、中心部に背の高いパンヤノキを植えてアクセントをつけた。高い所からの眺めは、ぜひ見てほしい。地上の小道を歩くのとは違う印象だ。

タワーにも木が茂る

タワーにも木が茂る

橋からの眺め。動物園の努力で種から生育できるようになった在来種もある

橋からの眺め。動物園の努力で種から生育できるようになった在来種もある

珍しい動植物を見よう    

「マソアラ熱帯雨林」には、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類(カエル)、魚類、昆虫類の50種以上300個体が住み、500種以上の植物が育つ。動物はマダカスカル島特有で、植物も65%以上が島にあるものだ。動物たちのすべてが姿を見せるわけではないけれど、カメレオンやアカエリマキキツネザルなど珍しい生き物が至近距離で観察できるのは、やはり興奮する。

カメレオンが、この距離で見られる

カメレオンが、この距離で見られる

アカエリマキキツネザル

アカエリマキキツネザル

新エリア続々、動物園も訪れる価値大

「マソアラ熱帯雨林」は動物園内にあるため、熱帯雨林だけを見ることはできない。でも、動物園も本当におすすめ。2014年にゾウパークがオープン、2015年にラクダのいるモンゴルエリアができ、2016年には水族館がリニューアルオープンした。2018年にはオーストラリア、2020年にはサファリと2つのエリアのオープンを目指して工事が進んでいる。

様々な動物たちがゆったりと暮らしている様子を見れば、気分もリフレッシュ! 来てよかった!と感じるだろう。なお、売店やレストランのほか、ピクニックができる場所も数か所あるので食べ物持参でもOKだ。

レストランで食事中も景色を楽しめる。写真を撮る人も

レストランで食事中も景色を楽しめる。写真を撮る人も

もちろんショップも併設

もちろんショップも併設

動物園1日チケットの料金は以下のとおり。オンラインでも購入可。25歳以上26フラン(約2900円)、16~24歳19フラン(約2100円)、6~15歳13フラン(約1400円)、5歳以下は無料。家族チケットは大人2人と6~15歳の子ども2~3人で71フラン(約7900円)。

(文・撮影:岩澤里美 fromスイス・チューリヒ)

■施設情報

「マソアラ熱帯雨林」(チューリヒ動物園内)

所在地/Zürichbergstrasse 221, 8044 Zürich
電話/+41 44 254 25 00
営業時間/3月~10月 マソアラ10:00~18:00  動物園9:00~18:00
11月~2月 マソアラ10:00~17:00  動物園9:00~17:00 (12月24日は16時閉園)

公式サイト

■取材国・都市:スイス・チューリヒ

岩澤里美(いわさわ・さとみ)

イギリス留学を経てスイスへ。記事執筆を続け10年以上が経つ。各種ウェッブサイトでの連載のほか、JAL国際線ファーストクラス機内誌『アゴラ』やクレヨンハウス月刊誌『クーヨン』など雑誌にも寄稿を続ける。 Global Press理事。

HP Global Press


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連タグ

タビトモ スイス 2017

タビトモ スイス 2017

作品詳細・レビューを見る

世界のデザインミュージアム

世界のデザインミュージアム

美術評論家・暮沢剛巳が現地取材した世界9カ国25館のデザインミュージアム。コレクションにとどまらず、その由来や展示空間、建築、そして19世紀以降のデザイン展開の歴史についても徹底解説。この1冊でデザインミュージアムのすべてがわかる!

作品詳細・レビューを見る

ジャングル 動く写真で見るジャングルの世界

ジャングル 動く写真で見るジャングルの世界

野生のふしぎがいっぱいつまったジャングルの中をのぞいてみよう。がさごそと地面をはうタランチュラ。からだをくねらせ、ちろちろと舌を出すムチヘビ。木々のあいだをさまようベンガルトラと、さっそうと空をゆくうつくしいベニコンゴウインコ―本をひらくと、ジャングルの生物たちが、生き生きと動き出します!むせかえるようなジャングルのおくには、たくさんのひみつがうずまいています。木々のあいだからさしこむこもれ日をあびながら、かぞえきれないほどの植物や動物が、そこでくらしているのです。PHOTICULAR技術による、新感覚のしかけえほん。第4弾は、カラフルなジャングルの世界です。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

スタバのポイントサービス「STARBUCKS REWARDS」が9月20日からスタート

  1. No.1 スタバのポイントサービス「STARBUCKS REWARDS」が9月20日からスタート
  2. No.2 生クリーム専門店「MILK(ミルク)」原宿・新宿に8月オープン。生クリームが主役の新感覚スイーツ
  3. No.3 日本橋「アートアクアリウム2017」詳細レポート。金魚が泳ぐアート水族館が開幕
  4. No.4 無印良品「Found MUJI」で企画展「印度の布2」4月28日から。ミナ ペルホネン・皆川明の布も
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)