神戸港に巨大クリスマスツリーが12月2日から登場。プラントハンター・西畠清順が手掛ける

2017.10.8 (日) 07:00

シェア
めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト

プラントハンター・西畠清順氏が代表を務める「そら植物園株式会社」が、有名なニューヨーク・ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーよりも大きな生木のクリスマスツリーを運び、神戸のメリケンパークに立てるプロジェクト「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」を開始した。

最新記事:西畠清順が仕掛ける神戸港「世界一のクリスマスツリー」、ネイキッドによる光の演出も

「あすなろの木」が、世界一の木に!

めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト

同プロジェクトが示す“世界一の高さ”とは、人工ではなく、人が届けた生木のクリスマスツリーとして根鉢を含めた鉢底から葉頂点までの植物体の全長が史上最大だということ。

選ばれたのは、巨木の里、富山県氷見市で見つかった推定樹齢150年、全長約30メートル、推定重量40トンの「あすなろの木」。日本在来の常緑針葉樹で、人知れずひっそりと自生していた木が、世界一に輝く、夢と希望に満ちあふれた象徴の木となる。

10月中旬には掘り採り作業を開始。その後、新幹線やロケット輸送で用いられる特殊車両と大型船を使い、日本海から瀬戸内海を経て神戸まで1000km以上の距離を移動し、植樹される。

12月中には、多彩なクリスマスイベントを開催

2017年11月17日(金)には、船から直接巨大クレーンであすなろの木をメリケンパークにて植え込む植樹式、12月1日(金)にメディア内覧会、12月2日(土)にはオープニングセレモニー、そしてイベント期間中はさまざまなクリスマスマーケットや飲食店、音楽イベントで会場を盛り上げる予定だ。詳細は後日発表される。

また、イルミネーションは最小限のエネルギーと自然の風を利用した有機的なものに。メッセージ型の反射材オーナメントに参加者が未来へ向けた夢や希望のメッセージを書き込み、毎週末のイベントでそれらをツリーへ飾りつける。

なお同プロジェクトは、神戸開港150年記念事業の関連事業として、神戸ルミナリエと同時期に開催。復興した都市として、神戸から東日本大震災や熊本地震などの被災地への鎮魂、そして復興と再生の象徴として、未来に向けた希望のメッセージを送る。

神戸開港150年と同じ、推定樹齢150年のあすなろの木。クリスマスイベントではもちろん、その後もメリケンパークのシンボルとなりそうだ。

「プラントハンター」ってどんな仕事? 西畠清順の著書でチェック

■開催情報

「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」

開催日/2017年12月2日(金)~26日(火)
会場名/神戸メリケンパーク(兵庫県神戸市中央区波止場町2)

公式サイト


フォトギャラリー


関連記事

関連タグ

はつみみ植物園

はつみみ植物園

森と林の違いは?なぜ、クリスマスツリーや門松を飾るの?葉っぱはなぜ緑色?そもそも植物はいつどこからきたの?そんな、日本人が知らないと恥ずかしい素朴な植物の常識やトリビアが一冊に!あの“そらみみ植物園”の第二弾、ついに完成!

作品詳細・レビューを見る

教えてくれたのは、植物でした

教えてくれたのは、植物でした

植物にまつわる、驚きと発見と学びの連続!世界で大注目の若きプラントハンターが伝える、「植物的生き方」のススメ。

作品詳細・レビューを見る

プラントハンター 命を懸けて花を追う

プラントハンター 命を懸けて花を追う

年間移動距離は地球5周分。まだ見ぬ「花の奇跡」を求め続ける!!各メディアで話題沸騰!若き「植物探索者」の熱き冒険。知られざるプラントハンターの世界!

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 建築家・隈研吾が設計したカフェ「COEDA HOUSE」が熱海に9月19日オープン
  3. No.3 「ひつじのショーン Farm Cafe」が愛知の新施設「プライムツリー赤池」に11月24日オープン
  4. No.4 「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」レポート。2017年の見どころ&グッズは?
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)