2017年「全国イルミネーションアワード」決定。総合1位は5年連続受賞! 今年見るべきおすすめスポットは?

2017.11.14 (火) 07:00

シェア
総合エンタテインメント部門第一位 ハウステンボス「光の王国」長崎県佐世保市

総合エンタテインメント部門第一位 ハウステンボス「光の王国」長崎県佐世保市

日本全国に700〜800ヶ所以上も存在すると言われるイルミネーションスポット。今年も、この数あるイルミネーションスポットのランキングを決定する「イルミネーションアワード」が開催。「イルミネーション部門」「総合エンタテインメント部門」に加えて、今年は新たに「プロフェッショナルパフォーマンス部門」を新設。また、今年注目のイルミネーションイベントに対する特別賞「新イルミネーション賞」も発表された。

5年連続で長崎県・ハウステンボス「光の王国」が1位に!

夜景観光コンベンション・ビューローが主管し、全国約5,212名の夜景鑑賞士を対象に「実際に行ってみて良かった冬期イルミネーション」という項目で、国内の施設を対象にアンケートを実施。さらに一般投票を加えた総合得票ポイントによってランキングを決定するイルミネーションアワード。

夜景鑑賞のプロによって選ばれたイルミネーションは、いずれも規模・表現力・演出要素・オリジナリティなどの要素においてこだわりの高いものばかり。 “イルミネーション戦国時代”とも称されるなか、「総合エンタテインメント部門」では、長崎県・ハウステンボス「光の王国」が堂々の5年連続第1位に輝いた。

また、「イルミネーション部門」では、栃木県・あしかがフラワーパークが2年連続第1位を獲得。新設の「プロフェッショナルパフォーマンス部門」では、三重県・なばなの里イルミネーションが第1位を受賞。その他、品川シーズンテラスイルミネーションや、青の洞窟 SIBUYA、フローランテ宮崎、かりゆしミリオンファンタジー等がランキングに初登場した。

「総合エンタテインメント部門」ランキング

イルミネーションの装飾のみならず、映像やライティング技術、アトラクション施設、関連イベントなどとの組合せ傾向が強い、冬期イルミネーションイベントを対象とする「総合エンタテイメント部門」に登場したのは、以下のスポット。

第1位 ハウステンボス「光の王国」/長崎県佐世保市(5年連続単独1位)
第2位 江の島 湘南の宝石/神奈川県藤沢市(前年2位)
第3位 東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション/千葉県袖ヶ浦市(前年3位)
第4位 伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」/静岡県伊東市(前年7位)※部門移動
第5位 アパリゾート上越妙高イルミネーション/新潟県妙高市(前年5位)
第6位 レオマリゾート・レオマ光ワールド/香川県丸亀市(前年8位)
第7位 東武動物公園 ウィンターイルミネーション/埼玉県南埼玉郡(前年7位)
第8位 ラグーナテンボス 冬ラグーナ/愛知県蒲郡市(前年9位)
第9位 大阪・光の饗宴/大阪府大阪市(前年4位)
第10位 さっぽろ雪まつり/北海道札幌市(前年10位)
第11位 京都イルミエール/京都府南丹市(前年14位)
第12位 あおもり雪灯りまつり/青森県青森市(前年11位)
第13位 奥日光湯元温泉雪まつり/栃木県日光市(前年12位)
第14位 時之栖ウィンターイルミネーション/静岡県御殿場市(前年17位)
第15位 かりゆしミリオンファンタジー/沖縄県国頭郡恩納村(初登場)
第16位 VENUSFORT ILLUMINATION/東京都港区(前年15位)
第17位 榛名湖イルミネーションフェスタ/群馬県高崎市(前年18位)
第18位 よこはまコスモワールド/神奈川県横浜市(前年20位)
第19位 京都駅ビル クリスマスイルミネーション/京都府京都市(前年16位)
第20位 高崎光のページェント/群馬県高崎市(前年13位)

「イルミネーション部門」ランキング

イルミネーション部門第一位 あしかがフラワーパーク「光の花の庭」栃木県足利市

イルミネーション部門第一位 あしかがフラワーパーク「光の花の庭」栃木県足利市

LEDストリングや、ネットライト、テープライト、モチーフライト等をメインに使用して演出する冬期イルミネーションイベントを対象とした「イルミネーション部門」のランキング結果は以下の通り。

第1位 あしかがフラワーパーク「光の花の庭」/栃木県足利市(2年連続1位)
第2位 なばなの里 イルミネーション/三重県桑名市(前年2位)
第3位 さがみ湖イルミリオン/神奈川県相模原市(前年5位)
第4位 さっぽろホワイトイルミネーション/北海道札幌市(前年14位)
第5位 西武園ゆうえんち「イルミージュ」/埼玉県所沢市(前年19位)
第6位 ぐんまフラワーパーク「妖精たちの楽園」/群馬県前橋市(前年6位)※部門移動
第7位 SENDAI光のページェント/宮城県仙台市(前年6位)
第8位 神戸ルミナリエ/兵庫県神戸市(前年11位)
第9位 よみうりランド・ジュエルミネーション/東京都稲城市(前年8位)
第10位 国営備北丘陵公園 ウィンターイルミネーション/広島県庄原市(前年20位)
第11位 丸の内イルミネーション/東京都千代田区(前年3位)
第12位 MIDTOWN CHRISTMAS/東京都港区(前年4位)
第13位 品川シーズンテラスイルミネーション/東京都港区(初登場)
第14位 デックス東京ビーチ 台場メモリアルツリー/東京都港区(前年9位)
第15位 新宿テラスシティ イルミネーション/東京都新宿区(前年16位)
第16位 恵比寿ガーデンプレイス Baccarat ETERNAL LIGHTS/東京都渋谷区(前年12位)
第17位 小倉イルミネーション/福岡県北九州市(前年10位)
第18位 青の洞窟 SHIBUYA/東京都渋谷区(初登場)
第19位 フローランテ宮崎 イルミネーション・フラワー・ガーデン〜ひかりのはなぞの〜/宮崎県宮崎市(初登場)
第20位 光のしずくイルミネーション/福島県福島市(前年15位)

「プロフェッショナルパフォーマンス部門」ランキング

プロフェッショナルパフォーマンス部門第一位 なばなの里 イルミネーション/三重県桑名市

プロフェッショナルパフォーマンス部門第一位 なばなの里 イルミネーション/三重県桑名市

今年新設された「プロフェッショナルパフォーマンス部門」は、最先端技術を使い、世界レベルのパフォーマンスを誇る「イルミネーション演出」についてを評価。1位〜10位には以下のスポットがランクインした。

第1位 なばなの里 イルミネーション/三重県桑名市
第2位 あしかがフラワーパーク「光の花の庭」/栃木県足利市
第3位 ハウステンボス「光の王国」/長崎県佐世保市
第4位 アパリゾート上越妙高イルミネーション/新潟県妙高市
第5位 西武園ゆうえんち「イルミージュ」/埼玉県所沢市
第6位 東京スカイツリータウン® ドリームクリスマス/東京都墨田区
第7位 ネスタリゾート神戸「ネスタ イルミナ」/兵庫県三木市
第8位 大阪・光の饗宴/大阪府大阪市
第9位 ラグーナテンボス 冬ラグーナ/愛知県蒲郡市
第10位 東武動物公園 ウィンターイルミネーション/埼玉県南埼玉郡

特別賞「新イルミネーション賞」は2つのスポットが受賞

特別賞「新イルミネーション賞」「フェスタ・ルーチェ」/和歌山県和歌山市

特別賞「新イルミネーション賞」「フェスタ・ルーチェ」/和歌山県和歌山市

特別賞「新イルミネーション賞」「白い恋人パーク」/北海道札幌市

特別賞「新イルミネーション賞」「白い恋人パーク」/北海道札幌市

今年新たに始まる注目のイルミネーションイベントに与えられる特別賞「新イルミネーション賞」には、和歌山県和歌市・「フェスタ・ルーチェ」と、北海道札幌市・「白い恋人パーク」が選ばれた。

イルミネーションの魅力にハマったら、日本のイルミネーション名所をチェック!


なお、ランキングの結果と全国イルミネーションの魅力については、ムック『イルミネーションぴあ&ナイトアミューズメントぴあ 2018全国版』にも掲載中。全国的な知名度を誇る大型イルミネーションスポットを中心に、夜も魅力的な水族館、テーマパーク、展望台、クルージングなど、全国の人気イルミネーション&夜アミューズメントスポットのロマンチック&お得な遊び方を紹介している。

クリスマスシーズンにも突入し、盛り上がりを見せているイルミネーションスポット。ランキングを参考に、今年もイルミネーションを楽しみに出かけてみては。

夜景観光コンベンション・ビューロー 公式サイト


フォトギャラリー


関連タグ

イルミネーション&ナイトアミューズメント

イルミネーション&ナイトアミューズメント

作品詳細・レビューを見る

日本のイルミネーションBest

日本のイルミネーションBest

どうしても見ておきたい!世界に誇る日本のイルミネーション。ハウステンボス光の王国・東京ドイツ村・SENDAI光のページェントなどの名所が続々登場。

作品詳細・レビューを見る

世界のきらめくイルミネーション

世界のきらめくイルミネーション

作品詳細・レビューを見る

イルミネーション&ナイトアミューズメントぴあ 2017

イルミネーション&ナイトアミューズメントぴあ 2017

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

  1. No.1 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】
  2. No.2 建築家・隈研吾が設計したカフェ「COEDA HOUSE」が熱海に9月19日オープン
  3. No.3 「ひつじのショーン Farm Cafe」が愛知の新施設「プライムツリー赤池」に11月24日オープン
  4. No.4 「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」レポート。2017年の見どころ&グッズは?
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)