「東京銭湯ウィーク」斉藤湯など5つの銭湯で11月26日から。ホタル風呂やVR絶景風呂も

2017.11.19 (日) 07:00

シェア
「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」

開催中の「TOKYO METRO 90 Days FES!」スペシャル企画として、「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」が開催される。期間は2017年11月26日(日)~12月4日(月)の9日間。東京にある5つの銭湯が「スペシャル風呂」に変化する。

公衆浴場数日本一!銭湯を通じて東京の街を知る

「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」

地下鉄上野駅~浅草駅間が開通してから90周年を迎えることを記念して開催中の「TOKYO METRO 90 Days FES!」。その一環で開催される「東京銭湯ウィーク」は、その街の象徴とも言える公衆浴場“銭湯”を舞台に、東京の街の歴史や魅力、文化を体感するイベント。

期間中は、銭湯メディア「東京銭湯 - TOKYO SENTO -」協力のもと、東京にある5つの銭湯が「スペシャル風呂」に変化し、その街の魅力を発信する。

“VR絶景風呂”に、“閻魔大王の地獄風呂”?! 超個性的なスペシャル風呂が期間限定で登場

舞台となるのは、西ケ原駅周辺の「殿上湯」、西日暮里駅周辺の「斉藤湯」、上野駅・稲荷町駅周辺の「日の出湯」、北千住駅周辺の「タカラ湯」、押上駅周辺の「大黒湯」の5つの銭湯。その街の歴史や文化をふまえたテーマのもと、それぞれに趣向を凝らした「スペシャル風呂」が登場する。

「花園風呂」(東京都北区・殿上湯)

「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」

東京都北区西ケ原を通る日光御成街道周辺(現・本郷通り)は、その昔、世界でも稀にみる高度な園芸地帯と評されてきた。有名な桜の品種“ソメイヨシノ”もこの地の植木職人により作られたと言われ、また、ツツジの栽培地としても有名だ。 “花の街”であった歴史にちなんで、西ケ原の「殿上湯」が、湯船や浴室に飾り付けられた満開の花を楽しむ「花園風呂」に変化する。

所在地/東京都北区西ケ原1-20-12(南北線 西ケ原駅1番出口より徒歩8分)
入浴料/大人460円、中学生300円、小学生180円、小学生未満60円(親同伴無料)
営業時間/16:00~23:00
定休日/金曜日

「谷中ホタル風呂」(東京都荒川区・斉藤湯)

「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」

1827年に刊行された『江戸名所花暦』に“谷中のほたる沢”がホタルの名所であるとの記載もある西日暮里。当時は東京のホタルの名所として、多くの人々がホタル見物に集まったと言われる。西日暮里の「斉藤湯」は、“ホタルの街”を表現する「谷中ホタル風呂」に変化。ホタルをイメージしたライトを湯船に浮かべ、まるでホタルが浮かんでいるような幻想的な湯船が出現する。

所在地/東京都荒川区東日暮里6-59-2(千代田線 西日暮里駅3番出口より徒歩8分)
入浴料/大人15才以上 460円、中学生12才以上15才未満 300円、小学生6才以上12才未満 180円、小人6才未満(未就学児) 大人1名につき小人2名まで無料 ※3人目からは80円
営業時間/14:00~23:30(最終入場23:00)
定休日/金曜日

「VR絶景風呂」(東京都台東区・日の出湯)

「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」

ものづくり文化の最先端を行く街、上野。明治10年には上野公園で「第1回内国勧業博覧会」が開催され、当時最新の技術であった風車、旋盤、織機などが集まる“最先端の地”として知られていた。上野の街にある「日の出湯」は、“最先端の街”を象徴して「VR絶景風呂」に変化。防水VRを装着し、世界の絶景を旅しているかのような驚きの風呂体験をお届けする。

所在地/東京都台東区元浅草2-10-5(銀座線 稲荷町駅2番出口より徒歩3分、銀座線/日比谷線 上野駅1番出口より徒歩10分)
入浴料/大人(中学生から)460円、中人(小学生から)180円、小人(未就学児)80円
営業時間/15:00~0:00(最終受付23:40)
定休日/水曜日

「閻魔大王の地獄風呂」(東京都足立区・タカラ湯)

「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」

赤門と閻魔大王で有名な「赤門勝専寺」のある北千住。この街にある「タカラ湯」は、街に根付いた閻魔大王の言い伝えを用いて、地獄を連想させるような真っ赤な「閻魔大王の地獄風呂」に変化。歴史と風情をたっぷりと体感できる湯船が登場する。

所在地/東京都足立区千住元町27−1(日比谷線 /千代田線 北千住駅2番出口より徒歩20分)
入浴料/大人(18歳以上)460円、中学生・高校生(12歳以上)300円、小学生(6歳以上12歳未満)180円、乳幼児(6歳未満)80円
営業時間/15:00~23:30
定休日/金曜日

「江戸切子風呂」(東京都墨田区・大黒湯)

「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」

東京の中でも特に江戸切子などの“ガラスの街”として知られる墨田区。切子職人も多いこの街にある「大黒湯」は、江戸切子模様で彩られた「江戸切子風呂」に変化。江戸切子模様を使ったステンドグラスなど、華やかで幻想的な空間で湯船を堪能できる。

所在地/東京都墨田区横川3-12-14(半蔵門線 押上〈スカイツリー前〉駅B2番出口より徒歩6分)
入浴料/大人460円、中学生360円、小学生180円、0歳~幼児80円
営業時間/平日15:00〜翌朝10:00、土曜14:00〜翌朝10:00、日祝 13:00〜翌朝10:00
定休日/火曜日


「TOKYO SENTO WEEK(東京銭湯ウィーク)」

オリジナルてぬぐい

また期間中は、各銭湯先着600名、計3000名にオリジナル手ぬぐいが贈られる来場者プレゼントも。

東京の歴史や文化を風呂で体感する「TOKYO SENTO WEEK」。普段から銭湯に親しんでいる人もそうでない人も、期間限定の「スペシャル風呂」をレジャー感覚で楽しんでみては。

銭湯の魅力にハマったら、東京銭湯の本をチェック!

■イベント概要

「TOKYO SENTO WEEK<東京銭湯ウィーク>」
実施期間/2017年11月26日(日)〜12月4日(月)
場所/「殿上湯」、「斉藤湯」、「日の出湯」、「タカラ湯」、「大黒湯」
営業時間/各施設による
定休日/各施設による

特設WEBサイト
「TOKYO METRO 90 Days FES!」スペシャルサイト


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連タグ

ザ・東京銭湯

ザ・東京銭湯

東京の銭湯の興味深い点は、なんといっても視覚的遊びの豊富なこと。その意味するところは、本来の目的である“入浴する”ことにとどまらず、“入浴するのに必要のない部分にお金をかけた”という点にある。それは富士山の巨大なペンキ絵、豪華なタイル絵、宮造りの外観、庭などを見ても理解できる。のれんをくぐるとその先は、極楽浄土の空間だ。

作品詳細・レビューを見る

東京天然温泉ガイド

東京天然温泉ガイド

作品詳細・レビューを見る

銭湯

銭湯

日々の生活に癒しを求める日本人ならではの特別な場所「銭湯」を、より深く味わうためのツボをご指南します。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

  1. No.1 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  2. No.2 スヌーピーの和カフェ「SNOOPY茶屋 小樽店」北海道に4月19日オープン
  3. No.3 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」六本木で4月20日から。110蔵が集結
  4. No.4 バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」、東京駅に4月27日オープン
  5. No.5 「テラスモール湘南」大規模リニューアルで4月下旬にオープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)