【2017年】クラウドファンディング発の革命的ガジェット&エンタメBEST4

2017.12.27 (水) 07:00

シェア
骨伝導イヤフォン「EarsOpen」

骨伝導イヤフォン「EarsOpen」

自分のアイデアをネット上でプレゼンテーションし、賛同者を集めて出資を募る「クラウドファンディング」。この仕組が普及してから、世の中は一気に大きく変わった。画期的なプロダクト、今までにない表現、伝統の革新……etc. 今までなら叶わなかったアイデアも、手の届くものになった。

「2017年は、クラウドファンディングのターニングポイントでした」とCCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」代表・沼田健彦さんは言う。クラウドファンディングがどんな革命を起こしたのか、沼田さんが特に印象的だったというプロジェクトを例に挙げてもらいながら振り返ってみたい。

2017年、クラウドファンディングはどう変わった?

「2017年は日本のクラウドファンディングが『未来の見本市』に進化した1年だったと思います。資金調達のためのWEBサイトではなく、斬新なプロダクト・わくわくするようなコンテンツ・社会を動かす活動、そういった良い企画と支援者出会う『場』への成長です。

『GREEN FUNDING by T-SITE』においても、世界各国のスタートアップ、ベテランミュージシャン、若手映画監督など様々な企画が掲載されました。そしてクラウドファンディングを経て世に出た製品・作品が、世の中を大きく動かし始めています。『未来を企画し、世界が動く』、そんなワクワクするプロジェクトの一部をご紹介させていただきます」

その1、音楽ライフに革命
難聴者も使えるイヤホンや、どこでもライブハウスにできるスピーカーなど未来的なアイテムが登場

「世界的にも音響系ガジェットはクラウドファンディングで成功をおさめやすいジャンルとして知られています。主要サイトで初めて1億円を達成したプロジェクトが生まれるなど、2017年はまさに音好きが日本のクラウドファンディングの主役となりました。支援した製品にいち早く触れることができるイベントが開かれるなど、リアルなお店・見本市を巻き込んだ取り組みにも注目が集まりました」

健常者も、難聴者も、誰でも音楽を楽しめる
骨伝導イヤフォン:EarsOpen

EarsOpen

「GREEN FUNDING初となる、1億円を超える調達額を達成したプロダクトです。健常者も、難聴者も、ユニバーサルに使える、鼓膜を使わず骨で聴くイヤフォン。SHIBUYA TSUTAYA店頭での試聴会も実現しました」

壁やテーブルなどに貼り付けるだけで、どこでもライブ会場やコンサートホールに
振動スピーカー:TOUGH BEAT【支援募集中】

TOUGH BEAT

「壁やテーブルなどに貼り付けるだけで、いつでもどこでもダイナミックなサウンドを生み出す振動スピーカーです。ワイヤレス給電を搭載、端子類をなくし完全防水を実現。パーティで、アウトドアで、お風呂で、シーンを問わずスマートに使えるハイクオリティさも魅力で、開始2週間で300万円を超える支援を集めている話題沸騰中のプロジェクトです」

2、趣味ライフに革命
プラモデルや自転車を思いのままに演出&カスタマイズ

「ニッチなニーズに応えるための製品が盛り上がりました。高価格と思われそうなプロダクトでもその道のファンにとっては喉から手が出るくらい欲しい商品です。クラウドファンディングの登場によって挑戦的な商品開発・マーケティングが可能な時代になってきています」

プラモデルをSFっぽく演出!
高性能ワイヤレス電力供給システム:X-BASE

X-BASE

「プラモデルのファンから大人気。配線不要でプラモデルのディスプレイに革命を起こしたプロダクトで、海外からも問い合わせが殺到しています」

軽量性と強度を両立
サイクル用ロック:OTTOLOCK【支援募集中】

OTTOLOCK

「サイクリストが求めていた、「軽さ」「堅牢性」「コンパクト」「デザイン性」全てを満たした、MADE IN USAの新しいポータブルロック。開始からわずか1週間で約400万円の支援が集まり、コメントにはサイクリストからの待望の声が続々と届いています」

3、ワークスタイルに革命
バッグやノートの形の概念を覆す、アイデアに脱帽

「クラウドファンディング発のバックパックが大人気! 街でも見かけるあのバッグ。クラウドファンディングに参加しいち早く手に入れた製品を身に着けるor持ち運ぶ、そんなライフスタイルをクールだと考える人が増えてきたように感じます」

雨も盗難も心配無用
多機能バックパック:CODE10

CODE10

「英国とスイスのプロダクトデザイナーが開発した、機能性と汎用性を兼ね備えた防水/盗難防止機能付きロールダウン式バックパック」

ビジネス、カメラ、スポーツ、アートの4つの顔に変化自在!
変化するバックパック:UNO2

UNO2

「ライフスタイルに合わせて形を変えられる機能性バックパックです」

ノートのページ配置、枚数も思いのまま
マグネットモジュール式ノートブック:Notebookmodular

グネットモジュール式ノートブック:Notebookmodular

「クリエイター/デザイナーから人気を博したプロダクト。ノートを革命的にアップデートにする、新発想のモジュール式ノートブックで、ページの配置・追加ができあらゆる使い方にこれ一つで対応が可能になります」

4、映画・本・音楽カルチャーに革命
多額の資金が必要になる作品作りも、アイデアひとつで実現可能に

「アメリカのグラミー賞では世界最大のクラウドファンディングサイト『KICKSTARTER』発の4作品がノミネートされ話題になりましたが、日本でもエンタメアート分野で大きな金額を集めるプロジェクトが増えてきました。大物俳優・女優が関わる映画、新進気鋭のアーティスト、注目のアイドルなどが、支援者と共に新しいコンテンツを世に届けました」

映画の力で熊本を支援
映画『春なれや』の無料上映会プロジェクト

映画『春なれや』の無料上映会プロジェクト

「作品の舞台となった熊本が、撮影後に震災に見舞われてしまい、復興応援の完成した映画上映を熊本で無料上映会をする為のプロジェクトです。Coccoさんが主題歌を歌い、吉行和子さんや村上虹郎さんをキャストに、外山文治監督が手掛けました」(作品情報・レビューはこちら

人気が飛び火し、全国上映へ
創業74年の人気老舗パン屋"ペリカン"のドキュメンタリー映画制作プロジェクト

創業74年の人気老舗パン屋"ペリカン"のドキュメンタリー映画制作プロジェクト

「美大で同級生だった若手プロデューサーと監督によるドキュメンタリー作品制作プロジェクト。プロジェクト達成後、11月から東京のユーロスペースを始め、年内年始にかけて、兵庫・大阪・山形・愛知・神奈川・新潟など、全国で順次上映を予定しています」(作品情報・レビューはこちら

雑誌『ダ・ヴィンチ』元編集長が惚れ込み、作品集を出版
イラストレーター利光春華さん出版プロジェクト

イラストレーター利光春華さん出版プロジェクト

「雑誌『ダ・ヴィンチ』元編集長が「この人を世に出したい!」という思いで立ち上げ、書籍プロデュースをしたプロジェクト。anan編集長や俳優一徹さんからも応援コメントが寄せられ、ファンディングは無事終了。書店員からも好評で、現在複数の書店でポップ付きで展開されています」(作品情報はこちら

写真集の出版に多くの支援
荒井レイラさんの『月刊シリーズ』写真集制作プロジェクト

荒井レイラさんの『月刊シリーズ』写真集制作プロジェクト

「アイドルグループSUPER☆GiRLSのメンバーとして活動をし、ファッション誌”JJ”のモデルなどとしても活躍していた荒井レイラさんの写真集制作プロジェクト。160名から335万円を集めました」

ピーター・バラカンさん監修!
黒人音楽500年の歴史を紐解く絵本の翻訳プロジェクト【支援募集中】

黒人音楽500年の歴史を紐解く絵本の翻訳プロジェクト

「手掛けた翻訳書の点数は500点以上、日本を代表する翻訳家・金原瑞人さんが発掘し、ブロードキャスターとして活躍するピーター・バラカンさんが監修する大人向け秀作絵本です」

GREEN FUNDING by T-SITE 公式サイト


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連記事

関連タグ

74歳のペリカンはパンを売る。

74歳のペリカンはパンを売る。

作品詳細・レビューを見る

春なれや

春なれや

作品詳細・レビューを見る

Ribbon

Ribbon

イラストレーター利光春華初ビジュアルストーリーブック。「TOYOTA2017年度カレンダー」のイラストで人気沸騰。利光春華、待望の初出版。美麗ポストカード16枚を綴じ込んだ豪華仕様。

作品詳細・レビューを見る

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。

「お金がすべて」の社会のその先に。クラウドファンディング、恩送りの社会。資本主義のアップデートが始まる。今、家入一真が伝えたい、新しいお金、経済の姿。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選

  1. No.1 2017年流行語大賞「忖度」の使い方・意味をわかりやすく理解する忖度小説・漫画6選
  2. No.2 2017年のTSUTAYAマンガ通おすすめ「いま絶対に読むべき漫画ベスト10」。2018年も目が離せない!
  3. No.3 『このマンガがすごい! 2018』12月9日発売。オトコ編・オンナ編をランキングで発表
  4. No.4 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  5. No.5 2017年『アメトーーク!』読書芸人の好きな本まとめ。代官山 蔦屋書店ほかTSUTAYAでフェア開催【11月16日(木)放送】

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)