「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

オードリー・ヘプバーンが通ったティールーム「Fornerod」。“ロバミルクのチョコレート”が話題

2018.1.10 (水) 07:00

シェア
美術館「Expo Fondation Bolle」の「エレガントな友情」展延長のフライヤー Flyer Audrey Hepburn © Expo Fondation Bolle

美術館「Expo Fondation Bolle」の「エレガントな友情」展延長のフライヤー Flyer Audrey Hepburn © Expo Fondation Bolle

オリンピック博物館で有名なスイスのローザンヌから電車で10数分のモルジュという町は、あの世界的大女優オードリー・ヘプバーンが2度目に結婚した際に結婚式を挙げた地として知られる。ヘプバーンは、モルジュに接するトロシュナ(現在1800人が住む町)に亡くなるまで約30年住んで、モルジュで買い物をしたりお茶を飲んだりしていた。ヘプバーンのお気に入りだった喫茶店フォルヌロ(Fornerod)は、いまも地元の人たちに親しまれている。

関連記事:「写真展 オードリー・ヘプバーン」展示やグッズをレポート。日本橋で1月10日から

喫茶店に通うヘプバーンを、みんなそっとしておいてあげた

Fornerod外観

Fornerod外観

たくさんのパンが並ぶ。Fornerodの従業員は現在40人

たくさんのパンが並ぶ。Fornerodの従業員は現在40人

フォルヌロは50年以上続く店で、自家製のパンやお菓子、コーヒーやお茶を目当てにたくさんの人が集まる。子ども連れも多い。ここに、ヘプバーンもよく訪れていた。店内を切り盛りしているフォルヌ夫人(2代目フォルヌロ氏の妻)に話を聞いてみた。

「ヘプバーンは、確かに常連のお客様だったと聞いています。主人が小さかったころの話ですね。でも、先代たちは、ヘプバーンだからと騒ぎ立てることは決してしなくて、一顧客として、本当に普通におもてなしししていたそうです。ですから、よく聞かれるのですが、ヘプバーンがどこに座っていたか、どんなお茶やお菓子をよく注文していたかは、私たちは知らないのです」

店内にはヘプバーンの写真などは飾っていない。みんなの喫茶店という雰囲気を大切にしたいのだろう。

スイス初、ロバのミルクを使ったチョコLe Quartier des Ânesを発明

そんなフォルヌロが、最近、チョコレートで話題になっている。牛乳ではなく、ロバのミルクを使ったチョコレート、ル・カルチエ・デ・ザンヌ(Le Quartier des Ânes)を開発・販売したからだ。

ロバのミルクを使ったチョコLe Quartier des Ânes

ロバのミルクを使ったチョコLe Quartier des Ânes

スイスはチョコレートがおいしい国、でもロバのミルクを使ったチョコレートは聞いたことがない。ミネラルが豊富で、健康によいとされるオメガ3脂肪酸を含むロバのミルクといえば、石鹸や化粧品に使われるのが普通だから、チョコレートというのは珍しい。開発には数年費やしたそうだ。

味は、とてもまろやか。板チョコ、ロバをかたどった大きなチョコ、ヘーゼルナッツをたっぷりと混ぜたスプレッドがある。牛乳アレルギーの人にもおすすめだ。

ヘプバーンを知る美術館にも行こう 

フォルヌロを訪れるからには、ここから歩いて2分の美術館エクス ポ・フォンダシオン・ボル(Expo Fondation Bolle)もぜひ訪れよう。ヘプバーンの常設展示室があり、ほかにも彼女に関連した展覧会が開かれている。

Expo Fondation Bolle外観 ©Philippe Pache, 2015, Façade, Expo Fondation Bolle

Expo Fondation Bolle外観 ©Philippe Pache, 2015, Façade, Expo Fondation Bolle

2017年は、「エレガントな友情」という展覧会があった。デザイナーのユベール・ド・ジバンシィが作ったヘプバーンの洋服やそのオリジナルデッサン画などが披露されて、延長期間を経て盛況に終わった。

美術館のほかにも、お城を訪問したり湖沿いを歩いたり、フォルヌロ付近でのアクティビティはいろいろある。ヘプバーンが長年過ごしたモルジュは、いまも、昔と変わらない雰囲気を漂わせているに違いない。

「フォルヌロ」の写真をもっと見る
美術館「エクス ポ・フォンダシオン・ボル」の写真をもっと見る

(写真・文:岩澤里美※写真の一部はExpo Fondation BolleとMorges Région Tourismeより)

■店舗情報

「Confiserie Tea-room Fornerod」

所在地/Grand-Rue 58, 1110 Morges
電話/+41 21 801 21 24
開店時間/火~金7:00~18:30 土・日7:00~18:00 月休み

公式サイト

「Expo Fondation Bolle」

所在地/Rue Louis-de-Savoie 73 – 75, 1110 Morges
電話/+41 79 349 22 91
開館時間/水~日 14:00~17:00 
※注意:2018年3月24日までは冬季休業

公式サイト

■取材国・都市:スイス・モルジュ

岩澤里美(いわさわ・さとみ)

イギリス留学を経てスイスへ。記事執筆を続け10年以上が経つ。各種ウェッブサイトでの連載のほか、JAL国際線ファーストクラス機内誌『アゴラ』やクレヨンハウス月刊誌『クーヨン』など雑誌にも寄稿を続ける。 Global Press理事。

HP Global Press


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連記事

関連タグ

AUDREY HEPBURN

AUDREY HEPBURN

チャーミングな笑顔と卓越したファッションセンスで世界中を魅了し続けてきたオードリー・ヘプバーン。彼女と親交の深かった写真家マーク・ショウ、ボブ・ウィロビーの写真を中心に、ファッション、映画、プライベートまで、1950~60年代の彼女の姿を写し取った全164点の傑作写真を一挙収録。女優オードリー・ヘプバーンの魅力に迫る。

作品詳細・レビューを見る

オードリー・ヘプバーン ベストバリューDVDセット

オードリー・ヘプバーン ベストバリューDVDセット

作品詳細・レビューを見る

タビトモ スイス 2017

タビトモ スイス 2017

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

  1. No.1 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  2. No.2 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  3. No.3 キャンプでもグランピングでもない?新アウトドア「THE CHIKURA UMI BASE CAMP」千葉に6月25日オープン
  4. No.4 バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」羽田空港に4月1日から出店
  5. No.5 バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」、東京駅に4月27日オープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)