「写真展 オードリー・ヘプバーン」展示やグッズをレポート。日本橋で1月10日から

2018.1.9 (火) 22:37

シェア
Ⓒ Mark Shaw

Ⓒ Mark Shaw

永遠のファッションアイコンとして、今なお多くの女性たちから支持を集め続けている大女優オードリー・ヘプバーン。彼女の若き日の姿を捉えた貴重な写真作品約200点で綴る「写真展 オードリー・へプバーン」が、日本橋三越本店(東京・日本橋)で開催される。期間は2018年1月10日(水)~22日(月)。

オードリー・ヘプバーン若き日の姿を捉えた、貴重な写真作品で綴る写真展

「写真展 オードリー・ヘプバーン」

オードリー・ヘプバーン(1929-1993)は、1953年『ローマの休日』で銀幕デビューを飾り、アカデミー主演女優賞を獲得。以降も『麗わしのサブリナ』『ティファニーで朝食を』『マイ・フェア・レディ』等で絶大な人気を博した。アカデミー賞のほかにも、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、没後にはグラミー賞とエミー賞を受賞。痩身で大きな瞳と長い脚はそれまでの女優のイメージを一新。また、インターナショナル・ベスト・ドレッサーで殿堂入り、「史上最高の美女」「20世紀最高の美女」にも選出され、同時代のファッションアイコンとしても名を馳せた。1993年に没して25年経つ今も、彼女のお茶目で妖精のような美貌は人々の脳裏にしっかりと焼き付けられている。

Ⓒ Mark Shaw

Ⓒ Mark Shaw

Ⓒ Bob Willoughby

Ⓒ Bob Willoughby

「写真展 オードリー・へプバーン」の写真をもっと見る

本展は、ファッション・映画・プライベートの3部構成。カリフォルニアのMPTV社の全面的な協力を得て、同社が所蔵する約1,500点におよぶオードリー・ヘプバーンのフォトコレクションから写真作品約200点を展示する。写真家マーク・ショウボブ・ウィロビーなど一流のハリウッドフォトグラファーがとらえた若き日の彼女が、写真のなかで生き生きと多彩な表情を私達に見せてくれる。

「写真展 オードリー・ヘプバーン」プレス内覧会にてトークショーを行ったシシド・カフカさん。

「写真展 オードリー・ヘプバーン」プレス内覧会にてトークショーを行ったシシド・カフカさん。

シシドさんのお気に入りの1枚は、『麗しのサブリナ』撮影中のひととき。

シシドさんのお気に入りの1枚は、『麗しのサブリナ』撮影中のひととき(写真右)とのこと。

オードリー・ヘプバーンの魅力を引き立てるファッションがズラリ

オードリー・ヘプバーン
「『服は人を作る』と言いますが、私の場合、衣装は失いがちな自信を与えてくれるものでした。ファッションはまちがいなく私にとって夢中になれるものです」(展示より引用)

『ローマの休日』で、高貴さと庶民的な愛らしさの両方を演じ、世界中の人々を虜にしたオードリー。ショートヘアにホワイトシャツ、フレアスカート、スカーフの、ローマの町での姿は、当時の女性たちを夢中にさせた。プライベートでも、オードリーはシンプルで機能性の高い日常着を好み、それが彼女の魅力を引き立てた。彼女は自分に似合うスタイルを熟知し、ファッションアイコンとしての不動の地位を確立したのだ。

写真展では、細部に至るまで彼女の着こなしのポイントが解説されていて、現代においてもファッションの参考にしたいものばかり。

「写真展 オードリー・ヘプバーン」

「ファッション」の写真をもっと見る

写真が伝える、オードリー・ヘプバーンの女優魂

オードリー・ヘプバーン
「天賦の才能に恵まれていると思ったことはないわ。仕事を心から愛して最善を尽くしただけよ」
(展示より引用)

オードリーは、映画『ローマの休日』でアカデミー賞の主演女優賞受賞、同年度に舞台『オンディーヌ』でトニー賞の主演舞台女優賞受賞と、一気にトップ女優としてスターダムに上り詰めた。『パリの恋人』では毎日10時間以上も稽古に励むなど演技に情熱を注ぎ、撮影現場では共演者やスタッフに思いやりと真心をもって接し、誰からも愛された。彼女は容姿、内面ともに美しさを兼ね備えていた女性だったのだ。

展示では、撮影中のワンシーンや、休憩のひとコマなど、貴重なシーンが見られる。

「写真展 オードリー・ヘプバーン」

ニューヨーク五番街でリアル『ティファニーで朝食を』ができる! オードリー・へプバーン気分で「The Blue Box Cafe」へ
「映画・仕事」の写真をもっと見る

家族と過ごす時間を何よりも大切にしていた

オードリー・ヘプバーン
「飾らず、自分らしくいられるのはスイスの田舎で暮らしているおかげです」
(展示より引用)

ハリウッドでの疲れを癒やしてくれたのが、自然豊かなスイスの家での生活。オードリーは献身的な妻であり、愛情深い母親だった。息子のショーンとルカが生まれてからは、女優として絶頂期だったにもかかわらず、多くの作品のオファーを断り、子供たちと一緒にいることを選んだ。

ここの展示では、リラックスしたオードリーの表情や、子供たちとのあたたかなやりとりなど、「ファッション」「映画・仕事」とは違う彼女の一面を知ることができる。

「写真展 オードリー・ヘプバーン」

関連記事:オードリー・ヘプバーンが通ったスイスのティールーム「Fornerod」。“ロバミルクのチョコレート”が話題
「プライベート」の写真をもっと見る

「写真展 オードリー・ヘプバーン」に行ったらオリジナルグッズをチェック!

「写真展 オードリー・ヘプバーン」開催記念オリジナルプリント(額付)18作品のほか、ポストカードブック、マスキングテープ、ノート、マグカップ、ポーチ、スカーフなど、オリジナルグッズをバリエーション豊かに展開している。

「写真展 オードリー・ヘプバーン」開催記念オリジナルプリント(額付)18作品

「写真展 オードリー・ヘプバーン」開催記念オリジナルプリント(額付)18作品

グッズの写真をもっと見る

「写真展 オードリー・ヘプバーン」を写真で体験する

「写真展 オードリー・ヘプバーン」とあわせてチェックしたい写真集

『Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン』

チャーミングな笑顔と卓越したファッションセンスで世界中を魅了し続けてきたオードリー・ヘプバーン。彼女と親交の深かった写真家マーク・ショウ、ボブ・ウィロビーの写真を中心に、ファッション、映画、プライベートまで、1950~60年代の彼女の姿を写し取った全164点の傑作写真を一挙収録。女優オードリー・ヘプバーンの魅力に迫る。

この写真集を購入する

■開催概要

「写真展 オードリー・ヘプバーン」

会期/2018年1月10日(水)〜22日(月)
時間/10時30分〜19:00(19:30閉場)
※最終日は17:30まで(18:00閉場)
会場/日本橋三越本店 新館7階催物会場(東京都中央区日本橋室町1-4-1)
入場料/一般・大学生800円、高校・中学生600円※小学生以下無料(すべて税込)

【お問い合わせ先】
日本橋三越本店 03-3241-3311(大代表)


フォトギャラリー

フォトギャラリーをもっと見る

ランキングをもっと見る


関連タグ

AUDREY HEPBURN

AUDREY HEPBURN

チャーミングな笑顔と卓越したファッションセンスで世界中を魅了し続けてきたオードリー・ヘプバーン。彼女と親交の深かった写真家マーク・ショウ、ボブ・ウィロビーの写真を中心に、ファッション、映画、プライベートまで、1950~60年代の彼女の姿を写し取った全164点の傑作写真を一挙収録。女優オードリー・ヘプバーンの魅力に迫る。

作品詳細・レビューを見る

オードリー・ヘプバーン ベストバリューDVDセット

オードリー・ヘプバーン ベストバリューDVDセット

作品詳細・レビューを見る

マイヤーリング

マイヤーリング

「ローマの休日」(53)のオードリー・ヘプバーンが「昼下りの情事」(57)と同年に主演したTV映画。当時は生放送が基本だったため、本作も役者が生で芝居をし、それをそのままライブで放送していた。そのため長らく幻の作品と言われていたが、ブラウン管の映像をフィルムで記録する当時の録画技術で保存されていたマスターがHDで復元され、2014年1月、日本でも初の劇場公開が実現。オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフと男爵令嬢マリーとの悲恋を綴ったクロード・アネの『うたかたの恋』をドラマ化。共演は当時の夫でもあった「戦争と平和」のメル・ファーラー。監督は1935年にも同原作を映画化している「蛇の穴」「さよならをもう一度」のアナトール・リトヴァク。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし

  1. No.1 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  2. No.2 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)