【TSUTAYAデータ分析】太川&蛭子『バスの旅』コンビ 著書でも相性の良さ発揮!

2014.10.30 (木) 06:00

シェア

太川陽介と蛭子能収への出演オファーが絶えなくなっている。キッカケは、毎回2ケタに乗る高視聴率番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)。同番組は、太川と蛭子、そして“マドンナ”と呼ばれる女性タレントの3人が、3泊4日で目的地まで路線バスを乗り継いでいく構成だ。

ガチ感を漂わせる珍道中ぶりが人気の秘訣。昨年4月放送の第14弾では、蛭子が「旅館には泊まりたくない」と言い出し、“マドンナ”の森下千里とケンカを始め、太川が嗜めるというシーンもあった。

チームワークを重んじるリーダーの太川とチームワークを壊す言動の目立つ蛭子のコンビは、自分の旅行には同行してほしくないが、テレビ番組として傍から見るには最高に面白いのだ。

<『路線バスの旅』 太川陽介と蛭子能収、人気の秘密は“自分に正直な生き方”>

売れっ子の2人は、自著も出版。8月には蛭子が『ひとりぼっちを笑うな』、9月には太川が『ルイルイ仕切り術』を発売した。“ひとりでいいじゃないか”という主張と“仕切り術”という方法論提示は一見、矛盾しているように思える。

だが、全国のTSUTAYAにおける2つの著書の購入者が、他に何を買ったかという“併売”を分析すると、意外な結果が浮かび上がってきた。

太川『ルイルイ』と蛭子『ひとりぼっち』、それぞれ合わせて買った人がほぼ同率!

蛭子の『ひとりぼっちを笑うな』を買った人の書籍併売ランキングを見ると、なんと同率1位に『ルイルイ仕切り術』がランクイン。逆のパターンでもランキング2位と、ほぼ同じ結果が出ている。

ここでも、テレビ同様抜群のコンビネーションを見せたのだ。

蛭子能収『ひとりぼっちを笑うな』併売書籍ランキング(2014年8月18日~9月29日)

『ひとりぼっちを笑うな』

1位 『夢、死ね!』(中川淳一郎)
1位 『ルイルイ仕切り術』 (太川陽介)
1位 『「自分」の壁』 (養老孟司)
1位 『淋しい人はボケる』(高島明彦)
1位 『日本人が一生使える勉強法』(竹田恒泰)
6位 『金沢を歩く』(山出保)
6位 『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』(佐々涼子)
6位 『無名の人生』(渡辺京二)
6位 『近藤先生、「がんは放置」で本当にいいんですか?』(近藤誠)
6位 『おかげさまで生きる』(矢作直樹)
6位 『しない生活』(小池龍之介)
6位 『嫌われる勇気』(岸見一郎)
6位 『天-そら-の梯-かけはし- みをつくし料理帖』(高田郁)

『ひとりぼっちを笑うな』の書籍併売ランキングで、同率の1位は『夢、死ね!』(中川淳一郎著)、『「自分」の壁』(養老孟司著)という現実主義や内省的なタイトルが並んでいる。以下の併売タイトルを見ても、『嫌われる勇気』『しない生活』『孤独の力』などがランクインしており、『ルイルイ仕切り術』というタイトルは明らかに異様な空気を醸し出している。

『ルイルイ仕切り術』併売書籍ランキング(2014年8月18日~9月29日)

『ルイルイ仕切り術』

1位 『ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポンまとめ本』(鬼龍院翔)
2位 『ひとりぼっちを笑うな』(蛭子能収)
3位 『妖怪ウォッチ2元祖/本家 オフィシャル攻略ガイド』(利田浩一)
3位 『林修の仕事がうまくいく「話し方」講座』(林修)
5位 『アドラー心理学入門』(岸見一郎)
5位 『お魚バンザイ!』(今柊二)
5位 『人狼ゲーム BEAST SIDE』(川上亮)
5位 『マンガでやさしくわかる アドラー心理学』(岩井俊憲)
9位 『立ち上がるヒロシマ 1952』(岩波書店)
9位 『ドキュメント豪雨災害』(稲泉連)
9位 『英検 準2級 過去6回 全問題集 2014』(旺文社)
9位 『せかいのこども 地球を一周!』(西靖)
9位 『まんぷく鎌倉・湘南 ご当地グルメコミックエッセイ』(松鳥むう)
他同率多数

『ルイルイ仕切り術』の書籍併売ランキングも、同じ現象になっている。『妖怪ウォッチ2元祖/本家 オフィシャル攻略ガイド』『せかいのこども 地球を一周!』といった子供向けの本や、『アドラー心理学入門』『林修の仕事がうまくいく「話し方」講座』という、いわゆる自己啓発系の本が並んでいる。

他と比べると、『ひとりぼっちを笑うな』だけが、まったく違う毛色だ。

太川と蛭子の組み合わせが、世間一般にも広く浸透した証拠と言えるだろう。 

まったく思考回路の異なる太川陽介と蛭子能収が、コンビとして人気になった。そのため、蛭子ファンは太川の思考を、太川ファンは蛭子の主張を取り入れるという思わぬ波及効果が生まれたようだ。

(文:シエ藤)

​調査データ
エリア:全国のTSUTAYA店舗
期間:2014年8月18日~2014年9月29日
対象書籍:『ルイルイ仕切り術』(太川陽介 著、小学館 刊)、『ひとりぼっちを笑うな』(蛭子能収 著、KADOKAWA 刊)


関連記事

関連タグ

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 出雲~枕崎編

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 出雲~枕崎編

2007年よりテレビ東京系にて不定期放送されている旅番組をパッケージする第2弾シリーズ。太川陽介と蛭子能収の珍コンビが女性タレントをゲストに迎え、路線バスだけを乗り継いで島根県・出雲から鹿児島県・枕崎までを旅していく。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 花火×音楽のエンタメショー「STAR ISLAND 2018」、お台場で5月26日開催
  5. No.5 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)