「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

2014年のミステリー年間ランキング3冠! 驚愕の結末が待つ6つの謎『満願』

2015.1.21 (水) 20:14

シェア
「満願」米澤穂信/著 新潮社 1,600円(税抜)

「満願」
米澤穂信/著 新潮社 1,600円(税抜)

第27回山本周五郎賞受賞、2015年版「このミステリーがすごい!」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」2014年【国内部門】 第1位、2015年版「ミステリーが読みたい!」第1位−−これらの輝かしいタイトルを見れば、否が応にも読者の期待値は上がるというもの。だが、この作品は期待を裏切らないどころか、軽く超えてくる。

本書は、人を殺めた罪で服役する妻の本当の殺人動機が明らかになる表題作をはじめ、自らの欲望や保身のために一線を超えてしまう人々の話が6つの短編で描かれる。どれもミスリードが巧みで、ミステリーを読みこんだ者でもオチを見破ることはおそらく不可能。張りめぐらされた伏線の集約ぶりも矛盾なく気持ちいい。そして、“いい意味で”後味の悪いブラックな結末がクセになる。

1話1話の完成度が高く、濃密で、読み応えとしては6冊分の重みがある。ミステリー好きはもちろん、人間の「闇の部分」を覗きたい人にもオススメだ。(文:松本理惠子)


関連記事

関連タグ

満願

満願

人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  4. No.4 【アニメ化】漫画『ゴールデンカムイ』が面白い! 今絶対に読むべき理由をTSUTAYAマンガ通がプレゼン
  5. No.5 滋賀に大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT」が6月3日オープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)