『BRUTUS』最新号は、日常使いできる骨董特集。シブい?でもイケてる!

2015.4.15 (水) 21:51

シェア
  

ムック『合本・尊敬できる日用品』

日常の名演出家、愛すべき生活骨董たち

4月15日(水)発売の『BRUTUS』最新号は「尊敬できる骨董品」特集。次号予告で「骨董品特集」という字を見た時は、正直「シブそう」という印象だったが、書棚に平積みにされた光景を見た瞬間に心を鷲掴みにされた。

表紙はシンプルなラインで描かれた味のある網手紋の鉢のイラスト。イラストレーター・ノリタケによる作である。隣に、対になるようなスプーンのイラストを表紙にしたムック『合本・尊敬できる日用品』が並んでいる。ムックは過去2回をまとめたものだが、あえて同日に発売し、この仕掛けを生み出した遊び心がニクい!

手に取ると、中身もシブさよりも「カッコイイ」という印象が際立つ。

骨董品というと、「高級そう」「シブそう」という印象を抱きがちだが、あくまで誌面を飾るのは「生活骨董」。飾って愛でるものではなく、普段使いするためのものだ。食器やインテリアなど、ラインアップは多彩。

中でも記者の興味を引いたのは、「古い器を食卓に。」というフードスタイリスト・高橋みどりさんによるレストランへのおしかけ企画だ。

和食をヨーロッパの骨董食器に盛り合わせたり、洋食を日本の骨董食器に盛り付けたり。真っ白な皿に盛るのとはまったく違う印象になるから不思議だ。

料理は食材による彩りだけでなく、皿という名舞台に載ってこそ輝く。骨董皿という舞台の魅力にすっかり惹きつけられてしまった。

つい、どんな料理にも合う無難なシンプルな皿を選びがちだ。ファッションでも勝負服を持つように、愛すべき生活骨董を探すのも楽しそうだ。


◆雑誌『BRUTUS』4月15日(水)発売号の一部(公式サイトより)

◆公式HP

http://magazineworld.jp/brutus

◆『BRUTUS』購入サイト

最新号・バックナンバー


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 スタバ新作「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」5月30日から。インスタもスタート
  5. No.5 できたてモッツアレラチーズ食べ放題「グッドスプーン」横浜に3月19日オープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)