「T-SITEニュース」サービス終了のお知らせ

【TSUTAYA・販売書籍ランキング】アニメ放送中の「ダンまち」最新刊が首位獲得、『ビリギャル』も躍進!

2015.4.21 (火) 20:10

シェア
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話<文庫特別版>』坪田信貴

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話<文庫特別版>』坪田信貴

先週(4月6日~12日)の1位は、伊坂幸太郎や万城目学を抑えての「2015年本屋大賞」を受賞した上橋菜穂子のファンタジー小説『鹿の王』が獲得した。ファンタジー文学の世界で輝きを放つ彼女は、多くの作品がアニメやコミックなどとメディアミックスされていることも特徴だ。

“漫画原作の実写映画”やライトノベル原作のゲームなど、多くの作品でメディアミックスが行われる昨今だが、今週(4月13日~19日)もメディアミックスで注目度を高めている2作品がランキングを賑わせている。

2015年本屋大賞『鹿の王』の著者、上橋菜穂子さんってどんな人?

アニメ化『ダンまち』の最新刊がいよいよ登場!

今週首位を獲得したのはファンタジー小説、大森藤ノによる『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』、通称「ダンまち」の7巻。

同作もやはりメディアミックスによって注目度を一気に高めた作品と言える。4月からTOKYO MXほかでアニメが放送中で、放送開始直後から原作の売り上げが急速に伸び、品切れになるなどその影響は計り知れない。すでに発売されていた1〜6巻は公式Twitterアカウントから緊急重版が発表されており、アニメ効果は絶大なようだ。

『ビリギャル』も映画化決定でじわり上昇

今週ランキングを4つあげて4位を獲得した『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』もメディアミックスで注目度をグンと高めた作品のひとつ。同作は名古屋の学習塾を舞台にした、塾長・坪田信貴によるノンフィクション作品で、60万部を売り上げた“奇跡の実話”と称される。ゴールデンウィークの5月1日には有村架純と伊藤淳史の主演で実写映画が公開予定。映画化が決まってからなお売り上げを伸ばし続ける同作は、この勢いままにランキングトップ3に浮上するだろうか。

(文:吉川泰平)

◆ 映画『ビリギャル』予告

TSUTAYA・ 販売書籍ランキング

2015年4月13日(月)~2015年4月19日(日)

今週 (先週)
1 (NEW)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(7)』大森藤ノ

2 (3)

『一番くじ銀魂~美味しいものは糖とマヨでできている~』

3 (NEW)

『一番くじ東京喰種~覚醒~』

4 (8)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話<文庫特別版>』坪田信貴

5 (1)

鹿の王(上)生き残った者』上橋菜穂子

6 (2)

夢幻 吉原裏同心 22』佐伯泰英

7 (41)

ようこそ、わが家へ』池井戸潤

8 (6)

火花』又吉直樹

9 (7)

虚像の道化師』東野圭吾

10 (5)

鹿の王(下)還って行く者』上橋菜穂子


関連記事

関連タグ

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結

  1. No.1 「ルーヴル美術館展」国立新美術館で5月30日から。《美しきナーニ》ほか約110点が集結
  2. No.2 東京駅の新土産「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」。行列必至の工房をレポート
  3. No.3 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  4. No.4 スタバのステンレスボトル、STANLEY&藤原ヒロシ主宰Fragment Designとコラボ。6月27日発売
  5. No.5 「TSUTAYA BOOK APARTMENT」新宿に12月6日グランドオープン。“本”のあるくつろぎ空間とワーキングスペース

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)