2012年本屋大賞1位のベストセラー待望の文庫化『舟を編む』

2015.5.20 (水) 10:00

シェア
『舟を編む』(文庫)三浦しをん/著 光文社 620円(税抜)

『舟を編む』(文庫)
三浦しをん/著 光文社 620円(税抜)

三浦しをんのベストセラー小説『舟を編む』が文庫版になった。

大手出版社の営業部員・馬締光也は、言葉のセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれる。だが、辞書編集部は変わり者だらけの日蔭部署で…。最初は戸惑う馬締だったが、やがて言葉の魅力に取りつかれ、誰よりも懸命に辞書編纂(へんさん)にのめりこんでいく。一方で、下宿先の娘・香具矢への恋心も芽生える。新しい辞書『大渡海』編纂と恋、果てしない旅に船出した馬締の未来は−−。

24万語という膨大な言葉を相手に、辞書編纂という地味な世界で熱く燃える男たちの情熱。これは大人の男たちの命懸けの青春物語であり冒険物語だ。読めば、彼らの情熱の灯が自分の胸にも飛び火していることに気づく。

文庫版特典として、書下ろし「馬締の恋文」が全文収録されている。また、単行本とは違ったイメージの表紙デザインにも注目したい。(文:松本理惠子)


関連記事

関連タグ

舟を編む

舟を編む

出版社の営業部員・馬締光也は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書『大渡海』の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作!

作品詳細・レビューを見る

この記事をシェアしよう。

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

You might Like

レコメンド

Read More

T-SITE LIFESTYLE TOPへ戻る

Access Ranking

ランキングをもっと見る

日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催

  1. No.1 日本最大級ビアガーデン「ヒビヤガーデン2018」日比谷公園で5月18日から開催
  2. No.2 漫画『スラムダンク』新装再編版が6月1日より刊行開始! 井上雄彦がカバーイラスト描き下ろし
  3. No.3 ミニチュアアーティスト田中智の個展、銀座で4月27日から。指先サイズの世界にときめく
  4. No.4 スタバ新作「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」5月30日から。インスタもスタート
  5. No.5 できたてモッツアレラチーズ食べ放題「グッドスプーン」横浜に3月19日オープン

ランキングをもっと見る

  • TSUTAYAマンガ通スタッフおすすめ

Event

イベントをもっと見る

イベントをもっと見る

Store

SNS/RSS

Facebook

Instagram

tsite_lifestyle
Instagram


T-SITE LIFESTYLE(RSS)